秋田内陸線で行く 秋田・青森の食と文化を堪能!大満足の2日間
  • 国内

49

秋田内陸線で行く 秋田・青森の食と文化を堪能!大満足の2日間

2018.03.09

絶景のローカル鉄道と言われる秋田内陸線。里山と田園が織りなす日本の原風景や、山間部の渓谷美など、車窓から見える景色はまるで万華鏡のよう。秋田内陸線沿線には独特な文化が育まれており、1日目は武家屋敷で有名な角館(かくのだて)、マタギで有名な阿仁(あに)を巡ります。そして2日目は青森県のなかでも有数の観光名所が集まる弘前(ひろさき)を巡る、ご当地グルメ&体験づくしの大満足な2日間をご紹介します。

  • 1日目
  • 2日目

1

10:30

○角館の旅はコチラから
 外町(とまち)史料館たてつ

所要時間30分

秋田空港からエアポートライナー(予約制乗合タクシー)で約60分。まずはこちらに立ち寄りましょう。江戸時代から続く角館の商家「たてつ家(け)」の屋敷内にあり、蔵の中ではたてつ家の祖先が実際に使用していた趣味の道具や生活用品等が無料で公開されています。
こちらの店舗では小京都角館の散策をより楽しめるよう、アンティークな着物着付け体験(お一人様4,000円)を実施しています。着物は男性用と女性用がございますので、事前にお電話でご予約ください。

DATA

外町史料館たてつ

住所 秋田県仙北市角館町中町25
Tel 0187-55-1320
営業時間 9:00~18:00
休日 無休
料金 入館無料
アクセス 秋田空港よりエアポートライナーにて60分
JR角館駅より徒歩10分
その他・備考 要予約:着物着付け体験 レンタル時間:10:00~17:00
着物予約先:0187-63-6751

歩いて約5分

2

11:05

あきた角館 西宮家(にしのみやけ)

所要時間50分

武家屋敷散策の前に、人気ご当地グルメ「御狩場焼(おかりばやき)」をいただきましょう。御狩場焼は肉・季節の野菜などを山椒味噌で味付けした料理で、その発祥は今から300年以上も前に遡ります。当時角館一体を統治していた佐竹北家(さたけきたけ)は、御家来衆を率いて狩りをしに出かけていたと云います。当時は主に鷹狩で鴨やキジなどの鳥類を獲ることが多かったとのこと。そうして獲った鴨やキジをその場でさばいて山椒味噌をつけて焼いて食べたことから、「狩りの場所」で「焼いて食べる」という意味を込めて「御狩場焼」が誕生したと伝えられています。

DATA

あきた角館 西宮家

住所 秋田県仙北市角館町田町上丁11-1
Tel 0187-52-2438
営業時間 10:00~17:00
休日 無休
料金 御狩場焼(ライス+サラダ+味噌汁付) 1,080円 他
アクセス JR角館駅より徒歩8分
その他・備考 駐車場有

歩いて約5分

3

12:00

角館武家屋敷通り(国重要伝統的建造物群保存地区)

所要時間10分

元和6年(1620)江戸時代のはじめに大規模な都市計画が実施され、その後は佐竹北家の城下町として栄えた角館。武家屋敷が立ち並ぶ通りは「内町(うちまち)」と呼ばれ、現在も江戸時代末期時の屋敷割や、母屋・門・蔵の屋敷構えなど武家町の特性をよく残しています。
黒板塀(くろいたべい)が続く広い通り沿いにはシダレザクラやモミの大木が深い木立を形成しており、1年を通じて趣深い景観を楽しむことができます。

DATA

角館武家屋敷通り(国重要伝統的建造物群保存地区)

住所 秋田県仙北市角館町東勝楽丁 ほか
営業時間 自由見学
料金 無料
アクセス JR角館駅より徒歩20分
そのほか詳細や観光に関する情報は仙北市観光課(0187-43-3352)までお問い合わせください。

歩いて約5分

4

12:15

角館歴史村 青柳家(あおやぎけ)

所要時間55分

ところで皆さんは「刀」を持ったことはありますか?こちらの武家屋敷では、「刀」を実際に手に取っていただけるコーナーや、兜の着用体験ができるコーナーがあります。また、時代劇でよくお姫様が乗っている「籠(かご)」を担ぐことができたり、事前予約制ですが鎧の着用体験(お一人様4,500円)も実施しています。邸内には、お抹茶や和のスイーツをお楽しみいただけるお休み処や稲庭うどんを提供するお食事処もあり、ゆっくりと散策することができます。

城下町文化を堪能したあとは、いよいよ秋田内陸線に乗車して次の目的地へ向かいます。

DATA

角館歴史村 青柳家

住所 秋田県仙北市角館町表町下丁3
Tel 0187-54-3257
営業時間 9:00~17:00(12月~3月は16:30まで)
休日 無休
料金 大人500円、中高生300円、小学生200円
アクセス JR角館駅より徒歩20分

電車で約45分

5

14:50

○阿仁の旅はコチラから
 打当(うっとう)温泉マタギの湯

所要時間120分

角館駅から阿仁(あに)マタギ駅まで秋田内陸線で約45分。先ほどまでの城下町の雰囲気とは全く異なる、大自然に囲まれたマタギの世界が広がります。マタギとは古来より独特の信仰を継承し、熊などの狩猟を生業にしてきた人々のことで、秋田県阿仁地区はマタギの里として知られています。施設内にはマタギが傷や疲れを癒したとされる源泉かけ流しの天然温泉があり、また、マタギの歴史や文化を学ぶことの出来る資料館も併設されています。
入浴後はマタギに想いを馳せながら、滅多に食べることのできないアツアツの「熊鍋」と米の甘みとまろやかな味わいの自家製濁酒(どぶろく)「マタギの夢」で思い出に残る夕食を楽しみましょう。

DATA

打当温泉マタギの湯

住所 秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上ミ67
Tel 0186-84-2612
営業時間 9:00~22:00(11月~3月は21:00まで)
※マタギ資料館9:00~17:00
休日 不定休(館内点検や清掃のため)
料金 日帰り入浴 大人600円、小人200円、未就学児0円 家族風呂1時間1,500円(宿泊の方1,000円) マタギ資料館 大人200円、小人100円(宿泊の方無料)
アクセス 秋田内陸線阿仁マタギ駅より車で5分
※無料送迎有(要予約)
その他・備考 本館1階ロビー、2階客室はWi-Fi利用可。

宿にチェックイン

6

10:20

秋田内陸線の絶景ポイント 空中を走る!? 大又川(おおまたがわ)橋梁

所要時間10分

秋田内陸線(愛称:内陸線)は秋田の山間部を南北に縦断する全長94.2kmのローカル線です。「秋田」の「山間部」を「南北に縦断」するのですから、絶景のローカル鉄道と呼ばれるのは当たり前なのかもしれません。そんな内陸線の数ある絶景スポットの中でも、最も有名なのが大又川橋梁です。大又川橋梁は笑内(おかしない)駅と萱草(かやくさ)駅の間にある橋で、川面から約25mの高さに架けられた橋の上を列車がゆっくり通過します。それはまるで、空中を進んでいるかのよう。ぜひ内陸線の車内でご体感ください。

DATA

秋田内陸線の絶景ポイント
大又川橋梁

住所 秋田県北秋田市萱草字十二沢付近
アクセス 秋田内陸線萱草駅より徒歩15分
秋田内陸線阿仁合駅より車で10分
そのほか詳細については秋田内陸縦貫鉄道本社(0186-82-3231)までお問い合わせください。

電車で約30分

7

11:00

レストランこぐま亭(秋田内陸線阿仁合駅舎内)

所要時間60分

阿仁合(あにあい)駅に到着すると、どこからともなく美味しそうな匂いがしてきます。阿仁合駅舎内にあるレストランこぐま亭は、地元の方に愛されているのはもちろん、多くの鉄道ファンや国内外からの観光客の舌を喜ばせてきました。オススメのメニューは阿仁合名物の馬肉を洋風にアレンジした馬肉シチュー。コクのあるシチューと、じっくり煮込んだ柔らかな馬肉が相性抜群の逸品です。また、駅構内では内陸線観光アテンダントがお土産を販売しております。旅のお供に売上No.1の「バターもち」や内陸線オリジナルパッケージの「秀よし(ワンカップ酒)」をどうぞ。
ランチのあとは、いよいよ青森県弘前市に向けて出発です。

DATA

レストランこぐま亭

住所 秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町 阿仁合駅舎内
Tel 0186-82-3666
営業時間 11:00~15:00
休日 秋田内陸線HPでご確認ください
料金 馬肉シチュー黄金ライス添え 1,000円 他
アクセス 秋田内陸線阿仁合駅より徒歩0分(駅舎内)
その他・備考 4月1日より阿仁合駅リニューアルオープン(予定)

電車で約120分

8

14:45

○弘前の旅はコチラから
 津軽藩(つがるはん)ねぷた村

所要時間90分

全国から160万人以上の観光客が集まる「弘前ねぷたまつり」で有名な青森県弘前市。こちらでは弘前ねぷたの展示コーナーや、津軽の民工芸品製作実演コーナーのほかに、金魚ねぷたの絵付け体験(お一人様1,150円)や津軽凧の絵付け体験(お一人様1,000円)などの体験コーナーが充実しています。この機会に皆さんも絵付けを体験してみてはいかがですか?また、りんご生産量全国1位の弘前市ならではのりんごの直売やお菓子、加工品等のお土産販売コーナーもございますので、お土産のご購入にぜひご利用ください。

DATA

津軽藩ねぷた村

住所 青森県弘前市亀甲町61
Tel 0172-39-1511
営業時間 9:00~17:00
休日 無休
料金 一般550円、中・高校生350円、小学生200円、幼児(3歳以上)100円
アクセス 弘前駅前4番乗り場より100円バス「ためのぶ号」で15分(ねぷた村前下車)

歩いて約5分

9

16:20

弘前公園

所要時間30分

春には日本一の呼び声高い「弘前さくらまつり」が開催され、期間中は200万人以上もの観光客が訪れる弘前公園。1611(慶長16)年に築城された弘前城が市のランドマークになっています。櫓(やぐら)・城門などの遺構が築城時のまま残されており、これだけの規模で城郭が史跡ごと往時の姿を留めながら公園として開放されているのは全国的にも珍しいとのこと。また、本丸からは岩木山を望むことができます。気持ちよく公園を散策しておなかが空いてきたら、お待ちかねの弘前ディナーに出掛けましょう。

DATA

弘前公園

住所 青森県弘前市大字下白銀町1
営業時間 自由見学
料金 無料
※一部有料区域がございます。
〔弘前城本丸・北の郭〕
個人:大人310円、子供100円
〔弘前城植物園〕
個人:大人310円、子供100円
そのほか詳細については弘前公園HPをご確認いただくか、弘前市役所 公園緑地課(0172-33-8739)までお問い合わせください。
アクセス JR弘前駅より土手町循環100円バスで15分(市役所前下車徒歩1分)

車で約10分

10

17:00

津軽三味線ライヴ あいや

所要時間約90分

「津軽地方」と聞いてほとんどの方は「津軽三味線」を思い浮かべるのではないでしょうか?こちらのお店では津軽三味線のライブを聴きながら美味しい食事と酒を楽しむことができます。なんと、オーナーは津軽三味線全国大会A級チャンピオンに輝いたほどの実績の持ち主で、ダイナミックな演奏でお客さまを喜ばせてくれます。食事は津軽地方の名物を一度に味わうことのできる「じょんがらセット」がおすすめ。ライブ開始時間は基本19時からですが、事前に予約しておくとお客さまの都合に合わせて演奏してくれます。
津軽三味線のライブに聴き入りすぎて、青森空港行シャトルバスに乗り遅れないようご注意くださいね。

DATA

津軽三味線ライヴ あいや

住所 青森県弘前市富田2-7-3
Tel 0172-32-1529
営業時間 17:00~23:00
休日 不定休
料金 じょんがらセット(料理5品+ドリンク2杯) 3,240円 他
アクセス JR弘前駅より徒歩15分
その他・備考 個室あり 飲み放題メニューあり
  • 1日目
  • 2日目

全体マップ

立ち寄りスポット

安藤醸造 本店

見る 食べる 買う 安藤醸造 本店

明治時代中期に建てられた煉瓦造蔵座敷(れんがづくりくらざしき)が象徴的な、創業160余年の歴史ある人気お土産スポットです。培ってきた技術を時代に合わせて進化させながらつくる自慢の味噌、醤油、漬物は多くのリピーターに愛されています。それぞれ試食もあり、黒漆喰(しっくい)の文庫蔵は休憩スペースとして開放されています。

DATA

安藤醸造 本店

住所 秋田県仙北市角館町下新町27
Tel 0187-53-2008
営業時間 8:30~18:00(12月~3月は17:00まで)
休日 無休
料金 しろだし1,296円 寒こうじ756円 他
アクセス JR角館駅より徒歩12分
その他・備考 駐車場有
唐土庵(もろこしあん)武家屋敷店

食べる 買う 唐土庵(もろこしあん)武家屋敷店

「もろこし」とは小豆粉を片打ちしたお菓子で、秋田銘菓となっています。こちらのお店では乾燥と焼き目を入れずに、炒り小豆の風味をしっかり残した「生もろこし」とふくよかな小豆あんを入れた「もろこしあん」が人気です。

DATA

唐土庵(もろこしあん)武家屋敷店

住所 秋田県仙北市角館町表町下丁17
Tel 0187-52-8170
営業時間 8:30~17:30(夏季)
9:00~17:00(冬季)
休日 無休
料金 生もろこし三種詰合せ1,080円 他
アクセス JR角館駅より徒歩20分
角館さとくガーデン

食べる 買う 角館さとくガーデン

桜皮細工(かばざいく)をはじめとする伝統工芸品から、かわいい桜雑貨、桜染、名産食品など豊富な品揃えで女性に人気のお店です。中でも桜をイメージした当店オリジナルのキャンドルやルームコロンがおすすめです。

DATA

角館さとくガーデン

住所 秋田県仙北市角館町東勝楽丁26
Tel 0187-53-2230
営業時間 9:00~17:00(繁忙期18:00まで)
休日 無休
料金 角館さくらキャンドル 580円~ 他
アクセス JR角館駅より徒歩15分
その他・備考 秋田犬「武家丸」がお出迎えします(体調等によりお休みの場合もございます)。
くら吉(きち)本店

食べる 買う くら吉(きち)本店

秋田銘菓「生あんもろこし」と、秋田県の特産品で日本一大きいといわれる西明寺(さいみょうじ)栗を使ったお菓子を取り扱うお土産スポット。赤倉栗園の優良品種「西明寺栗一号(善兵衛栗)」のペーストを練り込み仕上げた「西明寺栗の生あんもろこし」は優しい甘さとなめらかな口当たりから多くのリピーターに愛されています。

DATA

くら吉(きち)本店

住所 秋田県仙北市角館町小人町38-25
Tel 0187-52-0505
営業時間 9:00~17:00
休日 不定休
料金 西明寺栗の生あんもろこし(4個入)648円 他
アクセス JR角館駅より徒歩18分
藤田記念庭園

見る 食べる 藤田記念庭園

弘前市出身で日本商工会議所初代会頭の藤田謙一氏が1921年に建てさせた別邸。岩木山を眺望できる庭が広がり、東京から庭師を招いてつくらせた江戸風な景趣の庭園です。「大正浪漫喫茶室」があるほか、津軽の工芸品や和にこだわったメニューがある「クラフト&和カフェ匠館」があり、休憩にご利用いただけます。

DATA

藤田記念庭園

住所 青森県弘前市上白銀町8-1
Tel 藤田記念庭園事務所 0172-37-5525
大正浪漫喫茶室 0172-37-5690
クラフト&和カフェ匠館 0172-36-6505
営業時間 冬期間(11月24日~翌年3月31日)は高台部のみ
9:00~17:00(入園券販売は16:30まで)
さくらまつり期間中は9:00~21:00 (入園券販売は20:30まで)
休日 なし(通年開園)
料金 大人310円、小中学生100円
アクセス JR弘前駅より土手町循環100円バス「市役所前」下車 徒歩5分
最勝院五重塔(国指定重要文化財)

見る 最勝院五重塔(国指定重要文化財)

藩祖為信の津軽統一の過程で戦死したすべての人々を、敵味方の区別なく供養するため、4代藩主信牧の時代に釘を一切使わずに建てられました。総高は31.2メートルで、東北一の美塔と言われています。

DATA

最勝院五重塔(国指定重要文化財)

住所 青森県弘前市銅屋町63
Tel 0172-34-1123
営業時間 9:00~16:30
休日 無休
料金 無料
アクセス JR弘前駅より土手町循環100円バス「本町」下車 徒歩5分

ひとことコメント

ここでしか味わえない食、ここでしか触れることのできない文化や体験をモデルプランの中に盛り込みました。公共交通機関のみを利用して各スポットを巡ることができますので、車の運転に自信のない方でも安心して旅を楽しむことができます。秋田~青森の魅力がたっぷり詰まった2日間をぜひ心ゆくまでご堪能ください。

ヒストリックスポット ★★★★★
カルチャー ★★★★★
マーベラスビュー ★★★★
リラックス ★★★★★
グルメ&ショッピング ★★★★★

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

気持ちをシェアしよう!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

モデルプラン 記事一覧

Ranking

東北の人気記事ランキング

仙台・グルメ2泊3日の旅

秋田内陸線で行く 秋田・青森の食と文化を堪能!大満足の2日間

ねこねこパワースポット

山形・ご当地グルメ2泊3日の旅

SENDAI光のページェント

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ