<死ぬまでに一度は行きたい!何度でも行きたい!>と謳われる「ハテの浜」。久米島で人気も実力もナンバー1の観光スポットです。船で浜へ渡った後はシュノーケルやジェットスキーなどのアクティビティもできます。
画像1: やっぱりレンタカーは使わない!自転車で旅する久米島(後編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

前編はこちら

朝、「久米島エスコートツアーズ」の船に乗ってハテの浜へ出発!

久米島最大の観光&アクティビティスポットである「ハテの浜」。エメラルドグリーンのグラデーションに囲まれた真っ白なビーチは誰もが魅了される絶景です。
ハテの浜は全長7キロ、サンゴ礁の上に積もった砂でできた3つの砂州。リーフに囲まれていることで潮の流れが集まることから、波により砂が堆積し作り出された砂浜です。この周辺海域は非常に遠浅であることから、露出した砂地が島となり形成されています。昔は地元の人に「東浜(あがりはま)」と呼ばれていましたが、1980年代くらいから「ハテの浜」と言われるようになりました。

渡し船は島内6つの会社が行っており、そのうち1社だけは一番遠く大きな島まで行くことができます。その他の5社は「中の浜」と呼ばれる真ん中の島までの渡船となり、今回はその島まで渡ることとしました。

純白の砂浜と透明度高い青い海。東洋一美しいビーチ「ハテの浜」で癒される。

いよいよ念願のハテの浜に到着。
さらっさらの砂浜に船から降り立ったらいくつかの注意事項を受けてその後は1時間半のフリータイム!
マリンアクティビティは要予約ですが、その場での交渉も可能です。但しピークの夏の季節などはかなり混雑が予想されるので予定しておいた方が良さそう。梅雨
の予報を吹っ飛ばして紫外線MAXです。日焼け対策はやりすぎるくらいやっておいた方が無難です。中の浜
は昔、真っ白で広大な砂浜にトイレがポツン…、という特異な景色で話題になったこともあるのですが、最近ではレンタルパラソルや休憩所などが作られて利用しやすくなっています。
透明度抜群の海でシュノーケリング、ダイビングをしたり、ジェットスキーを楽しんだり、のんびりと浜の散策、私のようにカメラを持って撮影大会したりと自由に時間を使えます。

ハテの浜を外しては久米島を語れない!
言葉では語りつくせない、行くべき価値あるスポットです。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.