菊池の街をくまなく探索!ということで、温泉街をスタートして色んなところを歩きます。まずは肥後の石工が遺した江戸時代の石橋。加藤清正が作ったと言われる「築地井手」にも大正時代の石橋がありました。さらには菊池一族がいた時代、7つの城があったことからその地名になったという道の駅「七城メロンドーム」へ。
画像: 熊本県菊池市 歴史と湧水を巡る旅(後編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

前編はこちら

地元の石工、伊助によって掛けられた現役の石造アーチ橋「迫間(はざま)めがね橋」。

全国に残る石造りのアーチ橋(めがね橋)の9割ほどは九州に現存あります。なかでも江戸時代に造られた石橋が最も多く残るのが熊本県。その背景には八代郡種山村(現八代市東陽町)の「種山石工衆」と呼ばれる高い技術を持った石工集団の存在がありました。

迫間川にかかる迫間橋は経費がかかるとのことで地元・西迫間の伊助が手掛けました。伊助は大変な腕があったと思われ、江戸時代文政12年(1829年)製のこの橋は190年間にも渡って人々の生活を支えてきました。橋ができたことにより地域と地域がつながれ、そこで暮らす人たちを豊かにしてきたのです。また石橋の建造は、石工を集めるため奔走し、私財を投じた者もおり、多くの努力によって造られてきたものです。古びの美しさ、Rを描く意匠と渓流との景観は見事なものですが、観光客が少ないのがとても残念です。
人はもちろん車も通過することができる、なくてはならない橋であると同時に、美しい景観を今の私たちに残してくれています。

加藤清正が引いたと言われる用水路「築地井手」を歩く。

私が宿泊していた「菊池グランドホテル」からスタートし、菊池川と合流するまでの「築地井手」を歩いてみました。この築地井手は加藤清正公の時代に築かれたと言われ、田畑を潤す用水路として、また生活用水、防火用水として活用された人工の川です。その水の清らかさはお墨付きで、ホタルの生息地としても有名です。
一級河川菊池川へと合流する場所には、大正時代に建造された4つの石桁を持つ石橋があります。石桁は船の舳先のような尖りがあり、水量の多い川に対し水の抵抗を受けないよう設計されています。

ビックメロンな道の駅へ!「七城メロンドーム」でメロン果肉たっぷりソフトクリームを。

菊池氏が拠点としていた守山城を囲むように18の城(菊池十八外城)がありました。そのうちの7つがあったことから「七城」という地名になった場所があります。ここはお米やメロンの生産が盛んです。一年中品種を変えながら作られるメロンは、道の駅「七城メロンドーム」で糖度や大きさで選別され、出荷されます。
メロンドームでは、出荷されたメロンやそのメロンを使ったジュースやソフトクリームが楽しめます。ここで食べられるソフトクリームは熊本県内の「道の駅ソフトクリーム総選挙」で見事1位に輝いた大人気のスイーツです。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.