via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
気がついたら、夏も本番!「今年こそは夏らしいことをしたい」と考えている方も多いでしょう。
そこで、今年の夏を存分に満喫すべく「夏休みに行きたいところリスト」を作成しました。
ビーチやプール、フェス、グルメなど、今から計画しても間に合う夏ならではの楽しみが盛りだくさん。このリストを参考に、定番だけどひと味違う夏旅を楽しみましょう。

夏といえば海!ビーチごとに異なる楽しみ方を

【新潟】飛行機を眺めながら海水浴。「山の下船江町浜海水浴場」

画像: 【新潟】飛行機を眺めながら海水浴。「山の下船江町浜海水浴場」

全国にある海水浴場の中でも特徴的なロケーションなのが、新潟県新潟市にある「山の下船江町浜」。この浜の特徴は、新潟空港と新潟西港の間に位置していること。海水浴をしながら、船や飛行機の発着を見られる珍しいスポットです。

特に晴れた夏の夕暮れ時、真っ赤な太陽を背景に飛行機が飛び立つ景色は圧巻の美しさ。ぼんやりと浜に寝そべってその往来を見送れば、空の大きさに包まれるような、心地よい開放感に浸ることができるでしょう。

海の周囲は、消波ブロックに囲まれているので、波の揺らぎも穏やか。浜辺でゆったりと過ごしたい人も、浮き輪で遊びたいファミリーも、思い思いの時間を過ごせます。

画像: 波の出るプール(過去開館時の様子)

波の出るプール(過去開館時の様子)

また、夏季限定で海水浴場の南側には山の下海浜公園プールもオープンしています。大人気の波の出るプールのほか、25mプール、幼児プールなどがあり、こちらからも飛行機の離着陸を見ることができます。

新潟空港からそのまま直行して、海水浴やプールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

山の下船江町浜海水浴場

住所新潟県新潟市東区船江町1丁目
電話025-250-2170(新潟市東区役所地域課産業文化振興室)
webhttps://niigata-kankou.or.jp/spot/5632

山の下海浜公園プール

住所新潟県新潟市東区船江町1丁目52番1号
電話025-250-2610(新潟市東区役所建設課)
webhttps://www.city.niigata.lg.jp/smph/higashi/shisetsu/yoka/leisure/yamanoshita-pool.html

関連記事

【鹿児島】ヨロンブルーの輝く楽園「与論島」でビーチホッピング

画像: 【鹿児島】ヨロンブルーの輝く楽園「与論島」でビーチホッピング

海好きなら一度は訪れたい離島・与論島。鹿児島県最南端の海に位置するこの小さな島は、サンゴ礁が隆起してできており、「ヨロンブルー」と呼ばれる透明度の高い海と白い砂浜が、訪れる多くの人を魅了しています。

与論島での楽しみといえば、大小あわせて数十もあるといわれるビーチを巡ること。どのビーチでも美しく澄んだ光景が広がります。島は自転車でも回れるほどの大きさなので、ぜひ自分だけの絶景を探しに、ビーチホッピングをしてみてはいかがでしょうか。

画像: 百合ヶ浜

百合ヶ浜

ガイドブックやSNSでも話題の「百合ヶ浜」は、春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけに姿を現す幻の浜。辺り一面にエメラルドグリーンに輝く海の色と白浜が広がっており、まさに地球の楽園です。

他にも、マリンサービスが充実している島最大のビーチ・大金久海岸、市街地にある夕日のきれいな茶花海岸、波が穏やかでシュノーケルに適したウドノスビーチ、「龍の住む浜」ともいわれるパワースポットの寺崎海岸など、時間を忘れて遊んでしまいそうなビーチばかり。時間、天気など、訪れたその瞬間ごとの美しさに魅せられ、忘れられない島時間を刻むことができるでしょう。

鹿児島県ながら琉球文化圏にあるため、昔ながらの方言や食、音楽などもユニーク。ひと度訪れると、与論島の奥深さにハマってしまうこと間違いなし。

与論島

住所鹿児島県大島郡与論町茶花33(一般社団法人 ヨロン島観光協会)
電話0997-97-5151
webhttps://www.yorontou.info/

関連記事

各地のお土産情報はこちら

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.