帯広から釧路、網走と立ち寄りながら最終目的地・旭川へ。JR北海道のパスを利用しての移動距離合計約558キロを電車で旅する2泊3日。紅葉真っ盛り、冬の気配も感じはじめた北海道道東・道北をまわります。
それでは、JR北海道ひがし&きた北海道キャンペーンパスを使って、おトクに快適に感動”新”発見するルートをご紹介しましょう!
画像: 2泊3日500キロ!JRで行く北海道周遊の旅(前編)

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

帯広駅で十勝グルメを買い込んだら、特急に乗って次の目的地へ移動です。
昨年も訪れた、なつかしい釧路で夕景と夜の街を楽しんで、朝には網走へ出発!憧れの路線「釧網線」でオホーツク海を目指します。

グルメ王国帯広の名を轟かせる、充実っぷりハンパない帯広駅構内グルメ。

あまり時間がなくバタバタと帯広を後にする時間となりました。この日の宿泊地である釧路へ向かう列車に乗る前に帯広駅で食べ物を買い込みます。駅構内だけでお腹いっぱいになれるほど、おいしいものがあふれる帯広駅です。
六花亭のスイーツと帯広名物「豚丼」を購入!アツアツでき立ての駅弁を持って特急に乗り込みました。

その美しさは世界レベル!釧路の夕日とつぶ貝専門店「つぶ焼き かど屋」。

今回はJR北海道の道東・道北をまわるフリーパスを使って旅をしています。このチケットは特急などの指定も可能なほか、北海道すべてのJRに乗れるのです。
釧路までは「特急スーパーおおぞら」に乗車。旅情たっぷりの電車旅が始まります。
釧路では釧路プリンスホテルにチェックイン。ぎりぎりで間に合った夕陽は部屋からもしっかり拝めました。港からの絶景をカメラに収め、夜はつぶ貝専門店「かど屋」で厚岸のつぶ貝を堪能しました。

憧れの釧網線!タンチョウやエゾジカが見られてもう言うことなし。

2日目の朝は早起き。
せっかく素敵なホテルに宿泊したのに寝るだけで出発、そしてやり残した感いっぱいの釧路…、後ろ髪引かれる思いで出発。
しかし、次の目的地は初めての訪問地、網走!釧路駅から6時台の釧網線は、眠そうな顔の通学途中の学生さんたちで混雑していました。
釧路の街中を抜けるとすぐに車窓には釧路湿原が広がりました。カヌーツアーをする人たちや野鳥をたくさん見ることができます。さらに進むと広々とした畑の風景、そしてついにはオホーツク海。途中エゾジカや念願のタンチョウも見ることができました。
そして流氷の街、網走へ到着です。
北の幸てんこ盛りの網走駅名物の駅弁を発見。お腹を満たしてから、網走の街をバスでまわります。

後編はこちら

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.