兵庫県の北部に位置する豊岡市。中央を穏やかに流れる円山川と自然いっぱいのこのエリアには、1300年の歴史をもつ城崎温泉や、江戸時代の城下町の風情を色濃く残す出石城下町、出石皿そばにカニなど体もお腹も心も満たすスポットが盛りだくさん。

兵庫県豊岡市1泊2日のモデルコース日程

10:00 城崎ロープウェイ、温泉寺

2013年に旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に、1つ星として掲載されたロープウェイ山頂(大師山)からの眺望は、城崎温泉の全景はもちろん、円山川や日本海までを一望できる。
中間駅には、城崎温泉の守護寺である温泉寺があります。古く湯治に訪れた人々は、温泉寺に参拝し、住職に湯杓を授かり、作法を教わってから外湯に入湯していた。(所要時間約120分)

城崎ロープウェイ、温泉寺
住所①ロープウェイ:豊岡市城崎町湯島806-1
②温泉寺:兵庫県豊岡市城崎町湯島985-2
Tel①0796-32-2530
②0796-32-2669
営業時間①9:10~17:10
②9:00~17:00
休日①毎月第2・第4木曜日(但し、祝日の場合は営業)
②毎月第2第4木曜 (但し、祝日の場合は除く)
料金①乗車料金:山頂まで往復大人900円 小人(6歳以上)450円
②拝観料:300円
アクセス①JR城崎温泉駅から徒歩15分
②薬師公園から徒歩の場合は、参道を約20分。ロープウェイにて中間駅まで7分。

歩いて約10分

12:10 城崎文芸館

城崎温泉は、昔し白樺派を中心に多くの文人墨客が訪れた。昨年10月リニューアルした城崎文芸館は、城崎温泉ゆかりの作家に関する展示を行い、現在は作家湊かなえさんの企画展「湊かなえと城崎温泉」を開催中(9月9日~)。
城崎を訪れた文人墨客や城崎の歴史について展示するほか、城崎温泉でしか買うことのできないNPO本と温泉の書籍も販売。(所要時間約60分)

城崎文芸館
住所兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1
Tel0796-32-2575
営業時間9:00〜17:00
休日毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※休館日は変更になる場合あり。
料金大人500円
中高生300円
小学生以下無料
アクセスJR城崎温泉駅より徒歩5分

電車で約25分

13:35 トヨオカカバンアルチザンアベニュー

豊岡市は生産量も職人数もニッポンイチの「鞄の産地」。トヨオカカバンアルチザンアベニューでは、鞄で夢中になれる、職人を感じる施設。スクールでモノづくりの技術力をアップし商品開発を共に実施し、ショップで販売しお客さまにご購入いただく、そして、より素晴らしい商品を目指してスクール社員コースで技術を磨く産地だからこそ、鞄で夢中になれる循環がここにはある。豊岡鞄をはじめとする豊岡製造の鞄を販売するショップ(1F)と鞄の部材を販売するパーツショップ(2F)、全国でも稀な1年制の鞄職人育成専門校(3F)がある。(所要時間約60分)

トヨオカカバンアルチザンアベニュー
住所兵庫県豊岡市中央町18-10
Tel0796-22-1709
営業時間11:00〜18:00
休日毎週水曜日
アクセスJR豊岡駅から徒歩10分

車で約40分

15:15 植村直己冒険館

豊岡市日高町に生まれ、国民栄誉賞を受賞した世界を代表する冒険家植村直己を顕彰する施設。植村直己さんの冒険を支えた装備品などを数多く展示、収蔵している。周辺の山並みを背景に取り込んだ約200mに及ぶまっすぐな通路は、大地を切り裂くクレバスを表現し、通路を主軸としてイグルー(雪洞)をイメージする展示室・映像ホールなどが特徴。(所要時間約60分)

植村直己冒険館
住所兵庫県豊岡市日高町伊府785
Tel0796-44-1515
営業時間9:00~17:00(最終入館は、16:30)
休日毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日が閉館)、 年末年始(12月28~1月4日)
料金大人500円
高校生200円
小中150円
アクセスJR江原駅からバスで約15分

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.