海と山に囲まれた自然豊かな高知県には、美味しいグルメや絶景だけでなく、歴史や文化を感じるスポットが数多く存在しています。その魅力を表現するには、実際に旅に出た感想をお伝えするのが一番。この記事では、旅のプロRemiさんによる高知の女子旅を、体験レポート形式でお届けします。
画像1: 今だからこそ心に残る思い出に。2泊3日の高知オトナ女子旅

Remi

「LOVETABI」代表・プロデューサー。東京外国語大学英語学科卒。在学中にTV番組「あいのり」に出演後、アフリカ縦断など世界中をバックパックで旅し、著書『LOVE旅』を出版。卒業後、総合商社での海外営業を経て、女子旅メディア「LOVETABI」を立ち上げる。現在は2児の母として、子連れ旅・お出かけ情報メディア「LOVETABI Mama」も運営。

これから旅をするなら、雑誌やwebで見て知ったつもりになっていることに実際にふれて、リアルな実感を深めたいと思っていました。高知への旅と聞いて真っ先に思い浮かんだのは、新鮮な海鮮や日本酒に舌鼓を打ち、坂本龍馬のルーツを探り、綺麗な海と自然のパワーを感じる絶景に出会う欲張りな旅。

そんなイメージの旅に実際に出てみたら、どんな感動や発見が待っているのか。ワクワクしながら楽しんだ、2泊3日の旅をご紹介します。

<1日目>
坂本龍馬ゆかりの地とご当地グルメをめぐる(高知市、土佐市)

<2日目>
フォトジェニックがキーワード!写真映えスポットを巡る旅(香南市・南国市)

<3日目>
心も体もリフレッシュ。仁淀川の絶景とこだわりグルメに感動する旅

3日目 心も体もリフレッシュ。仁淀川の絶景とこだわりグルメに感動する旅

最終日は、近年話題の「仁淀ブルー」の絶景を見つけに行きます! ノスタルジックな沈下橋を歩き、話題のツリーハウスカフェで家族の温もりに触れ、壮大な仁淀川を絶景散歩。道中にはスイーツ巡りをして、心も体も満たされる大満足のコースです。

高知の観光地を知り尽くした「おもてなしタクシー」で出発!

画像1: 高知の観光地を知り尽くした「おもてなしタクシー」で出発!

2泊3日の旅もいよいよ最終日。この日は高速道路を使って遠出するため、思い切ってタクシーをチャーター!

高知県観光コンベンション協会認定の、優れた接客マナーと高知の観光ガイドとしての技術を習得したドライバーが案内する「おもてなしタクシー」は、街中でも利用できるほか、時間定額制の観光プランも選ぶことができます。

画像2: 高知の観光地を知り尽くした「おもてなしタクシー」で出発!

申込をする際に行きたいスポットと行程を伝えておけば、スムーズに目的地を周遊することができて便利!

予約した土佐ハイヤーのチャーター料金は、1時間5,600円(税込・高速料金別途)。今回のようにタクシーが拾いにくい場所を巡る時には本当に便利。降車して観光している間は、各スポットで待機してもらえます。観光情報が聞けて移動中も楽しめるのはもちろん、メーターを気にしなくていいのも嬉しい! さっそく出発です。

おもてなしタクシー

土佐ハイヤー

電話0120-171313
webhttp://www.tosa-taxi.com/

仁淀川周辺に行くならノスタルジックな沈下橋は一見の価値あり!

画像: 仁淀川周辺に行くならノスタルジックな沈下橋は一見の価値あり!

沈下橋とは、増水時に橋が水中に沈下することを想定して水の抵抗を少なくするために欄干が無い橋のこと。目的地に向かう道中にふと、ドライバーさんが案内してくれた沈下橋がとても風情があったので、歩いて渡ってみました。

車も通るので、欄干の無い橋を運転するのはちょっと緊張しそうですが、お散歩するのはとっても開放的で気持ちが良い! こちらは「名越屋(なごや)沈下橋」という橋ですが、仁淀川沿いでは、「浅尾(あそう)沈下橋」が特に有名です。

名越屋沈下橋

住所高知県高岡郡日高村名越屋
webhttps://niyodoblue.jp/spot/detail.php?id=155

小学2年生の店長と家族の温もり溢れるツリーハウスカフェ「perch」

画像1: 小学2年生の店長と家族の温もり溢れるツリーハウスカフェ「perch」

最初の目的地は、今高知で話題になっているツリーハウスカフェ「perch(パーチ)」。

話題になっている理由はいくつかありますが、まずは店長が小学2年生の女の子! そして店舗は、店長の祖父母の自宅敷地内の大木の間に、宙に浮くように建っているんです。

おじいちゃんが孫のために自ら土台となるツリーガーデンを作ったところ、家族や友人との憩いの場に。その後、大工さんの協力でハウス部分を完成させたんだそう。

ツリーハウスができる様子を写真で見たりお話を聞いたりしたことで、いっそう家族の温もりが感じられました。とても居心地の良い空間です。

手描きのポスターにも愛を感じます!(Remiスマホ撮影)

テラスに突き出た大木は全長15m、樹齢150~200年といわれるムクノキで、なんとツリーハウスにはムササビの巣もあるんだそう! 目の前の山並みとすぐ下を走る仁淀川を眺めることができる、抜群のロケーションです。

お店のメニューは、料理上手なおばあちゃんとお母さんの美味しい手料理。自家製の野菜や卵など素材にこだわったハンバーガーやオムライスは大人も子どもも楽しめる優しい味付けです。濃厚な卵が印象的! ペロッといただきました。

高知県産の柑橘やハーブで作られた完全無添加のクラフトコーラ「sawachina」にも注目。ハーブの香りと奥深い味わいが楽しめる、新感覚のコーラでした。

画像2: 小学2年生の店長と家族の温もり溢れるツリーハウスカフェ「perch」
画像3: 小学2年生の店長と家族の温もり溢れるツリーハウスカフェ「perch」

家族の温もり溢れるツリーハウスで手作りのお料理をいただく贅沢なランチは忘れられない思い出になりました。

画像4: 小学2年生の店長と家族の温もり溢れるツリーハウスカフェ「perch」

perch(パーチ)

住所高知県吾川郡いの町小川東津賀才433
電話090-7627-2978
営業日土日祝
webhttps://www.instagram.com/treecafe_perch/

仁淀川を眺めながら濃厚なソフトクリームを堪能!「高知アイス売店」

画像1: 仁淀川を眺めながら濃厚なソフトクリームを堪能!「高知アイス売店」

ツリーハウスでのランチの後は、仁淀川のリバービューを満喫できる絶景カフェ「高知アイス売店」へ。

そのロケーションの素晴らしさはもちろん、牛乳、生クリーム、卵はすべて高知県産というmade in 土佐にこだわったソフトクリームは、とにかく濃厚! 高知の地鶏土佐ジローの卵が贅沢に使われており、プリンのような濃厚な甘さがたまらない逸品でした。

画像2: 仁淀川を眺めながら濃厚なソフトクリームを堪能!「高知アイス売店」

そして今、高知のご当地アイスをお得に食べられる見逃せない情報があるんです。2021年3月までの期間限定で、「こうちアイスクーポン」(1,000円、3枚綴り)が販売中。

画像3: 仁淀川を眺めながら濃厚なソフトクリームを堪能!「高知アイス売店」

高知県内の対象施設で一押しのアイスと交換することができるこのクーポンは、高知駅前の「とさてらす」で販売されています。友達とシェアすることもできるので、気軽に使えそう!(詳しくは公式サイトをご確認ください)

そして2021年4月以降は、対象店舗を変えて販売予定だそう。ラインナップは、高知の食材を使った見た目も可愛いアイスクリームが食べられるお店ばかり。きっとお気に入りが見つかるはずです。(販売・利用期間:2021年4月1日~2022年3月31日)

対象施設は人気のカフェや道の駅なので、食べたいアイスを求めて旅をするのもいいかもしれませんね。

高知アイス売店

住所高知県吾川郡いの町柳瀬上分807-1
定休日第2・第4月曜(7・8月除く)・年末年始(月曜が祝日の場合は翌火曜)
webhttp://www.kochi-ice.com/shop.html

「奇跡の清流」仁淀川と巨岩の織りなす大自然の神秘を体感

ランチとスイーツを満喫した後は、この日のハイライト「中津渓谷」へ。ガイドの方に遊歩道に沿って案内していただきました。

画像1: 「奇跡の清流」仁淀川と巨岩の織りなす大自然の神秘を体感

鮮やかなブルーに輝く仁淀川に巨大な岩が点在する様子は圧巻です。

歩くこと20分ほどで、中津渓谷のシンボルとも言える「雨竜の滝」に到着! これまでの穏やかで美しい川とは一転、落差約20mの大迫力の滝を間近で見て、滝音や水しぶきを五感で感じることができます。

水が作り出した地形から自然の力を体感できる、パワースポットです。スッキリとした気分で、足取りも軽くなります。

画像2: 「奇跡の清流」仁淀川と巨岩の織りなす大自然の神秘を体感

中津渓谷のもう一つの楽しみ方、それは岩内に潜む、七福神巡り。

パッと目に入るものから、しっかり探さないと見つからないものまでさまざま。

さて、毘沙門天の像はどこでしょう?(Remiスマホ撮影)

私たちは、ガイドの方のおかげで無事すべて発見できました。神聖なパワースポットでの七福神巡りは、なんだかとってもご利益ありそうな気がします。

中津渓谷

住所高知県吾川郡仁淀川町名野川
webhttps://niyodoblue.jp/spot/detail.php?id=151

旅の締めくくりに。「fam icecream station」で高知のゆずや柑橘のジェラートを

画像1: 旅の締めくくりに。「fam icecream station」で高知のゆずや柑橘のジェラートを

しっかり体を動かしたので、旅の終わりは美味しいデザートで締めくくります。高知はゆずの名産地ということで、高知市街にある“手搾りゆず”のジェラートが人気のお店「fam icecream station」へ。

画像2: 旅の締めくくりに。「fam icecream station」で高知のゆずや柑橘のジェラートを

こちらは、四国の特産品を扱う「四国銘館 空と海」の中にある、地元素材を使ったジェラートのお店です。

高知産のゆずと愛媛産オレンジのジェラートは、どちらも香りが爽やかで清涼感がたまらない、さっぱりスイーツ。旅の後味を、軽やかなものにしてくれます。

画像3: 旅の締めくくりに。「fam icecream station」で高知のゆずや柑橘のジェラートを

もちろん、こちらでも「こうちアイスクーポン」を利用しました!

画像4: 旅の締めくくりに。「fam icecream station」で高知のゆずや柑橘のジェラートを

fam icecream station

住所高知県高知市杉井流6-25 空と海内
電話088-802-8208
webhttps://soratoumi-shop.com/fam.html

心もお腹も満たされ、盛りだくさんの2泊3日の高知オトナ女子旅が終了。知ったつもりになっていたことも、自分の目で見て体験することで、想像以上の感動がありました。

今回は高知市内のホテルを拠点に足を運ぶことができる範囲でのスポットを巡りましたが、高知にはまだまだ魅力的なスポットがたくさん! 四万十川でのアクティビティや、四国カルストでのドライブ、ゆずの里馬路村や四国最南端の景勝地・室戸岬など、挙げればきりがありません。次の高知旅は、「アクティブに遊ぶ」をテーマに計画してみようかな……と、もう次のことを考えてしまうほど、高知が好きになりました!

帰ってきた時に、また明日から頑張ろうと思えるのも、旅のいいところ。自由に旅に出られる日が、今から待ち遠しいですね。

もっとこうち」では、地元の “旅のプロ” が提案するディープで個性的な旅ツアーの予約を受け付けています。
今回 Remiさんが訪れたスポットも含まれた、おすすめのツアーをピックアップしましたので、ぜひ今後の旅の参考にしてください。

<もっと高知おすすめツアー>

オトナ女子旅
https://mottokochi.com/info/dtl.php?ID=129

わざわざ高知の学校で泊まろう!
https://mottokochi.com/info/dtl.php?ID=130

高知で遊んで学んで、ひと夏の思い出を作ろう in「奇跡の清流」仁淀川
https://mottokochi.com/info/dtl.php?ID=131

まんきつ!わくわくこうち旅
https://mottokochi.com/info/dtl.php?ID=140

黒潮の恵みと自然を体感する旅
https://mottokochi.com/info/dtl.php?ID=139

(参考)こうちアイスクーポン
https://www.mottokochi.com/icecoupon/

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.