例年6月中旬頃には梅雨明けを迎え、旅のベストシーズンに突入する沖縄。これからの時期に旅するなら、島々の大自然が描き出す圧倒的な大自然を感じたいもの。今回は、この時期だから楽しめる西表島の美しき名所をめぐる旅へ!

西表島1泊2日のモデルコース日程

4:30 早朝サガリバナカヌーツアー

2日目は、いよいよ旅のハイライト! いつもよりもちょっと早起きして「早朝サガリバナカヌーツアー」を体験しよう。サガリバナとは、沖縄の島々や奄美大島などのマングローブ林などに自生する植物で、夜に花開き、朝には落ちる一夜花のこと。西表島のサガリバナの開花時期は、例年、6月下旬~7月中旬頃で、まさにこの時期にしか見ることのできない夏の風物詩なのだ。
「早朝サガリバナカヌーツアー」では、空が白み始めた早朝にカヌーに乗り込み、西表島東部地区にある美しい川へ。その時期のベストスポットを知り尽くした熟練のインストラクターとともにマングローブ林の合間をゆっくりと進みながら、川に落ちたサガリバナの花を眺めることができるのだ。純白や淡いピンク色をしたたくさんのサガリバナが川面を漂う光景は、美しく、幻想的。大切な人と一緒に、一生モノの思い出になるような朝のカヤック旅を楽しんで。(所要時間約30分)

早朝サガリバナカヌーツアー(コーラルファンデーション)
住所沖縄県八重山諸島竹富町南風見508-37
電話0980-85-5170
時間4:30~8:00
開催期間6月下旬~7月中旬頃
料金7,000円(ツアー対象は13歳以上)
アクセス宿泊先への送迎あり※宿泊先への送迎は西表島東部・大原港側のみ。西表島西部・上原港側に宿泊の場合は前良川集合。詳細は要問い合わせ。

車で約6分

8:06 朝食と仲間川マングローブクルーズ

サガリバナカヌーツアーを楽しんだ後は、一旦宿に戻って朝食を。ほっとひと息ついたら、大原港から出船する「仲間川マングローブクルーズ」に出かけよう。日本最大級のマングローブ林が広がる仲間川は、西表島の自然のスケールの大きさを体験できる場所。遊覧船に揺られてマングローブの木々と川の流れが織りなす、ダイナミックな風景を楽しもう。満潮時にクルーズに参加すれば、巨大な板根が特徴のサキシマスオウノキを見学できるチャンスも!(所要時間約2時間24分)

仲間川マングローブクルーズ
住所沖縄県八重山郡竹富町大原
Tel0980-85-5304
営業時間受付8:00~17:30
休日なし
料金大人1,540円、小学生770円
アクセス西表島大原港よりすぐ

車で約30分

11:00 亜熱帯植物楽園 由布島

旅の締めくくりは「亜熱帯植物楽園 由布島」へ。島の東部に位置するこの島へは、西表島から水牛車に揺られること15分ほど。亜熱帯の植物に覆われた周囲2kmほどの小さな島を歩けば、ハイビスカスやブーゲンビリアなどの美しい花々が目を楽しませてくれる。島内にはおしゃれなカフェ、海を見晴らす展望スポットなども点在。ゆったりと流れる島時間のなか、美しい風景を楽しんで。(所要時間約2時間)

亜熱帯植物楽園 由布島
住所沖縄県八重山郡竹富町古見689
Tel0980-85-5470
営業時間9:00~17:00(レストランは11:30~17:00※L.O.16:00)
料金往復水牛車・入園料大人1,400円、小学生700円、小学生未満無料
アクセス西表島大原港より車で約20分
画像7: 西表島でしかできない夏旅へ!

吉原徹

イリオモテヤマネコで知られる通り、手つかずの自然が残る西表島には、この島でしか出合えない貴重な動物や植物がいっぱい!島の自然を知り尽くしたガイドやインストラクターと一緒にアウトドアアクティビティに参加するのが、この島の自然を思い切り楽しむためのコツです!

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.