引き続きゴーゴートリップでは街歩きを中心に、各地の街の風景をお伝えしていきます。今回は歴史的佇まいと異国情緒漂う函館。見どころ多い街を市電でまわります。
画像: レンタカーを使わない!函館フォトジェニックスポット旅(前編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

山手の教会群を散策!このエリアでは異国文化を存分に取り入れてきた歴史の一端を見ることができます。可愛いパフェにも出会いました。

坂道が多い街、函館。

函館の山手エリアへ行くには、まず坂を上ることから。坂の中では高いところから一気に港まで見下ろせる、八幡坂が最も有名です。案内看板もあちこちに出ているので、方向だけ掴んでおけば後は行き当たりばったりだったとしてもたくさんのスポットに出会うことができますよ。
観光客を迎えるように、きれいに整備されている家々の花や、フォトジェニックスポットも数多くあります。

函館に根付いた宗教の種。各宗派の建築様式に見惚れます。

山手には3つの教会があります。ゴシック様式の高い屋根を持つ「カトリック元町教会」、聖路加国際大学や立教大学などの母体である日本聖公会所属の「函館聖ヨハネ教会」、日本初のロシア正教会の教会「函館ハリストス正教会」です。

街の喧騒を離れ、厳かな雰囲気に包まれる教会群。石畳の道も雰囲気があり、ぜひ時間をかけて周りたい場所です。普段あまり教会に入らないという人でも、旅先では興味が湧くという方もいらっしゃるかもしれませんね。
ひんやりとした聖堂で気持ちを落ち着けて旅の安全をお祈りしつつ、荘厳な空間に浸るのもまた旅の中の良い時間です。

カフェでひと休み。カラフル白玉の「菊泉」。

教会を見た後は古民家カフェへ入店。大正時代に建てられた酒問屋の別宅を改装した和カフェです。

実は、このお店が最近テレビアニメ『ラブライブ!』に登場したということで、アニメファン(ラブライバー)の聖地となっていることを現地で初めて知りました…。私が訪問した数日後に函館でラブライブ!のライブが開催されることとなっていたようで、この日は私以外全員ラブライバーという不思議体験。

囲炉裏の座敷や窓際のテーブル席、ソファ席など使い方も色々。パフェのお味はというと、作りたてもちもち白玉とコクのある黒ゴマアイス、フルーツもたっぷりで大満足でした!

後編はこちら

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.