“黄金の州”と呼ばれるカリフォルニアは、大自然にテーマパーク、おいしい料理やクラフトビールなど多様な魅力が詰まった土地。まだ自由に海外へ旅行するのは難しい状況が続きますが、そんなカリフォルニアを感じられるツアー「チャーターDE海外旅行気分を満喫!~カリフォルニア~」が、2022年2月19日に開催されました。おかげさまでたくさんのお申し込みをいただき、プラチナチケットとなった本イベントの様子をお伝えします。

カリフォルニアの名物や定番の味が詰まった機内食

全員が搭乗し終わり、あとはフライトを待つだけ。ワクワクとほんの少しの緊張があふれる機内に、MIYAVIさんのサプライズアナウンスが響きます。

「ロサンゼルスまでの飛行時間は45時間を予定しております(笑)。短い時間ですが、素敵な旅といい景色を楽しんでください」と、独特のギャグを織り交ぜつつ、送り出してくれました。ちなみに、「チャーターDE海外旅行気分を満喫!~カリフォルニア~」の実際のフライト時間は3時間半です。

画像1: カリフォルニアの名物や定番の味が詰まった機内食

12時20分、飛行機が飛び立ちます。今回搭乗したのは、国際線仕様のボーイング767-300ER。国内旅行では乗ることができない機体で、ひと席ごとに専用モニターが設置されています。

地上では雨がぱらつき始めていたのですが、デューイさんが話していた通り、雲を抜けると青空が広がり、気分も晴れ渡ります。

画像2: カリフォルニアの名物や定番の味が詰まった機内食

そして、お待ちかねの機内食の時間です。このツアーのために用意されたのは、カリフォルニアを五感で楽しめる特別メニュー。

前菜は、ほんのりハーブが香るドレッシングが決め手のシーザーサラダに、アボカドの生産地としても有名なカリフォルニアでおなじみのワカモレ。メインは、アメリカの国民食ともいえるチリコンカンがたっぷりトッピングされたグリルチキン。トマトの旨みが凝縮されていて、辛みは抑えめなので、お子さまでもおいしく楽しめる料理に仕上がっていました。

デザートは、カリフォルニアの名産品・オレンジを使用したムース。さわやかな甘みと酸味が、口のなかをさっぱりさせてくれます。

食事中は、モニターにカリフォルニアの雄大な景色や人気スポットの映像が映し出され、本当に現地に向かっているような気持ちになってきます。

空の上では特別な景品が当たるお楽しみ抽選会も

「窓の外にカリフォルニアが見えてきました。今は雪が積もっているようですね(実際は北海道の襟裳岬)」という、中谷機長のジョークを挟みながら、フライトは続きます。

画像1: 空の上では特別な景品が当たるお楽しみ抽選会も

14時頃、機内でのメインイベントとなる抽選会がスタート。カリフォルニアワインとアメリカン航空オリジナルワインオープナーのセットや、カリフォルニア観光局のTシャツとタオルのセット、e JALポイント5,000ポイント、JALのオリジナルキャラクターしろたんのぬいぐるみなどが、合計40名に当たります。

画像2: 空の上では特別な景品が当たるお楽しみ抽選会も

客室乗務員によって当選した座席の番号が発表されるごとに、機内が拍手に包まれます。当選したお客さまには、引換券が配布されました。

画像3: 空の上では特別な景品が当たるお楽しみ抽選会も

東京から東北方面に進み、北海道で折り返す周遊フライトを終え、15時30分に成田空港へとランディング。飛行機を降りたら、ツアー専用の入国カウンターで、再びパスポートにスタンプを押してもらいます。

抽選会に当選したお客さまは、到着ロビーを出たところで引換券と景品を交換。スタッフが「おめでとうございます!」と祝福すると、皆さん少し照れた様子でした。

「カリフォルニアに行ってみたい」そう思わせてくれた空の旅

参加された皆さんには、搭乗記念のお土産も用意されていました。日本航空×アメリカン航空のフライトタグやトートバッグ、カリフォルニア観光局のコースターセットといったオリジナルグッズに加え、アメリカン航空のマイレージ(5,000マイル)、カリフォルニアクラフトビール、カリフォルニア産のアーモンドも入っています。帰ってからも、旅の気分を味わえそうですね。

画像1: 「カリフォルニアに行ってみたい」そう思わせてくれた空の旅

ツアーに参加された忽那さん親子に話を伺うと、「MIYAVIさんのトークも気さくで楽しかったですし、海外旅行に行けるようになったら実際に現地に行ってみたいと思いました」と、カリフォルニアに魅了された様子。

画像2: 「カリフォルニアに行ってみたい」そう思わせてくれた空の旅

過去に数回チャーター便の抽選にチャレンジし、今回ようやく参加できたという小嶋さんは、「機内食も久しぶりでしたし、普段飛ばないようなルートで楽しかったです。またチャーター便のツアーがあったら、ぜひ参加したいですね」と、喜びを語ってくれました。

なかなか海外旅行ができないなか、少しでも海外気分を味わってもらえるよう、JALでは今後も、国や地域をテーマにしたチャーター便の企画を準備中です。飛行機がお好きな方、旅がお好きな方、すべてのお客さまの心に残る特別な1日をお過ごしいただけるはずです。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

関連記事

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.