高知県東部地域は太平洋の青い海と緑濃い山々に囲まれた、自然のエネルギーを感じるエリア。温暖な気候を利用した柚子をはじめとする農作物の産地でもあり、豊かな大地の恵みを感じられるのどかな景色が広がります。そんな「ひがしこうち」の、季節の木々や花々を愛でる旅を楽しみました。
画像1: 美しき“ひがしこうち” 緑と花を巡る旅1泊2日おすすめコース

西村 愛

2004年からスタートしたブログ「じぶん日記」管理者。47都道府県を踏破し、地域の文化や歴史が大好きなライター。
島根「地理・地名・地図」の謎 (実業之日本社)、わたしのまちが「日本一」事典 (PHP研究所)、ねこねこ日本史でわかる都道府県(実業之日本社)を執筆。 サントリーグルメガイド公式ブロガー、Retty公式トップユーザー、エキサイト公式プラチナブロガー。

画像2: 美しき“ひがしこうち” 緑と花を巡る旅1泊2日おすすめコース

10:00 モネの絵画の世界を体感できる北川村「モネの庭」マルモッタン

ゆずの宿を後にして、北川村村営バス「モネの庭」バス停で下車。3つのガーデンを持つモネの庭マルモッタンへお邪魔します。

ここは世界で唯一、フランスのモネの邸宅や庭を管理するクロード・モネ財団から“モネの庭“を名乗ることを許された施設です。フランス・ジヴェルニーにあるモネの庭は、作品「睡蓮」でも有名な、モネが情熱を持って庭づくりに打ち込んだモネ自身の理想世界でもあります。この庭を日本で再現させたのが北川村「モネの庭」マルモッタンです。

ここは地方創生の一環として地元の特産柚子を使ったワイナリーを誘致する予定の場所でした。しかし途中方向転換を迫られ、ワインつながりから発想を得た”フランスの名庭園モネの庭を北川村に“という構想を、努力と強い熱意で実現させた庭園です。

庭の手入れや管理を徹底し、例えば池に浮く睡蓮の葉もきれいに円や楕円形になるよう配置し、どこから見てもモネの絵画の世界が広がるように設計されています。ちょうど青い睡蓮が開いたばかりの頃で園内は賑わっていましたが、春は新芽が輝き、秋は紅葉の池への映り込みが素晴らしく、どの季節に来ても楽しめるということです。

北川村モネの庭マルモッタンは今年20周年を迎えるのを機に、イタリアのリゾート地であるボルディゲラをテーマにした庭がリニューアルオープン。モネが気に入って何度も訪れ、多くの絵を残したボルディゲラをモデルにしたこの庭は、地中海独特の白く乾いた景観にエキゾチックな植物が植えられ、睡蓮の池がある「水の庭」、花々咲き乱れる「花の庭」とは一風違った魅力が詰まったエリアです。

睡蓮の池は3周くらいしましたが、見る度に新しい発見や美しい構図を見つけられて、その場を去りがたいものがありました。<もうフランスに行かなくてもいい…>そんな風に思えるほどの完成度の高さです。

睡蓮は7~8月にピークを迎え、10月後半くらいまで楽しめるということです。

北川村「モネの庭」マルモッタン
住所高知県安芸郡北川村野友甲1100番地
営業時間9:00~17:00(最終入園 16:30)
休日火曜定休(12月~2月は冬季休業)
※2020年は11月末まで無休
webhttps://www.kjmonet.jp/

12:00 睡蓮をイメージした料理を食べられる「カフェ・モネの家」

北川村モネの庭マルモッタン内にあるレストランでは、季節やイベントによって変わる、モネの庭をテーマとしたランチが食べられます。

この日は夏に向けてのメニュー「冷製ブイヤベース ~睡蓮の池~」をチョイス。パプリカとトマトを使い睡蓮の花を表現。真ん中には帆立を置き花芯としてあります。皮目を焼いたアトランティックサーモン他魚介を添え、魚介ベースのソースが敷いてあります。モネも好きだったというレンズ豆が使われているのもポイントです。

レストランだけでなくショップやパン屋さんも併設しており、1日楽しめる施設となっていました。「花の庭」エリアでは花苗も購入できるので、園内で気になった花を見つけたら忘れずチェックしておきましょう。

食事後にもう一度ぐるりと園内を一周。何度見ても飽きない美しさでした。

カフェ モネの家
住所高知県安芸郡北川村野友甲1100番地
営業時間9:00~17:00(最終入園 16:30)
休日火曜定休(12月~2月は冬季休業)
webhttps://www.kjmonet.jp/

14:30 ひがしこうちの青い海を堪能できるカフェ「SEA HOUSE」

高知東部をまわった旅の最後は海の景色で締めたいと、やってきたのはご・な線「西分駅」から徒歩15分ほどの海沿いにあるカフェ「SEA HOUSE」。歩くと少し距離があるので安芸駅前からバスに乗り、カフェまで数分の場所にある西寄バス停から向かいました。

SEA HOUSEは岸壁に海に突き出すような形で立つカフェ。しかもガラス張りなので眺望がすばらしく、遠く水平線まで良く見えます。

1階と2階にタイプの違った席が用意されており、たくさんの人で賑わっていましたが、人気の秘密はこのロケーションだけでなく丁寧な接客と美味しいドリンクやスイーツ。

フレンチトーストはふんわりしたパンにアパレイユがしっかりしみ込んで甘さ控えめ、苦みを加えるキャラメルソースが絶品のデザート。コーヒーもとても美味しくてゆっくり時間を過ごせました。

最後に素敵なカフェと青い海を堪能出来て、来てよかったなと思える場所でした。

SEA HOUSE
住所高知県安芸郡芸西村西分字休場乙54-1
営業時間11:30~20:00 (L.O.19:30)
webhttp://tawaraya.org/

高知県東部ののんびりと穏やかな時間の流れは、日頃の疲れやストレスから解放されるひとときを与えてくれます。洞窟や睡蓮浮かぶ庭園、ご・な線からの青い海の景色に癒され、たくさんの思い出を作れました。何気ない風景がきれいで思わず立ち止まってしまった場所もありました。季節ごとに楽しめる自然、海、農産物。1度の旅では楽しみ尽せない、豊かな緑いっぱいのひがしこうちでした。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.