函館から飛行機で約30分!北海道の南西端に浮かぶ、四方を海に囲まれ、大自然に恵まれた、自然美あふれる島、奥尻。離島の魅力を肌で感じてみませんか?

奥尻島1泊2日のモデルコース日程

12:30 お食事処 潮騒

奥尻島の南部「青苗」の市街地にある食堂。奥尻島で獲れた海産物をふんだんに使用していることが魅力。夏季限定のウニ丼やイカ・エビ・野菜などが入ったボリュームたっぷりのあんかけ焼きそばがおすすめです。(所要時間約50分)

画像: 12:30 お食事処 潮騒
お食事処 潮騒
住所北海道奥尻郡奥尻町字青苗274番地21
Tel01397-3-2839
営業時間11:00~19:00
休日夏季:原則火曜日(臨時休業あり) 冬季:不定休
料金900円(あんかけ焼きそば)
アクセス奥尻空港から車で約10分

車で約5分

13:25 奥尻島津波館

島の最南端で北海道南西沖地震におり被害を受けた旧青苗地区5区を非住居地にし、公園として整備された徳洋記念公園内にある施設。1993年7月12日に発生した「北海道南西沖地震」の記録が展示や映像で見られます。そのほか、1998(平成10)年に建立された慰霊碑「時空翔」があります。(所要時間約90分)

奥尻島津波館
住所北海道奥尻郡奥尻町字青苗
Tel01397-3-1812
営業時間9:00~17:00
休日4月中旬~11月中旬を除く日(期間中は無休)
料金大人500円・小中高生170円(団体割引(10名以上)1割引)
アクセス奥尻空港から車で約5分

車で約20分

15:15 うにまる公園

奥尻・青苗間の赤石地区高台にある「うにまる公園」。奥尻特産のキタムラサキウニをイメージした「うにまるモニュメント」とともに、21世紀へのメッセージを収納した保管収納庫があります。また,うにまるの120本のトゲが夜にはライトアップします。(所要時間約10分)

うにまる公園
住所北海道奥尻郡奥尻町字赤石
Tel01397-2-2351(奥尻町役場商工観光係)01397-2-3456(奥尻島観光協会)
アクセス奥尻空港から車で約30分

車で約5分

15:30 鍋釣岩

奥尻島のシンボル的な岩。自然に形成されたもので、鍋の取っ手(つる)に似ているのが名前の由来。高さ19.5メートル。夜はライトアップされ暗い海に浮かび上がります。(所要時間約10分)

画像: 15:30 鍋釣岩
鍋釣岩
住所北海道奥尻郡奥尻町字奥尻
Tel01397-2-2351(奥尻町役場商工観光係)01397-2-3456(奥尻島観光協会)
アクセス奥尻空港から車で約30分

車で約15分

15:55 宮津弁天宮

もともと島の拠点となる「番所」があった場所で、江戸時代末の天保2(1831)年に島民が大漁祈願のため,お社を建てたのがはじまりです。 宮津弁天のお社は、海に突き出た岬の急斜面を登った頂上にあります。お社までの階段は164段、対岸には北海道本島(せたな町大成区)が見えます。天然の展望台で、直下には宮津の町並みと漁港が広がります。(所要時間約30分)

画像: 15:55 宮津弁天宮
宮津弁天宮
住所北海道奥尻郡奥尻町字宮津
Tel01397-2-2351(奥尻町役場商工観光係) 01397-2-3456(奥尻島観光協会)
アクセス奥尻空港から車で約40分

車で約40分

17:05 球島山展望台

島で3番目に高い山、球島山(たましまやま・きゅうじまやま)。頂上からは北海道本土を望む360度の大パノラマの絶景が広がります。夏にはアジサイが咲き、絶景に彩りを加えます。標高369.3mで自動車で気軽に立ち寄れる場所にあり、駐車場から頂上の展望台までは約90段の階段があります。(所要時間約20分)

画像: 17:05 球島山展望台
球島山展望台
住所北海道奥尻郡奥尻町字球浦
Tel01397-2-2351(奥尻町役場商工観光係) 01397-2-3456(奥尻島観光協会)
休日冬季通行止め(12~4月)
アクセス奥尻空港から車で約50分

宿にチェックイン

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.