引き続きゴーゴートリップでは街歩きを中心に、各地の街の風景をお伝えしていきます。今回は歴史的佇まいと異国情緒漂う函館。見どころ多い街を市電でまわります。
画像: レンタカーを使わない!函館フォトジェニックスポット旅(前編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

「はこだてスペシャルチケット」を使っておトクに市内をまわる

函館を市電で旅したい。
レトロな街並みを走る市電に乗って、ぎゅっと凝縮された魅力ある函館をまわります。
函館は山と海が近くその間を何本もの坂がつないでおり、洋館や歴史的な建物を街のあちこちで見ることができます。
建物が低く空が広い!港ののんびりとした風景と函館山、少し行くと五稜郭。シンボリックなものが多い街だと感じました。

まずは函館空港に到着したらすぐに「はこだてスペシャルチケット2018」を購入!これには市電一日乗り放題(バス乗り放題でも可)と15枚のチケットがついています。
このスペシャルチケット、今購入した分は2019年の3月末までに使い切ればいいので全部使わなくてもいいのですが、現金との併用ができないためぴったり使い切るのはさながらパズルを組み合わせていくようなワクワク感。どこでどう使うと一番おトクで、最初から使いすぎないために節約しながら使って、行く先もあれこれ頭をひねりながら……。そして最終的にどれくらいおトクになるのか……!
お子さまの自由研究にも使えるかも?な楽しいチケットです♪

古い蔵や倉庫を巡りながら歴史を感じる海沿い散策

函館一番人気のスポットといえば海沿いの倉庫が並ぶエリアとその周辺。
どこか横浜を感じさせるようなおしゃれなスポット。大きな船と穏やかな湾。昔の繁栄を感じさせる大きな蔵や古い家々はセンス良くリノベーションされて、資料館やお土産屋さんになっています。
フォトジェニックなスポットもあって、この雰囲気に浸るだけでも港町・函館を満喫できます!

朝の静かな函館港でハセガワストアの朝ごはん

ベイエリアはレンガ倉庫が並んでとても雰囲気がある場所なのですが、とにかく昼間は人が多く、駐車したタクシーなどでわちゃわちゃした景色になっているのも事実。
そんな時は“早起き”。
朝の港はとても静かで昼とは全く違う顔。カモメが飛び交い小船が出航していく。朝の仕事の人以外は誰もいない金森(かねもり)倉庫。
山の上からは教会の鐘が聞こえてきて、昼間のにぎやかな雰囲気とはまた違った函館を見つけることができました。
近くにはずっと憧れを抱いていた函館ご当地グルメのハセガワストアもあり、地元民にも観光客にも大人気の「焼き鳥弁当」を朝ごはんに。

後編はこちら

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.