羽田空港(東京国際空港)は、グルメの宝庫。早めの時間帯の便をご利用予定なら、旅のスタートから充実させるべく、少し早起きして空港モーニングを楽しみませんか? 羽田空港の第1~3ターミナルごとに、保安検査前後、出国審査後に楽しめる全17軒の朝ごはんスポットと、お店おすすめのメニューをご紹介します。

※価格は税込み表記です。

INDEX

〈第1ターミナル〉

国内をメインとした離発着を担うのが第1ターミナルと第2ターミナル。前者は3~5階が飲食店のあるフロアになっていて、保安検査前のスポットは5軒、検査後は3軒をピックアップしました。

【保安検査前】落ち着いた空間で味わう贅沢なTKG「新大和」

画像1: 【保安検査前】落ち着いた空間で味わう贅沢なTKG「新大和」

広々とした空間からゲート内の庭園を望むこともできる、和食のレストランが「新大和(しんやまと)」。場所は2階、出発ロビー中央のマーケットプレイスにあります。

画像2: 【保安検査前】落ち着いた空間で味わう贅沢なTKG「新大和」

おすすめの朝食は、「蔵王地養卵の卵かけごはんとミニかけそばのセット」(1,180円)。甘みとコクが特徴の「蔵王地養卵」と、皇室献上米「多古米」を使用した贅沢なTKG(卵かけごはん)となっています。さらに、ミニかけそばとセットになっていて、寒い日でも身体の芯から温まるメニューです(そばはうどんに変更可)。

新大和

場所第1ターミナル 2階 出発ロビー マーケットプレイス 13
電話03-5757-8843
営業時間7:00~17:30(L.O.17:00)
※朝食メニューの提供は7:00~10:00
webhttps://www.airport-restaurant.com/restaurant-shop/shinyamato/

【保安検査前】行列ができる銀鮭御膳「Hitoshinaya」

画像1: 【保安検査前】行列ができる銀鮭御膳「Hitoshinaya」

厚生労働省主宰の「現代の名工」を受賞した和食の匠、長島博氏監修の“ひとしな”にこだわる専門店「Hitoshinaya(ひとしなや)」。1号店は第1ターミナル2階、2号店は第2ターミナル2階の国際線エリア(保安検査後)にあり、ここでは前者を紹介します。

画像2: 【保安検査前】行列ができる銀鮭御膳「Hitoshinaya」

同店は「あさごはん」「十割そば」「どんぶり」の3業態をひとつの軒下に集めた店舗で、なかでも早朝5:30から開いている「あさごはん」は行列ができるほどの人気。おすすめの「鮭膳」(1,700円)は、旨み豊かな銀鮭に自家製の玉子焼き、呉汁など日本の朝ごはんにこだわり抜いたメニューです。出汁にもこだわり、食前には温かい「飲むお出汁」を提供。オープンキッチンで明るく解放感のある空間は、出発前の活力チャージにもぴったりです。

Hitoshinaya

場所第1ターミナル 2階 出発ロビー(北)22
電話03‑5757‑8853
営業時間〈あさごはん〉5:30~15:00(L.O.14:30)
〈十割そば〉11:00~18:00(L.O.17:30)
〈どんぶり〉11:00~14:30(L.O.14:00)
webhttps://www.airport-restaurant.com/restaurant-shop/hitoshinaya/

【保安検査前】名店のトーストを季節替わりのスープとともに「caffe LAT.25°羽田空港第一ターミナル店」

画像: 【保安検査前】名店のトーストを季節替わりのスープとともに「caffe LAT.25°羽田空港第一ターミナル店」

前記「三本珈琲店」による、伝統や流行とは異なる価値観からおいしさの本質を追求した一杯を供するカフェブランド。店舗は2階の出発ロビーにあります。店名の「LAT25°(ラット ニジュウゴド)」は、世界中で愛されるコーヒーを育む、緯度25°=コーヒーベルトから。腕利きシェフのハイクオリティな料理とコーヒーとの、おいしいペアリング体験がここにあります。

モーニングで人気のメニューは「スープセット」(880円)。季節替わりで2種類から選べる具だくさんな“食べるスープ”と、名店「メゾンカイザー」のパンを使ったトーストセットです。ホッと身も心も温まる軽食を、ゆとりにあふれるくつろぎの店内で。

caffe LAT.25°羽田空港第一ターミナル店

場所第1ターミナル 2階 出発ロビー(北)26
電話03-5757-8852
営業時間6:30~20:00(L.O.19:30)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00178.html

【保安検査前】新潟県産コシヒカリを直火焼き紅鮭で「一の井」

画像1: 【保安検査前】新潟県産コシヒカリを直火焼き紅鮭で「一の井」

3階のテラスレストランにある「乱切り蕎麦と天丼 一の井」は、打ちたて茹でたて自家製麺の平打ち乱切りそばと、ボリューム満点の天丼が名物。そばは豊かな風味とコシのある食感も特徴で、天丼は自家精米のご飯と濃厚ダレがおいしさを格上げします。

画像2: 【保安検査前】新潟県産コシヒカリを直火焼き紅鮭で「一の井」

おすすめは、「紅鮭定食」(1,300円)。米どころ、新潟県産コシヒカリを使った炊きたてのツヤツヤご飯と、脂がのってふっくらとした紅鮭のセットが、至福のひとときを約束します。和風モダンテイストの店内空間と相まった、日本らしい和やかな朝食を楽しみましょう。

乱切り蕎麦と天丼 一の井

場所第1ターミナル 3階(北)テラスレストラン北 23
電話03-5757-9505
営業時間6:00~21:00(L.O.20:30)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00393.html

【保安検査前】食材のよさを生かした贅沢なトーストセット「Ristorante 三本珈琲店」

画像1: 【保安検査前】食材のよさを生かした贅沢なトーストセット「Ristorante 三本珈琲店」

横浜で1957年に創業した老舗ロースタリー「三本珈琲店」が手がける、本格リストランテ。3階のテラスレストランに居を構え、“てまひま”をコンセプトに、ホテル出身のシェフやパティシエが手間と時間を惜しまずに作り上げる料理と、温かみのある心地よい空間が特徴です。

画像2: 【保安検査前】食材のよさを生かした贅沢なトーストセット「Ristorante 三本珈琲店」

朝のおすすめは、「リストランテ三本珈琲店のモーニング」(990円、ドリンクは別料金)。メインで提供するのは、フランス式の正統派ブーランジェリー「メゾンカイザー」のさっくりもちもちとした特製厚切りトーストに、北海道産の発酵バターを合わせた一皿です。付け合わせは、手づくりのキャロットラペを添えたサラダに、フランボワーズソースをのせたプレーンヨーグルト。シンプルだからこそ、厳選された食材とシェフの技が冴える、ワンランク上のセットです。

Ristorante 三本珈琲店

場所第1ターミナル 3階(南)テラスレストラン南 4
電話03-5757-8856
営業時間6:30~20:00(L.O.19:30)
※朝食メニューの提供は6:30〜11:00
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00528.html

【保安検査後】天然エビ天ぷらと二八そばが好評な「あずみ野」

画像1: 【保安検査後】天然エビ天ぷらと二八そばが好評な「あずみ野」

ここからは、第1ターミナルの保安検査後の店舗をご紹介します。まずは、2階の出発ゲートラウンジにある「石臼挽き蕎麦 あずみ野」。自慢は、いずれも国産のそば粉と小麦を石臼挽き製法で仕上げた、豊かな風味が特徴の二八そばです。

画像2: 【保安検査後】天然エビ天ぷらと二八そばが好評な「あずみ野」

おすすめの一皿は「天もりそば」(1,200円)。天然エビを使用した天ぷらが好評で、時間に限りがある搭乗直前でも、サッと素早く食べられることで人気を博しています。

石臼挽き蕎麦 あずみ野

場所第1ターミナル 2階 出発ゲートラウンジ(北)13
電話03-5757-8841
営業時間6:30~15:00(L.O.14:45)
webhttps://airport-restaurant.com/restaurant-shop/ishiusuhikisoba-azumino/

【保安検査後】新鮮な旬のお寿司を立ち食いでスピーディーに。「又こい家」

画像1: 【保安検査後】新鮮な旬のお寿司を立ち食いでスピーディーに。「又こい家」

築地の場外市場に総本店がある立ち食い寿司店。寿司ダネはもちろん、毎朝豊洲市場から仕入れる旬で新鮮な魚介のみ。特に、同店自慢の流氷ミナミマグロは必食です。

画像2: 【保安検査後】新鮮な旬のお寿司を立ち食いでスピーディーに。「又こい家」

朝のおすすめは、「旬の5貫セット」(1,980円)。1日限定50食のメニューとなり、その日の仕入れた旬の魚を食べられます。店舗があるのは、2階の出発ゲートラウンジ内。立ち食いのため、時間がないときでもスピーディーにお寿司を楽しめます。

又こい家 羽田第一ターミナル店

場所第1ターミナル 2階 出発ゲートラウンジ(北)118
電話03-3747-0133
営業時間6:30~20:00(L.O.19:50)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00030.html

【保安検査後】技ありパンで作るクロックムッシュとホットドッグ「三本珈琲店 羽田空港第一ターミナル北ウイング店」

画像: 【保安検査後】技ありパンで作るクロックムッシュとホットドッグ「三本珈琲店 羽田空港第一ターミナル北ウイング店」

フライト前に軽めの朝ごはんを楽しみたいならこちら。“コーヒーを愛するすべての人のため、本当のおいしさを追求し続けていく”をコンセプトに、自社工場焙煎のコーヒーをはじめとする高品質なドリンクと料理を提供しています。

おすすめするのは「ホットドッグ」(495円)と「メゾンカイザー」製のパンを使用した「クロックムッシュ」(528円)。前者は食べ応えのあるソーセージを使用し、お好みでオニオンとピクルスを添えられる一品。そして後者は、ハム、ホワイトソース、チーズを使って焼き上げた、王道のホットサンドです。ともに見た目はシンプルですが、素材とそのバランスの良さは絶品です。

出発ゲートラウンジにあり、フライト直前までゆっくり利用できるのも特徴です。

三本珈琲店 羽田空港第一ターミナル北ウイング店

場所第1ターミナル 2階 出発ゲートラウンジ(北)136
電話03-5757-8862
営業時間6:30~20:00(L.O.19:30)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00522.html

〈第2ターミナル〉

羽田空港の第2ターミナルは、3~5階が飲食店のあるフロア。5階には展望デッキがあることも特徴です。保安検査前のスポットからは2軒、検査後は1軒をピックアップしました。

【保安検査前】こだわり卵の濃厚クロックマダムが絶品の「アビオン」

画像1: 【保安検査前】こだわり卵の濃厚クロックマダムが絶品の「アビオン」

2階の出発ロビーにある「カフェ&ビアレストラン アビオン」は、軽食やドリンクメニューも用意しているため、出発前の時間調整にも重宝します。モーニングメニューは、カレー、クロックマダム、トーストセット、フレンチトーストの4種。

画像2: 【保安検査前】こだわり卵の濃厚クロックマダムが絶品の「アビオン」

おすすめは「グリルベーコンと奥久慈卵のクロックマダム(サラダ、ドリンク付き)」(1,300円)。高原の澄んだ空気とミネラル豊富な天然水で育った奥久慈卵は、栄養が豊富で黄身のコク深さが特徴です。さらにグリルベーコンの旨み、チーズやベシャメルの濃厚なソースも加わって至福のおいしさ。トーストは厚切りで、朝からしっかり食べたい人にもいちおしです。

カフェ&ビアレストラン アビオン

場所第2ターミナル 2階 出発ロビー(北)5
電話03-6428-8551
営業時間7:00~15:00(L.O.14:30)
※朝食メニューの提供は7:00~10:00
webhttps://www.airport-restaurant.com/restaurant-shop/cafebeerrestauranrt-avion/

【保安検査前】打ち立て自家製麺と引き立て出汁で味わううどん「般若林」

画像: 【保安検査前】打ち立て自家製麺と引き立て出汁で味わううどん「般若林」

第2ターミナルで和食をお探しなら、3階のテラスレストランにある「讃岐うどん般若林(はんにゃりん)」へ。同店の自慢は、有機小麦粉に日本各地から旬の時季を吟味した粉を厳選してブレンドし、毎日捏ねる自家製麺。北海道産の天然真昆布や利尻昆布、国内の鰹節や煮干しを季節に応じて調合した無添加の出汁も特徴です。

朝のおすすめは2品。ひとつは吉野本葛100%使用の口どけなめらかなあんに、黄身の濃厚な卵が絡む「極あんかけうどん」(980円)。寒い日でも体を芯から温めてくれます。もうひとつは、創業百年超えの老舗が蔵の室(むろ)で2年熟成した古式醤油のコクと、鰹節の芳醇な風味が調和した「生醤油おろしうどん」(750円)。どちらも朝一番の新鮮な出汁が香り、晴れやかな気分になれることうけあいです。

讃岐うどん般若林

場所第2ターミナル 3階 テラスレストラン 23
電話03-5756-6163
営業時間7:00~19:00
※当日の仕込み分がなくなり次第閉店する場合がございます
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00203.html

【保安検査後】栄養素が好バランスなトーストセット「CAFE NORTH GATE 52」

画像1: 【保安検査後】栄養素が好バランスなトーストセット「CAFE NORTH GATE 52」

第2ターミナルの保安検査後に重宝する朝食のお店は、「CAFE NORTH GATE 52」。飛行機が間近に見える抜群のロケーションにあり、朝は定番のトーストモーニングやカレーモーニングが人気です。

画像2: 【保安検査後】栄養素が好バランスなトーストセット「CAFE NORTH GATE 52」

なかでもおすすめなのは、「ソーセージエッグトーストモーニング(ドリンク付き)」(980円)。さっくりふわっと香ばしく焼かれたトーストに、シャキシャキのレタスサラダ、そしてジューシーなマスタード添えのソーセージとゆで卵がセットに。栄養素をバランスよく手軽に取れる組み合わせで、一日の活力を養いましょう。

CAFE NORTH GATE 52

場所第2ターミナル 3階 国内線出発ゲートラウンジ(北)103
電話03-5757-6147
営業時間8:00~18:00(L.O.17:30)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00207.html

〈第3ターミナル〉

国際線の玄関口となり、和がモチーフの施設「江戸小路」などもある第3ターミナル。4、5階が飲食店のあるフロアとなっており、保安検査前のスポットでは「江戸小路」から3軒、検査後の出国後エリアからは2軒をセレクトしました。近年はインバウンドの増加に伴って進化が著しいのも特徴で、2023年の春には商業エリアの一部がリニューアル。本稿ではその新店舗も紹介します。

【保安検査前】行列店直伝の卵黄おにぎりが必食の「こんが」

画像1: 【保安検査前】行列店直伝の卵黄おにぎりが必食の「こんが」

「おにぎり こんが」は、東京・大塚の行列店「おにぎり ぼんご」直伝の技と具材で作られた、迫力あるサイズと口の中でほどけるようなふんわり食感が大人気。2023年4月、4階「江戸小路」内にオープンしました。

画像2: 【保安検査前】行列店直伝の卵黄おにぎりが必食の「こんが」

具材は手作りにこだわった20種以上から選べ、そのなかでもおすすめなのが「卵黄の醤油漬け」(454円)です。醤油にしっかりと浸かった卵黄はまろやかながらも濃厚で、ワンランク上の卵かけご飯を食べているような感覚に。そして、ぜひ試したいのが+140円でトッピングできる「肉そぼろ」。生姜が効いた甘じょっぱい味は、とろっとした卵黄と相性抜群です。

おにぎり こんが 羽田第3ターミナル店

場所第3ターミナル 4階 江戸小路 10
電話03-5579-7756
営業時間7:30~21:00(L.O.20:30)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00577.html

【保安検査前】煮干しが香る大人気店の鶏塩ラーメン「せたが屋」

画像1: 【保安検査前】煮干しが香る大人気店の鶏塩ラーメン「せたが屋」

多くの後進を輩出し、業界では「ミスターラーメン」として尊敬される前島司店主が2000年に創業し、いまも大人気を博す「らーめんせたが屋」の羽田空港店。2種類の煮干しを生かした、強さと荒々しさと旨みの共存したスープ、希少小麦「絹あかり」や「ゆきちから」をブレンドした国産小麦100%の自家製麺などがおいしさの骨格を生み出します。

画像2: 【保安検査前】煮干しが香る大人気店の鶏塩ラーメン「せたが屋」

そんな同店が朝におすすめする一杯は、「鶏塩らーめん」(1,150円)。鶏ガラを使ったやさしいスープと、啜り心地と喉越しの良いストレート麺は消化がよく、胃もたれもせずにさっぱりと食べられます。

せたが屋 羽田国際空港店

場所第3ターミナル 4階 江戸小路 21
電話03-5708-0899
営業時間5:00〜24:00
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00056.html

【保安検査前】“3立て”の讃岐うどんをお好みの食べ方で「つるとんたん」

画像: 【保安検査前】“3立て”の讃岐うどんをお好みの食べ方で「つるとんたん」

国内外の主要都市でも展開される、人気ブランドの羽田空港店。伝統的な讃岐うどんの技法に倣った“打ち立て、切り立て、湯がき立て”が信条です。メニューが豊富なことも特徴ですが、朝に味わうなら次の3品から選ぶのがおすすめ。

1品目は「秘伝 カレーのおうどん」(1,180円)。創業から変わらないカレールーによるコク深いつゆがうどんとマッチし、朝から元気になりたいときにもどうぞ。

2品目は「明太餡かけ玉子とじのおうどん」(1,680円)。明太子の風味とあんかけのシルキーなタッチが楽しめる、「つるとんたん」を代表する人気メニュー。

そして3品目は「半熟玉子と出汁醤油 釜玉のおうどん」(1,180円)。つるもちの麺に、滋味深い出汁醤油とやさしい半熟卵が合わさった至福のおいしさです。

麺匠の心つくし つるとんたん 羽田空港店

場所第3ターミナル 4階 江戸小路 12
電話03-6428-0326
営業時間8:00~22:30(L.O.22:00)
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00087.html

【出国審査後】はんなりした京風出汁の角煮うどんに舌鼓。「夢吟坊」

第3ターミナルの保安検査後におすすめな一軒が、3階の出国後エリアにある「夢吟坊(むぎんぼう)」。1992年に東京・世田谷で創業し、いまや数店舗展開する京の風情と京都の味を追求する人気店です。

画像: 【出国審査後】はんなりした京風出汁の角煮うどんに舌鼓。「夢吟坊」

こちらのおすすめは「京角煮うどん」(1,580円)。京風のあっさりした出汁のつゆと、ツルもちでほど良くコシのあるうどん、そこにじっくりと炊いた大きめの角煮が乗った一杯です。搭乗前や旅の帰りに、温かいうどんでまったりしませんか。

京うどん 夢吟坊 羽田国際線ターミナル店

場所第3ターミナル 3階 出国後エリア 108
電話03-6428-0025
営業時間5:00〜翌2:00
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00086.html

【出国審査後】具だくさんでも手軽に楽しめるホットサンド「Caffé 146」

画像1: 【出国審査後】具だくさんでも手軽に楽しめるホットサンド「Caffé 146」

ラストは出国審査後に一息つきたいときに最適な、3階の出国後エリアにある「Caffé 146」。1957年創業の名門ロースタリー「三本珈琲店」が焙煎した香り高いコーヒーやサンドイッチをはじめ、手間ひまかけたメニューが楽しめるカフェです。

画像2: 【出国審査後】具だくさんでも手軽に楽しめるホットサンド「Caffé 146」

モーニングのいちおしは、「ホットサンドイッチ ベーコンエッグ」(880円)。卵、ベーコン、レタス、チーズを、もっちりとした食感のフォカッチャでサンドし焼き上げた、アツアツのホットサンドです。ボリュームがしっかりありながら、ワンハンドで手軽に食べられる絶妙なサイズ感も魅力。テイクアウトもできるので、急ぎの朝はぜひ同店へ。

Caffé 146

場所第3ターミナル 3階 出国後エリア 103
電話03-3747-1311
営業時間7:30~翌2:00
webhttps://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00044.html

羽田空港で絶品モーニングを!

国内外からさまざまな人が訪れる羽田空港。なかには日本や東京の美食を求めて訪日する観光客もいます。そんなグルマンを食で最初に迎える場所とあり、空港グルメのおいしさは折り紙つき。もし午前中から空港を利用することがあれば、空港モーニングでお腹を満たしてはいかがでしょうか?

関連記事

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

This article is a sponsored article by
''.