今や世界に名だたるサイクリストの聖地となったしまなみ海道ですが、そこからのサイクリングコースも魅力いっぱいでお楽しみいただけます。
画像1: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

日本航空 松山支店

しまなみ海道、愛媛側へ到着!

画像2: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

ですが、
素晴らしいサイクリングはまだまだ!むしろこれから!です。

今治市内に足を延ばして、サイクリスト向けの施設があるので、そこで汗を流して休憩もいいですね。

画像3: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

なれない道でも、ブルーラインと案内板が出ていて安心です。

JR今治駅スグ近くにある、「しまなみ温泉 喜助の湯」さんです。

画像4: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

こちらはサイクリストに優しい設備が整っています。

画像5: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~
画像6: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

一般的なサイクリングラックに加えて、こちらでは、ロードバイク専用のロッカーも設置されていますので、愛車のセキュリティも万全です。
壁にしまなみ海道が描かれた大浴場で汗を流して、食事処でパワー充填、いろいろなタイプの休憩室があるのでゆっくり寛げます。

スッキリとリフレッシュをして、一路松山へ!
今治から松山道後温泉までの間、海岸沿いを走るルートを「今治・道後はまかぜ海道」と呼ばれています。

ルートマップは

愛媛マルゴト自転車道より

海を眺めながら、ゆったりサイクリング~。

途中の道路にこんなブルーラインで案内が出ています。

画像7: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

途中の「道の駅 風早の郷 風和里」さんにもサイクリングラックが設置されていますので、駐輪もばっちりです。

画像8: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

すぐ前の海岸へお散歩してみるのも楽しいですね。

画像9: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

遊歩道も整備されているので、靴に砂が入る心配もせず海のすぐ近くまでお散歩も楽しめます。
瀬戸内の穏やかで水のきれいな海と、島々の景色を見ていると、疲れた体も癒されます。

途中、鹿島という島へ船で渡り「恋人の聖地サテライト」で鐘をならしたり、また鹿島周辺を遊覧する「愛の航路」に乗ったり、休憩を兼ねてこんなところに立ち寄るのも面白いですね。

画像10: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

そして松山の市街地へと入ると、車の交通量も増えてきますが、ブルーラインで道も迷わず、幅員も十分で、安心して走れます。

画像11: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

愛媛県では、サイクリストへのおもてなしを推進しており、以下の条件を設けて「サイクルオアシス」の普及に取り組んでいます。

・バイクスタンド、スポーツサイクル用空気入れ、工具セットの貸し出し
・トイレ、飲料水(水道水)の提供
・サイクリング情報・地元の観光情報などの提供

詳しくは、

愛媛マルゴト自転車道 ホームページから、「サイクルオアシス」へ

今治からは約50Km、ゆっくり休みながら道後温泉へゴールイン!

画像12: ビヨンド「しまなみ海道」 いいとこ愛媛 ~今治・道後はまかぜ海道とサイクルオアシス~

道後のお湯で疲れを癒してはいかがでしょうか?
道後温泉本館は保存修理工事を行っておりますが、入浴できるようになっています。
ラッピングにも工夫を凝らし、長い歴史のなかでは大変珍しい様子で、今しか見れません。

道後温泉でゆっくり過ごした翌日は体調もばっちり。さあ出発です。

参考

「愛車を輪行して道後温泉へ!」

※旅コラムは、2019年8月1日時点の内容です。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.