日本でも屈指の利便性を誇る福岡空港。地下鉄が直結する空港から人気のエリア糸島をまわります。さらに足を延ばして佐賀県唐津市へ。静かな街に根付く祭り「唐津くんち」の曳山や、街歩きで出合ったグルメを楽しみます。

いよいよ糸島の二見ヶ浦ベイエリアスポットへ!まずは予約しておいたおしゃれなレストランでランチ。近くのお買い物スポットを見たら人気のスポット二見ヶ浦の夫婦岩を鑑賞。

ビーチリゾートレストランでおしゃれなランチ「パームビーチ」。

この日ランチをするため予約していたのは「パームビーチ」。福岡県西区の海岸沿いにあるレストランです。目の前の青い海を見ながら糸島産食材を使ったランチをリゾート感たっぷりのテラス席で楽しみました。お店は人気があるので予約が無難です。
この海岸線にはほかにもたくさんのレストランや遊びスポットがあり海水浴もできるので、とってもにぎわっていました!

ランチの後はお買い物タイム♪「パームビーチ ザ ガーデンズ」へ立ち寄り。

このお向かい、海側にある「パームビーチ ザ ガーデンズ」ではお買い物ができます。
ここでお邪魔したのは「HEY&HO」。長崎・波佐見焼「マルヒロ」の製品が棚一面に並びます。
波佐見焼は天草で採れる岩から作られる磁器で、常用品として古くから大量生産されてきました。大量生産と言っても食卓のアクセントになるデザイン性があるものや、手になじむ薄造りの商品など、日常の中に置くだけでワクワクするようなスタイリッシュさがあります。このお店でもカラフルな器を数多く取り扱っていて、どれにしようか迷ってしまいます。

海に浮かぶ神聖なスポット「桜井二見ヶ浦」と古社「桜井神社」。

玄界灘に浮かぶ二見ヶ浦。ここは車で約3分、自転車だと15分くらいの場所にある桜井神社の社地です。近年、この神社の名前と周辺にある「二宮神社」「潤神社」との語呂合わせによってアイドルグループ・嵐のファンが多数押しかけているということですが、由緒ある神社なのです。
桜井神社は寛永年間の徳川家光の時代に、筑前国の二代藩主黒田忠之によって創建されました。本殿は豪華絢爛、極彩色に彩られています。
海に建つ白い鳥居と2こぶの夫婦岩「桜井二見ヶ浦」。夏至のころ、この岩の間に沈む夕陽を見ることができます。
ここでパワーをもらって、また自転車で筑前前原駅まで自転車で戻ります。

後編はこちら

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.