渋谷を観光しようと意気込んだものの、人やモノがあふれていて何を楽しめばいいのかわからないという方のために、おすすめ観光スポットを厳選して紹介。定番の待ち合わせスポットから最新の商業施設、ちょっと通なエリアまで、外せない見どころを押さえて、渋谷観光を満喫してください。
画像1: 【2020年最新】渋谷のおすすめ観光スポット10選!定番から最先端までをまるっとガイド

渋谷は定番スポットも最先端も楽しめる街

渋谷を観光するなら、まずは訪れたいスポットをリストアップしておきましょう。あらゆるジャンルのお店や見どころが点在しているため、行く前に場所を把握しておくとスムーズ。一度は訪れておきたい定番スポットと、東京の最先端を感じることのできるスポットを紹介していきます。

渋谷のなかでも、定番として世代を超え、長く親しまれているスポットを紹介します。渋谷独特の賑やかな雰囲気を感じられるでしょう。

待ち合わせ場所として親しまれる「ハチ公像」

画像: beibaoke / Shutterstock.com

beibaoke / Shutterstock.com

日本で最も有名な待ち合わせ場所といえば、まっさきに思い浮かぶのが、この銅像。JR渋谷駅ハチ公口のすぐ前にあり、いつも大勢の人で混雑しています。

大正時代、亡き主人の帰りを毎日待ち続けたという秋田犬の忠犬ハチ公がモデル。初代ハチ公像は戦時中の金属供出で失われましたが、1948年(昭和23年)に再建されました。

以来、渋谷のシンボルとして親しまれ、最近は外国人観光客にも人気のスポットに。変貌を続ける街の景色を、今日も静かに見守っています。

言わずと知れた若者文化の中心地である「渋谷センター街」

画像: 言わずと知れた若者文化の中心地である「渋谷センター街」

渋谷のスクランブル交差点から約350m続く繁華街が渋谷センター街。文化村通りと井ノ頭通りに挟まれたエリアに、アパレルショップ、飲食店、カラオケ店など、あらゆる店舗がひしめき合っています。

もとは、この地を流れる宇田川を暗渠化して道を整備したのが始まり。1990年代には、ルーズソックスを履いた女子高生たちの聖地となりました。一時は治安が悪化したものの、近年は改善。最新スポットも増え、歩くだけでも楽しい刺激的な場所です。

エネルギッシュな東京を象徴する「渋谷スクランブル交差点」

画像: Shutterstock.com

Shutterstock.com

信号が変わると、一斉に動き出す人の波。一度に横断する人数は多い時で3,000人以上、世界で最も混み合う交差点のひとつが渋谷スクランブル交差点です。周囲には巨大ビジョンや看板があふれ、まさに喧騒の東京を凝縮したような風景。映画やドラマにもたびたび登場し、フォトジェニックな場所として海外でも知られています。

近くに立つビルの屋上にある展望施設は、交差点を上から見下ろせる絶好の撮影スポット。ネオン輝く夜景や、色とりどりの傘が咲く雨の日の光景も素敵です。

実力ある若手芸人が総出演する「ヨシモト∞ホール」

画像1: 実力ある若手芸人が総出演する「ヨシモト∞ホール」

ヨシモト∞ホールは、東京吉本の人気若手芸人を中心とした総合エンターテインメントの劇場。若手ならではの新鮮なネタや、爆笑企画満載のライブを毎日開催しています。才能あふれる芸人発掘の場所でもあり、次世代のお笑い界を席巻する実力派にいち早く出会えるかも。

全218の客席は半円形のすり鉢状で、どの席からもステージがはっきり見渡せます。詳しい公演スケジュールは公式webサイトでチェック。旅の思い出に、笑いをプラスしてみませんか?

画像2: 実力ある若手芸人が総出演する「ヨシモト∞ホール」
ヨシモト∞ホール(よしもとむげんだいほーる)
住所東京都渋谷区宇田川町31-2 渋谷BEAMビルB1
電話03-5728-8880
営業時間12:00~22:00
定休日無休
webhttp://www.yoshimoto.co.jp/mugendai/

東京の最先端を体感するなら「渋谷PARCO」

画像: 東京の最先端を体感するなら「渋谷PARCO」

建て替えのための一時クローズから約3年。新しく生まれ変わった渋谷パルコが、2019年11月22日にグランドオープンを迎えました。地下1階~地上9階と10階の一部に、多彩な個性が光る193店舗が入居。ファッション、アート&カルチャー、エンターテインメント、フード、テクノロジーの5つをテーマとした、独自のフロア作りが魅力です。

建物は、渋谷の特徴である「坂」と「通り」を意識したユニークな設計で、渋谷の街を歩くようにショッピングが楽しめます。

ワインも楽しめるお花屋さん「THE LITTLE BAR OF FLOWERS」

画像1: ワインも楽しめるお花屋さん「THE LITTLE BAR OF FLOWERS」

原宿駅近くで人気のアトリエ兼フラワーショップ、THE LITTLE SHOP OF FLOWERSが渋谷パルコに新しくオープン。日中はお花屋さん、夜はワインスタンドに変わるという珍しいスタイルが注目されています。

画像2: ワインも楽しめるお花屋さん「THE LITTLE BAR OF FLOWERS」

花とドライフラワーが並び、賑やかながら洗練された印象の店内が魅力的。ギフトにぴったりの小物やお菓子も販売しています。独自のセンスでつくりあげられた世界観のなか、ワイン片手に心地よいひとときを過ごせるおすすめのスポットです。ショップの営業時間は10~19時、ワインスタンドは19~24時(不定休)。

「Nintendo TOKYO」人気シリーズのグッズが勢ぞろい

画像: 「Nintendo TOKYO」人気シリーズのグッズが勢ぞろい

国内初の任天堂オフィシャルストアがNintendo TOKYO。スーパーマリオ、ゼルダの伝説、どうぶつの森、スプラトゥーンの4シリーズを中心とした限定グッズがずらり。最新のゲームソフトを体験できるスペースも用意されています。
※商品によっては品切れの可能性がございます。あらかじめご了承ください。

「ポケモンセンターシブヤ」で大人の心をくすぐる限定アイテムを

画像: (c)2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

(c)2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

「ポケモンセンターシブヤ」の黒を基調とした店内は、クールな大人の雰囲気。グラフィティアート柄のピカチュウのぬいぐるみや、スワロフスキー・クリスタルをちりばめたスマホケースなど、ゴージャスでセンスあふれる限定商品が並びます。
※商品によっては品切れの可能性がございます。あらかじめご了承ください。

最先端カルチャーを発信する「GALLERY X」

画像: 最先端カルチャーを発信する「GALLERY X」

渋谷パルコの建て替えにより、スペイン坂に移転していた直営ギャラリーが、新生パルコで再スタート。ハイカルチャーからオタクコンテンツまで、幅広い企画展を開催。独自性を追求したラインナップに注目です。

渋谷PARCO(しぶやぱるこ)
住所東京都渋谷区宇田川町15-1
電話03-3464-5111(代表)
営業時間〈ショップ〉10:00〜21:00
〈レストラン〉11:00〜23:30
※一部店舗により異なる
定休日不定休
webhttps://shibuya.parco.jp/

話題の「渋谷スクランブルスクエア」

画像1: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

2019年11月1日に誕生した渋谷再開発の目玉となる新名所が渋谷スクランブルスクエア。エリア一帯で最も高い地上約230m、47階建ての超高層ビルは、街の中でひと際存在感を放っています。

地下2階~地上14階が商業施設で、日本初上陸7店、渋谷エリア初出店49店、新業態39店を含む213のショップやレストランが集結。訪れた際にはぜひ食べてほしいスイーツやおすすめのお土産も、あわせて紹介します。

画像2: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

屋上の展望施設であるSHIBUYA SKY(渋谷スカイ)では、特別な眺望体験を満喫できます。渋谷駅直結でアクセスも抜群。今回開業したのは東棟で、中央棟と西棟は2027年度に完成予定です。

画像3: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 ショップ&レストラン
電話03-4221-4280
営業時間10:00〜21:00
12階11:00~23:00
13階11:00~24:00(一部店舗により異なる)
定休日不定休
webhttps://www.shibuya-scramble-square.com/

展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」で空と一体に

画像4: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

眼下に広がるのは、360度の壮大なパノラマ。視界をさえぎるものは何もなく、空に溶け込むような浮遊感が味わえます。ここは、渋谷最高峰の地上約230mにある国内最大級の屋上展望空間。晴れた日には、東京の街並みの向こうに富士山を一望できます。

画像5: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

ハンモックに寝そべりながら、ぼんやり空を見上げて過ごすのも贅沢。幻想的な夕景や、きらめく夜景も必見です。館内での最新テクノロジーを駆使した光や映像の演出は一層気分を盛り上げてくれ、非日常の世界に心奪われます。

画像6: 提供:渋谷スクランブルスクエア

提供:渋谷スクランブルスクエア

SHIBUYA SKY/渋谷スカイ
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
14階、45階・46階・屋上
電話03-4221-0229
営業時間9:00~23:00
(最終入場22:00)
定休日不定休
webhttps://www.shibuya-scramble-square.com/sky/

“黒い森”をイメージしたフォレノワール

画像: (c) Yusuke kagayama  フォレノワール(1カット)1,200円(税別)

(c) Yusuke kagayama  フォレノワール(1カット)1,200円(税別)

カカオ豆の粉砕から完成まで、全工程をショコラティエが手がけるショコラトリーが「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。渋谷スクランブルスクエア店限定のフォレノワールは、エグゼクティブ・シェフのジュリアン・キンツラーの故郷、フランスのアルザス地方発祥のお菓子。

ショコラのジェノワーズ、シャンティイクリーム、ショコラクリーム、グリオット(さくらんぼのシロップ漬け)などが層になった贅沢なデザートです。(※デザートサロン限定メニュー)

ル・ショコラ・アラン・デュカス
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 
ショップ&レストラン1階 東急フードショーエッジ
電話03-6452-6190
営業時間10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日不定休
webhttps://lechocolat-alainducasse.jp/

つつみ〈黑〉は大切な人へのお土産に

画像: つつみ〈黑〉3,000円(税別) ※数量限定

つつみ〈黑〉3,000円(税別) ※数量限定

つつみ〈黑〉は、フレッシュバターを贅沢に使ったバターサンドと、濃厚なショコラフレーバーのバターサンド〈黑〉をオリジナルデザインの風呂敷に包んだ店舗限定セット。さまざまなシーンでのギフトに最適な逸品です。

PRESS BUTTER SAND/プレスバターサンド
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
ショップ&レストラン1階 Carat(カラット)東急フードショーエッジ
電話03-6803-8570
営業時間10:00~21:00
定休日不定休
webhttps://buttersand.com/

見た目も美しい珠玉のモンブラン

画像: モンブラン 850円(税別)※数量限定

モンブラン 850円(税別)※数量限定

パリ発のパティスリー「モリ・ヨシダ・パリ」が日本初上陸。モンブランは、ドレープのような美しい姿が印象的です。中心には、マロンをしのばせたクリームシャンティがたっぷり。パイ生地の一種であるパータフィロの食感がアクセント。

MORI YOSHIDA PARIS/モリ・ヨシダ・パリ
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
ショップ&レストラン1階 東急フードショーエッジ
電話03-6452-6191
営業時間10:00~21:00
定休日不定休
webhttp://moriyoshida.fr/ja

関連記事

大人のための上質な店舗がそろう「東急プラザ渋谷」

画像1: 大人のための上質な店舗がそろう「東急プラザ渋谷」

2019年12月5日にグランドオープンした東急プラザ渋谷は、「大人をたのしめる渋谷へ」がコンセプト。「食」「健康」「美」「趣味」「ライフプラン」をテーマに、渋谷エリア初出店となる老舗ブランドやこれまでにない新業態の店舗など、心と身体の美と健康に感度の高い大人向けの69店舗がそろっています。

あえてターゲットにした大人たちに、渋谷のおもしろさを再発見してもらえるフロア展開になっており、若者の街というイメージとはまた別の渋谷の顔が楽しめるでしょう。

画像2: 大人のための上質な店舗がそろう「東急プラザ渋谷」
東急プラザ渋谷
住所東京都渋谷区道玄坂1-2-3
電話03-3464-8109(受付時間 10:00~21:00)
営業時間〈ショップ・カフェ〉10:00〜21:00
〈レストラン〉11:00〜23:00
※一部店舗により異なる
定休日不定休
webhttps://shibuya.tokyu-plaza.com/

多様な文化に触れられる「MAGNET by SHIBUYA109」

画像: 多様な文化に触れられる「MAGNET by SHIBUYA109」

「シブヤのシゲキ。」をコンセプトに、刺激的なアートや音楽などさまざまなコンテンツが楽しめる商業施設がMAGNET by SHIBUYA109です。館内階段の壁一面を使って大胆に描かれたアートや、渋谷ならではの「シブヤメシ」が食べられる飲食フロアなど、エンタテイメント性の高さで注目されています。

スクランブル交差点のおすすめ撮影スポット

画像: 「CROSSING VIEW(クロッシングビュー)」

「CROSSING VIEW(クロッシングビュー)」

MAGNET by SHIBUYA109の屋上は、アートを楽しみながらのんびりくつろげるだけではなく、CROSSING VIEW(クロッシングビュー)という展望台があり、スクランブル交差点を上から一望できる貴重な撮影スポットでもあります。ぜひ展望台から見える渋谷を写真におさめてみください。

画像: 自由にラクガキが楽しめる展望台「ASIATO(アシアト)」

自由にラクガキが楽しめる展望台「ASIATO(アシアト)」

2019年11月には展望台内に、雨天でも楽しめる新スポットASIATOが登場しています。

MAGNET by SHIBUYA109/マグネットバイシブヤイチマルキュー
住所東京都渋谷区神南1-23-10
電話03-3477-5111
営業時間10:00~21:00(※店舗により異なる)
定休日1月1日
料金CROSSING VIEW&ASIATO
入場料金 600円
webhttps://magnetbyshibuya109.jp/

都会のなかの水辺空間「渋谷ストリーム」

画像1: (c)渋谷ストリーム

(c)渋谷ストリーム

渋谷ストリームは渋谷川の水辺の風景に調和した大規模複合施設として、2018年9月にオープン。ランダムに配置されたホワイトパネルの斬新な外観デザインは、街の近未来をイメージしています。

画像2: (c)渋谷ストリーム

(c)渋谷ストリーム

1~3階には約30軒の飲食店が集まり、気軽に使えるカフェから、世界各国の料理が楽しめるレストランや居酒屋まで、流行に左右されない渋谷流のラインナップがそろいます。渋谷川に設けられた広場や川沿いの遊歩道は、渋谷の癒しスポット。イベントやお散歩を楽しむことができる空間です。

渋谷ストリーム/SHIBUYA STREAM
住所東京都渋谷区渋谷3-21-3
電話0570-050-428(インフォメーションカウンター 10:00~21:00)
営業時間店舗により異なる
定休日店舗により異なる
webhttps://shibuyastream.jp/

新しくなった飲食フロアが女性の人気を集める「渋谷ヒカリエ」

画像: (c) Shibuya Hikarie

(c) Shibuya Hikarie

東急文化会館のDNAを受け継ぎ、渋谷ヒカリエがその跡地にオープンしたのは2012年4月のこと。以来、最新トレンドやカルチャーの発信地として人気を誇っています。2019年1月には、6階と7階の飲食フロアがリニューアル。女性好みのヘルシーなカフェやレストランが増え、さらに魅力的に進化しました。

画像: 新しくなった飲食フロアが女性の人気を集める「渋谷ヒカリエ」

11階には、本格ミュージカル劇場「東急シアターオーブ」があり、国内外の作品を上演。クオリティの高いエンターテインメントを堪能できます。

自由なクリエイティブスペース「8/」

画像: 自由なクリエイティブスペース「8/」

クリエイティブスペース「8/」は、多目的に活用できるスペース「コート」をはじめ、短期間でコンテンツが入れ替わるギャラリーやオフィスにも使えるラウンジ、ショップなどさまざまな可能性を詰め込んだ複合型のスペース。ここから発信されるクリエイションに惹かれ、日々多くの人々が集まります。

そのなかでもぜひ立ち寄ってほしいのが、テーマに沿って全国から集めたアイテムを都道府県別に展示する「d47 MUSEUM」。d(=デザイン)と47都道府県をテーマにした「d47」名義でミュージアムのほかにも、食堂、ショップを展開しています。バラエティに富んだ都道府県の魅力を旅気分で味わってみましょう。

渋谷ヒカリエ/Shibuya Hikarie
住所東京都渋谷区渋谷2-21-1
電話03-5468-5892
営業時間〈ショップ〉10:00〜21:00
〈レストラン〉6F 11:00~23:00 7F 11:00~23:30(日曜は23:00まで)
〈Creative Space 8/〉11:00~20:00(一部店舗は23:00まで)
定休日無休
webhttp://www.hikarie.jp/

落ち着いた雰囲気漂う大人の街、「奥渋谷」

渋谷駅からやや離れた神山町、宇田川町、富ヶ谷の界隈は、賑やかな渋谷のイメージとは一線を画す静かなエリア。この辺りは奥渋谷と呼ばれ、落ち着いた雰囲気が漂っています。

おしゃれな雑貨店やギャラリー、居心地抜群のカフェ、こだわりのコーヒーショップ、こぢんまりとした粋なダイニングなど、大人が楽しめる洗練された店が点在。代々木公園にも近く、のんびりと散歩するのにぴったりです。気ままに路地を歩けば、自分好みの素敵な隠れ家スポットに出会えるかもしれません。

画像: 落ち着いた雰囲気漂う大人の街、「奥渋谷」

「SPBS本店」は奥渋谷の文化発信地

画像: 「SPBS本店」は奥渋谷の文化発信地

奥渋谷を支えるカルチャー拠点といえば出版社兼本屋さんであるSPBS本店。ガラス越しに編集部が見える店内には、エッジの効いたセレクトでつい長居して読み漁りたくなる本がずらりと並びます。

ここでは書店員と編集部が主催するイベントやワークショップも不定期で開催されているため、ぜひwebサイトを確認して出かけてみてください。スタッフの方が独自の視点で選んだ文具や雑貨にも注目です。

SPBS本店(えすぴーびーえす ほんてん)
住所東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
電話03-5465-0588
営業時間11:00~23:00(日曜は22:00まで)
※イベントなどにより変更あり
定休日不定休
webhttps://www.shibuyabooks.co.jp/

「EW.Pharmacy」で美しいドライフラワーをオーダー

EW.Pharmacyは調剤薬局がコンセプトのドライフラワーショップです。カウンターに並ぶ花々の中から好みのものを選び、店員さんに調合してもらうようにパッケージに仕立ててもらいます。

パッケージ済みのものも購入可能で、店員さんに花を選んでもらうこともできるため、ギフトとしても人気です。ドライフラワーにもかかわらず、独自の加工やペイントによって鮮やかなイメージが保たれた花々をぜひオーダーしてみてください。

EW.Pharmacy(いーだぶりゅーふぁーましー)
住所東京都渋谷区富ヶ谷1-14-11
電話03-6407-0701
営業時間13:00~20:00
定休日不定休
webhttps://edenworks.jp/ew-pharmacy/

さまざまな文化を発信し親しまれてきた定番スポットと、東京の最先端スポットの両方を楽しむことができるのが渋谷の魅力。多くの人々が行き交う渋谷で、独特の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.