首都圏、羽田空港から1時間ちょっとで到着する港町、三崎港。「マグロの町」として有名で、昭和初期には全国でも有数の生マグロの水揚げを誇りました。三崎マグロの定番は押さえつつ、人情あふれる商店街の人たちとのコミュニケーションやなつかしさ感じる町並み、富士山ビューの城ヶ島を巡る、三崎まるごとリラックス旅をお届けします。

画像1: 三崎の魅力はマグロだけに非ず。レトロな町並みの中に新しさが混在する神奈川・三崎1泊2日

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

画像2: 三崎の魅力はマグロだけに非ず。レトロな町並みの中に新しさが混在する神奈川・三崎1泊2日

9:30 レトロな町並み、三崎港を散策

三崎口駅から路線バスに乗り三崎港バス停で降りると、目の前には船、海。空が広くて清々しい、港の景色が広がりました。

三浦市三崎は、漁業で栄えた町。現在も港周辺には沢山のマグロ料理のお店が賑わいを見せ、当時の繁栄を感じさせる大きな家や蔵が立ち並びます。網の目のように広がる商店街は昔ながらの道幅とカーブで、初めて訪れる人は迷路のようにも感じるかもしれません。

現在では移住者や若者たちにより、古民家や蔵、かつての商店をリノベーションしたお洒落な店や宿が沢山あります。

「本と屯(たむろ)」はミネシンゴさんが開いたブック&カフェ。ここに置かれた5,000冊の本はミネさんの蔵書でどれでも自由に読め、飲み物片手にじっくりと本と向き合えます。ワークショップなども開催され、色々な形で人を呼び込む場所です。

「山田酒店」は今も酒屋として営業を続けながら、2階の住居だった部分を「酒宿 山田屋」として1組だけの宿へとリノベーションしました。
純和風の設えに囲まれて落ち着いた時間を過ごせる宿。黒々とした床柱や掛け軸がかかる床の間、組子細工の障子も残り伝統的な日本家屋の面影を感じさせます。一方で、水回りはしっかり改装されているので安心です。

「古道具ROJI」は明治期から昭和にかけて活躍した様々な道具を扱うアンティークショップ。店主である安原さんは三崎への移住や物件紹介などの相談にも乗ってくれ、三崎と人をつなぐ架け橋のような存在です。三崎の楽しい話が次々と飛び出し、あっという間に時間が経ってしまいました。

本と屯

住所神奈川県三浦市三崎3-3-6
営業時間10:00~18:00
休日月曜、第2・第4火曜定休
webhttps://twitter.com/hontotamuro

山田酒店(酒宿 山田屋)

住所神奈川県三浦市三崎4-8-10
webhttps://asobigasaki.com/yamadaya/

古道具ROJI

住所神奈川県三浦市三崎2-12-10
営業時間12:00~18:00
休日月曜~水曜定休
webhttps://www.facebook.com/hurudougunoroji

11:00 紀の代でマグロランチ

「三崎へ行ったら何はさておき“マグロ”を食べたい!」という人も多いのではないでしょうか。マグロランチを目当てに三崎を訪れるという人も多く、週末ともなると、マグロを取り扱ったお店には常に行列ができています。

ランチには創業150年の歴史を誇り現在5代目が腕を振るう、紀の代をチョイス。首都圏や横浜方面から日帰り三崎を楽しみたい時にお得に旅できる「京急みさきまぐろきっぷ」で食べられる、紀の代の「とろとろ丼」を選びました。

マグロは4軒のマグロ屋さんの中から、その日の良いものを吟味して仕入れているという紀の代。マグロ料理のお店が多い三崎だけに、提供する側も食べる側もレベルの高さを感じさせるこぼれ話でした。

元々は賄いとして食べていたという「とろとろ丼」。絶対に美味しいからと工夫を重ね商品化した丼は、マグロ4種盛りの豪華な丼。ユッケ風、ねぎとろ、ビンチョウマグロ、漬けが一度に食べられる、贅沢盛りです。色合いもとてもきれいで、写真映えも期待できますね。

追加で頼んだのは「マグロの唐揚げ」。味がしっかり染みたマグロをカリッとジューシーに揚げた唐揚げです。ゴロゴロと大きな唐揚げで、ボリュームもありました。色んなテーブルで頼まれる人気メニューです。

紀の代

住所神奈川県三浦市三崎1-9-12
営業時間平日 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~20:00(L.O.19:00)
土日祝11:00~20:00(L.O.19:00)
休日火曜定休

12:00 ミサキドーナツでテイクアウト

8年前にオープンし、今では三崎の名物店のひとつともなっているミサキドーナツ。商店街にある黄色い幌が目印の、時計店を改装したドーナツ専門店です。

神奈川県内に出店することもあるということで、三崎だけでなくどこかで偶然出会うこともあるかもしれません。この日はテイクアウトして、その後訪れる城ヶ島で海を見ながら食べました。朝早くから作るドーナツは、ふわふわな生地で作り立ての美味しさがあります。

ドーナツはふっくらと高さあり一見ボリューミーなドーナツのように感じますが、実はこれ、中にはクリームやベリー、ジャムなどが隠されており、ひと口、ふた口と食べ進めるとフレーバーが加わり変化する、ひとひねりある凝ったドーナツ。外はチョコがけやシュガーグレーズでお化粧もしてあり、可愛い見た目でも人気です。

1階はキッチンと売り場ですが行列が出来ることもしばしばで、カフェは主に2階のスペースが使われています。2階は良く見ると古い家の間取りで、透かしの欄間や床の間があるのが面白いです。お店を飾る猫のキャラクターもかわいくて、癒されるカフェタイムになりそうです。

ミサキドーナツ

住所神奈川県三浦市三崎3-3-4
営業時間平日11:00~17:00 土日祝10:00~18:00
休日水曜定休
webhttp://misakidonuts.com/

12:30 うらりマルシェでレンタサイクル、城ヶ島サイクリングで富士山ビューに酔いしれる

ドーナツを買い込み、さっそく三崎港から渡船で「城ヶ島」へ向かいます。
三浦半島の南にある三崎から、さらに海を渡った最南端に位置する「城ヶ島」。橋でつながっているので、車でも、また自転車や徒歩でも上陸できます。渡船でも5分ほどの、三崎港からは目と鼻の先にある小さな島です。

港の産直市場「うらりマルシェ」で電動レンタサイクルを借り、渡船に乗せて渡ります。渡船に自転車を積み込むのは、なんと無料。城ヶ島サイクリングが楽しめますよ。

城ヶ島では灯台や海辺の公園をまわりながら、気持ちのいい海風に吹かれました。
数分の船旅からの島めぐりはリフレッシュするのに最高で、自転車のペダルを踏みながら三崎・城ヶ島ののどかな風景を満喫。途中、テイクアウトしたドーナツで休憩、海の向こうにそびえる雄大な富士山を楽しみながらの島サイクリングでした。

島内の目的地がなくても島をぶらぶらとお散歩するだけでも楽しいです。とにかくどこから見ても海の絶景が楽しめ、都会とは違ったきれいな空気に心からリラックスできました。

うらりマルシェ(レンタサイクル、城ヶ島渡船のチケット購入場所)

住所神奈川県三浦市三崎5-3-1
営業時間月曜~土曜9:00~17:00、日曜7:00~17:00
webhttps://www.umigyo.co.jp/

16:30 「bed&breakfast ichi」にチェックイン

この日は、三崎港から徒歩数分の場所にあるB&Bに宿泊します。三崎へ移住されたご夫婦が営む、築80年を超えた古民家をリノベーションした宿泊施設です。

ゲストハウスといってもドミトリースタイルではなく、全て個室でプライベート空間が守られます。基本は1泊1食のbed&breakfast(B&B)ですが、予約しておけば夕食もできる他、自然体験ツアーなども主催していて三崎の楽しみ方を相談できる心強い宿です。

センスの良い内装は全て自分たちの手で改装したという、居心地重視のお部屋。古民家の窓枠や梁などは残しつつ、漆喰壁をきれいに塗り直したり水回りを変更したりと、ぬくもりと快適さが感じられます。チェックイン前、アウト後の荷物の預かりなどにも対応していただけて、効率よく三崎を楽しめました。

朝ごはんには、料理上手のご夫婦が腕をふるった料理と、三浦で人気のパン屋さん「充麦(みつむぎ)」のパン。食事のレベルが高いことでも評判の宿でその噂は耳にしていたのですが、期待以上の美味しさでした。

bed&breakfast ichi

住所神奈川県三浦市三崎1-15-4
webhttp://miurabase.com/ichi/

18:00 港町の町中華でおいしいシュウマイを「中華料理 牡丹」。

夕食にはマグロが有名な三崎であえてローカル色強めの名店中華をチョイスしました。
三崎の商店街にあるレトロな店構え。人懐こい三崎の人たちから、「夕食はどこへ行くの?」と聞かれ、牡丹です、と答えると誰もが「いいお店選んだね。」と言ってくれました。

地元に愛され80年。現在は3代目と4代目が、家族で営む中華料理屋です。
みんなが大好きな「酢豚」や「エビチリ」などのメニューが並びます。中でも昔から愛されているメニューは「シュウマイ」。数十個単位でテイクアウトしていく人もざらにいて、不動の人気を誇ります。長ネギがたっぷりと入った大きめシュウマイで、肉感もしっかりアツアツジューシーです。

この日は常に満席という状態でお客さん同士もみな知り合いという、三崎の親密なコミュニティの中で美味しい時間を過ごせました。港町のフレンドリーな会話を楽しみ、満腹になって夜風に吹かれながら、港町をお散歩しつつ宿へと戻りました。

中華料理 牡丹

住所神奈川県三浦市三崎3-4-10
営業時間11:00~22:00
休日木曜定休

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.