国指定名勝の日本庭園である「旧池田氏庭園」や「旧池田氏庭園払田分家庭園」、平安時代の役所跡の史跡「払田柵跡」の散策など、まるごと大仙があじわえる1泊2日の旅です。

秋田県大仙市1泊2日のモデルコース日程

12:00 国指定名勝 旧池田氏庭園

山形県の本間氏、宮城県の齋藤氏と並び、東北三大地主と称された池田氏の「旧池田氏庭園」は、平成16年2月に秋田県内では庭園として初めて国指定名勝となりました。通常は非公開ですが、初夏と秋、「大曲の花火」前後に一般公開されております。家紋を意識した亀甲型の42,000平方メートルの広大な敷地内に、明治末期から大正時代の初め頃にかけ、近代造園の祖、長岡安平により築かれた池泉回遊式庭園です。高さ、傘の直径ともに4mと国内最大級の大型雪見灯籠は見る人すべてに驚きと感動を与えます。(所要時間約1時間)

国指定名勝 旧池田氏庭園
住所秋田県大仙市高梨字大嶋1
Tel0187-63-8972(大仙市文化財保護課)
営業時間夏季一般公開/平成28年8月26日(金)~8月28日(日)(9:00~15:30最終受付 16:30閉園) ※ただし、8月27日(土)大曲の花火大会当日は午前のみ開園です。(9:00開園、12:00最終受付、13:00閉園) 秋季一般公開(予定)/平成28年10月8日(土)~11月6日(日)
休日一般公開以外は閉園しております。
料金入場料:320円 ※高校生以下は無料
アクセスJR大曲駅から車で15分

車で約5分

13:15 国指定名勝「旧池田氏庭園払田分家庭園」

東北三大地主と称された池田氏の分家庭園。払田柵跡の西側・真山地区の一角に位置しています。特に秋には紅葉の名所として親しまれており、ライトアップイベントが開催されることもあります。北部の小高い丘には、名工・円満造翁(えまぞうおう)の作品である高梨神社があります。(所要時間約30分)

国指定名勝「旧池田氏庭園払田分家庭園」
住所秋田県大仙市払田字真山1
Tel平日:0187-63-8972 (大仙市文化財保護課)/土日祝:0187-86-0888 (大仙市観光情報センター)
営業時間常時公開(冬季は閉鎖)
休日冬期間
料金無料
アクセスJR大曲駅から車で15分。バスの場合千屋線「埋蔵文化財センター」下車、徒歩5分

歩いて約5分

14:00 国指定史跡 払田柵跡(ほったのさくあと)

今から約1,200年前の平安時代初期頃、律令国家がこの地方の統一を進めるために造った、役所と軍事、儀式の役割を持った遺跡です。周囲を約3.6kmの材木塀で囲まれていた払田柵跡。復元された外柵南門は高さ9.7mで、外柵南門から延びる大路は、延長約200mです。広大なスケール感をご自分の目で、足で、是非ご体感ください。予約で「柵の案内人」による歴史散策が楽しめます。(所要時間約1時間)

国指定史跡 払田柵跡(ほったのさくあと)
住所秋田県大仙市払田字仲谷地95
Tel0187-69-2397(払田柵総合案内所)
営業時間常時公開(総合案内所は冬期間のみ予約制)
休日なし
料金無料
アクセスJR大曲駅から車で15分。バスの場合千屋線「埋蔵文化財センター」下車後すぐ

車で約40分

16:00 国登録有形文化財の宿 強首温泉 強首樅峰苑

みちのく秋田の出湯・強首温泉(こわくびおんせん)。緑深き強首の秘湯・樅峰苑(しょうほうえん)は、長い風雪に耐えてきた樅の木陰に佇む大正ロマンの香りを漂わせる豪農当時の建物です。登録有形文化財にも指定されている建物が醸し出すなごやかな空間と秘湯ならではの温泉。そして名物・川蟹(かわがに)料理などの旬のお料理をご堪能ください。韓国ドラマのロケ地にもなりました。(所要時間約1時間)

国登録有形文化財の宿 強首温泉 強首樅峰苑
住所秋田県大仙市強首字強首268
Tel0187-77-2116
営業時間常時
休日なし
料金お一人様 夕・朝食付き 14,500円~(消費税・入湯税別・サービス料込)
アクセス秋田空港から車で15分。秋田自動車道西仙北ICから車で7分

宿にチェックイン

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.