ダイナミックな断崖や奇岩が数多く点在する、三陸沿岸の海岸線。連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地となった久慈市や、自然が生み出した大地の造形美をめぐる感動的なコースです。

岩手県1泊2日のモデルコース日程

10:00 道の駅「いわいずみ」

龍泉洞の化粧水、いわいずみ短角牛肉をはじめ、岩泉町内の特産品なら何でも揃う「わくわくハウス」、地元のとれたて野菜や旬の農産物の直売所「わくわく市場」、地場の食材を使ったメニューが自慢の「レストラン岩泉」、軽食コーナー「いわいずみカフェフォンターナ」が併設されています。(所要時間30分)

道の駅「いわいずみ」
住所岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字乙茂90-1
Tel0194-32-3070
営業時間夏季8:30~18:00/冬季8:30~17:30
休日年中無休
アクセス三陸鉄道岩泉小本駅から車で約15分

車で45分

11:15 浄土ヶ浜

三陸復興国立公園のほぼ中心に位置する浄土ヶ浜は、宮古の代表的な景勝地です。鋭くとがった白い流紋岩と海の青、岩上の松の緑が絶妙のコントラストを織りなし、日本庭園や絵画のような美しさを見せる浄土ヶ浜。江戸時代の僧、宮古山常安寺七世霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことからその名が生まれたと伝えられています。エメラルドグリーンの水面と岩に囲まれた神秘的な洞窟に入る「青の洞窟さっぱ船遊覧」、船を追って海面を舞ううみねこの餌付けが楽しい「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」も人気です。(いずれも冬期休業あり、事前にお問い合わせください。)(所要時間90分)

浄土ヶ浜
住所宮古市日立浜町
Tel0193-62-3534(一般社団法人宮古観光文化交流協会)
青の洞窟さっぱ船遊覧:0193-63-1327(浄土ヶ浜マリンハウス)
みやこ浄土ヶ浜遊覧船:0193-62-3350(岩手県北自動車(株)遊覧船事業部)
休日「青の洞窟さっぱ船遊覧」「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」:いずれも冬期休業あり、事前にお問い合わせください。
料金青の洞窟さっぱ船遊覧:1名1,500円
みやこ浄土ヶ浜遊覧船:大人1,400円(中学生以上)、小人700円(6歳~小学6年まで)、幼児無料(5歳以下)
アクセスJR・三陸鉄道宮古駅から車で約10分、第1~3駐車場から徒歩約10~15分
JR・三陸鉄道宮古駅からバス(奥浄土ヶ浜行)で約20分、バス停奥浄土ヶ浜下車
東北自動車道盛岡南ICから車で約120分 第1~3駐車場から徒歩約10~15分

車で20分

13:05 宮古市魚菜市場

2019年3月23日にリニューアルオープン。三陸沖から水揚げされた新鮮な魚介類や海産物加工品、地元農家が育てた野菜がずらりと並ぶ市場。多数のお店が軒を連ねるほか、中央広場では農家のお母さんたちが自慢の野菜を販売しています。宮古市民の台所とも言われ、人情にあふれた交流市場です。ここで三陸の海の幸をお土産にしてはいかがでしょうか。お土産用に梱包、発送もしてくれます。(所要時間30分)

宮古市魚菜市場
住所岩手県宮古市五月町1-1
Tel0193-62-1521
営業時間6:30~17:30
休日水曜日
アクセスJR・三陸鉄道宮古駅から徒歩約10分

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.