世界一美しいといわれる南種子町の「種子島宇宙センター」で最先端科学を見学し、種子島鉄砲伝来など日本史に残る歴史も学ぶ、よくばりしま旅・2泊3日の種子島の旅へどうぞ。

10:00 千座の岩屋

奇岩の広がる浜田海浜一帯にある「千座の岩屋」は、種子島唯一の海蝕洞窟で、中には千人が座れるともいい伝えられています。
洞窟に入れるのは干潮時のみで、自然が作り上げた岩のオブジェの美しさは、幻想的な雰囲気も漂わせています。
沖合にちらばる岩礁もすばらしい景観を誇っています。(所要時間約40分)

千座の岩屋
住所熊毛郡南種子町平山広田
アクセス種子島空港から車で35分、西之表港から車で60分

車で約15分

11:00 種子島マングローブパーク

日本の北限とされている種子島のマングローブ自生地は、貴重な動植物の宝庫。マングローブの中をカヤックに乗って探訪することもできます。(所要時間約60分)

種子島マングローブパーク
住所熊毛郡南種子町平山
Telカヤック体験:TNAツアーズ 0997-26-1595
アクセス西之表港から車で60分、種子島空港から車で40分

車で約40~50分

13:00 酒蔵見学(南種子もしくは中種子)

島の焼酎酒めぐりで、島ならではの芋焼酎が堪能できます。上妻酒造(南種子町)、四元酒造(中種子町)、種子島酒造(西之表市)、高崎酒造(西之表市)と島内に4か所あります。(所要時間約50分)

酒蔵見学(南種子もしくは中種子)
アクセス西之表港から車で60分、種子島空港から車で40分

立ち寄りスポット

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.