皆さんこんにちは。
客室乗務員の秦です。
今回はラグビー日本代表 福岡堅樹さんと流大さんの出身地でもある
ラグビー王国 福岡の魅力をお伝えいたします。
画像1: 巡る福岡

客室乗務員 秦

画像2: 巡る福岡

皆さまお馴染みの博多祇園山笠もラグビー仕様になって博多駅に飾られていました。

そしてなんといっても福岡といえばグルメですよね!
福岡グルメといえば皆さんは何を思い浮かべますか?

豚骨ラーメンや水炊きなどを想像された方が多いのではないでしょうか。
そこで、私が今回ご紹介したいのは「うどん」です。

実は〔うどん発祥の地〕と言われており、
うどんは福岡の人々に愛されるソウルフードなのです。

特に私のオススメは、「大地のうどん」さんのごぼう天うどん!

画像3: 巡る福岡

麺が見えないほどの大きなごぼう天が特徴です。
パリッと食感で味わってもよし。お汁に浸して食べてもよし。
2つの食感で楽しむことができ、見た目も味も抜群な一品です。

お腹いっぱいになったところで、次のグルメまでお楽しみ頂きたいのは、福岡の大自然!

福岡は山や海の恵み豊かな自然に囲まれており、都会と自然が融合しているため
どこに行くにも交通アクセスがいいことも魅力のひとつです。

なかでも私の大好きな能古島(のこのしま)をご紹介いたします。

能古島は姪浜渡船場から10分程で行くことができる博多湾に浮かぶ島です。

能古島に行ったら絶対に行って欲しいのが「のこのしまアイランドパーク」

季節の花々とその奥に広がる博多湾とのコントラストはまさに絶景。

画像: 春:桜、菜の花 夏:向日葵 秋:コスモス 冬:さざんか、梅 などなど

春:桜、菜の花 夏:向日葵 秋:コスモス 冬:さざんか、梅 などなど

ゆったりとした時間のなかで四季を感じることができ、
日々の疲れを癒してくれること間違いなしですので、ぜひ一度足を運んでみてください。

たくさん歩いたところで、またお腹が空いてきましたね(笑)

続いてご紹介する絶品グルメは、皆さんお馴染みのもつ鍋です!
もつ鍋と言ったら皆さんは何味を思い浮かべますか?

味噌、醤油、塩、最近では変わり種も沢山あるようですが、
ここでオススメしたいのが、「幸」さんの醤油味のもつ鍋です。

画像4: 巡る福岡

あっさりとした醤油ベースのお出汁にたっぷりのニラとプリプリの大きなモツ、見るだけでも食欲が湧き出てくる一品。ペロリと完食してしまいます。

名残惜しい方は、モツやお野菜を追加するのも手ですが、
もつ鍋の魅力はなんといっても締めのちゃんぽんと雑炊ですよね。

どちらにするか迷うところですが、どちらも食べたい!という欲張りさんでも大丈夫です。
「幸」さんでは、チャンポンを楽しんだあとに雑炊もいただくことができます。

画像5: 巡る福岡

ちなみに大食いの私はいつもどちらも食べます(笑)
ぜひ、福岡に訪れた際には食べて頂きたい一品です。

まだまだ紹介しきれない魅力がたくさんありますので、
ぜひ皆さま一度訪れてみてください!

絶品料理を味わい豊かな自然も楽しみ魅力溢れる福岡を巡りながら
一緒にラグビー日本代表を応援しましょう!

ファイトー、イッパーツ!

画像6: 巡る福岡

※旅コラムは、2019年10月18日時点の内容です。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.