引き続きゴーゴートリップでは街歩きを中心に、各地の街の風景をお伝えしていきます。今回は歴史的佇まいと異国情緒漂う函館。見どころ多い街を市電でまわります。
画像: レンタカーを使わない!函館フォトジェニックスポット旅(前編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

他にもまだまだ市電を使って函館さんぽ。「函館どつく前」「大町」「末広町をめぐり、古い洋館カフェに立ち寄ります。

市電の終点函館どつく前からスタート。

ベイエリアと比べるととても静かな港町でした。
雨がひどくなってきて、沢山歩けませんでしたけれど、その中で見つけたピンク色の銭湯がとても可愛らしかった「大正湯」。銭湯になじみがない私はまるで映画やドラマで見るような気持ちでした。観光に来て銭湯に入って帰るというのも楽しいかもしれません!

洋館の階段上にあるアンティークアクセサリーショップ「cloud9」

弁天町エリアへとやってきました。古い建物をリノベーションし、カフェや店舗になっている佐藤商會の2階。アンティークなアクセサリーを扱う「Cloud9」。真っ白な空間に温かみのあるカラーのアクセサリーやセレクトされた雑貨が並ぶ、居心地の良いお店です。

豪商が残した価値ある建築、カフェ&フレンチレストラン「TACHIKAWA CAFÉ」

大町にある「太刀川家住宅店舗」。こちらは現在、カフェ&レストランとして営業中。米穀商として商いをしていた店舗兼住宅で、外観からもその圧倒的存在感を漂わせます。
お料理も評判!とのことでしたが今回はカフェ利用のみ。

カフェ側から見た壁には素晴らしい一本木の梁や一枚板の間仕切りがあり、使い込まれた質感と自然な木目の風格を感じられます。
少し興味を示したら奥の部屋まで見せていただくことができ、そこには装飾が美しい手すりを持つ箱階段が待っていました。

古いものを甦らせ、さらなる魅力を加えた「TACHIKAWA CAFÉ」。わざわざ足を運びたい場所です。

後編はこちら

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.