秋田県の県南エリアを、秋田空港発着、2泊3日のモデルコースでご紹介。お店も酒造も住宅も、創業100年以上の歴史を感じるものばかりで見どころ満載です。忘れかけていた古き良き日本の暮らしを、県南エリアをめぐりながらぜひご体験ください。

秋田県2泊3日のモデルコース日程

秋田空港から横手市へのアクセス

まずは、秋田空港から横手市へと移動。秋田空港からは、次の方法で移動することができます。

①エアポートライナー(栗駒号 秋田空港〜横手/約1時間15分)
※運休となっている場合がございます。利用時にご確認ください(湯沢タクシー 0183-73-2130)

②リムジンバス(秋田駅行/約40分)→電車(JR秋田駅〜JR横手駅/約1時間20分)

③レンタカー(約1時間)

横手市へ到着したら、さっそく観光スタートです。

横手市ふれあいセンターかまくら館|ヒンヤリかまくら体験を【所要時間:30分】

マイナス10度に保たれた中で、一年中本物の「かまくら」を体験できるファンタジックギャラリーが人気。館内には(一社)横手市観光協会の事務局が常駐しているので、市内の観光案内もバッチリ。横手の特産品を集めた物産ショップもあり、横手市内の観光拠点としてご利用いただけます。

横手市ふれあいセンターかまくら館
住所秋田県横手市中央町8-12
電話0182-33-7111(一般社団法人 横手市観光協会)
営業時間9:00~17:00
休館日12月29日~1月3日(その他臨時休館あり)
料金高校生以上 4館共通チケット100円(かまくら館、横手城展望台、石坂記念館、金沢資料館が利用可能)、中学生以下無料
アクセス横手駅から徒歩10分、横手ICから車で5分

車で約5分

秋田ふるさと村|秋田の風土を楽しみ、味わい尽くす【所要時間:1〜2時間】

東京ドーム約4個分もの広い敷地に、美術館やプラネタリウム、アスレティックが揃い、一日中遊べる施設。伝統工芸を一同に集めた工芸展示館は見ごたえたっぷりで、工芸工房では作業風景が間近で見ることができ、体験教室も開催しています。秋田の郷土料理が食べられるレストランやお土産店も見逃せません。

秋田ふるさと村
住所秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46
電話0182-33-8800
営業時間9:30~17:00
休館日なし(1月中旬にメンテナンス休村あり)
入場料無料
アクセス秋田自動車道横手ICから車で1分、横手駅からバスで15分

車で約30分

佐藤養助 漆蔵資料館|名物・稲庭うどんの歴史を知る【所要時間:1時間】

漆塗りの梁と床が目にまばゆい内蔵は、江戸時代末期より大正時代にかけて造られたもので、六十数年もの永い年月が費やされたといわれています。当時としては、最上級の職人の技の粋を結集して造られた、漆塗りの芸術品です。2階には、万延元年(1860年)創業の「佐藤養助 稲庭干饂飩」の永い歴史を物語る、貴重な資料を展示。また、稲庭うどんメニューや創作懐石が楽しめるお食事処『養心庵』が併設されています。

佐藤養助 漆蔵資料館
住所秋田県横手市増田町増田字本町5
電話0182-45-5430
営業時間資料館見学 9:00~17:00、お土産 9:00~17:00、お食事 11:00~15:00(当面の間、休止)
休館日年末年始、11月中旬〜4月末は月曜日休館、5月初旬〜11月中旬は不定休
料金資料館の見学は無料(2021年7月1日より内蔵見学料金200円、中学生以下は無料)
アクセスJR十文字駅から車で約10分、湯沢横手道十文字ICから車で約15分

歩いて約3分

増田の町並み|明治〜昭和の商人街へタイムスリップ【所要時間:2時間】

雄物川の2つの支流、成瀬川と皆瀬川の合流地点に位置する増田町は、古くから産業・交通・物流の要として栄えました。町の中心にある中七日町通りには明治から昭和初期にかけて商人が築いた町並みや、外からは見ることができない内蔵が今も残されています。内蔵は、商売人にとって成功の証であり、一方で、それを作る職人たちにとっては、最先端の技の見せ所でもありました。増田の町並みは、文化的な価値が非常に高いとの評価を受け、平成25年12月には、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。「佐藤又六家」や「山吉肥料店」などは現在も使用されており、住んでいる方から直接解説が聞ける貴重な体験もできます。

増田の町並み
住所秋田県横手市増田町増田
電話0182-45-5311 (一般社団法人 増田町観光協会)
アクセス奥羽本線JR十文字駅から車で約10分、湯沢横手道十文字ICから車で約15分

※営業時間等はそれぞれの店舗で異なるため、一般社団法人 増田町観光協会にお問い合わせください

車で約1分

横手市増田まんが美術館|日本初のまんが美術館で、魅力を再発見【所要時間:1時間】

郷土の誇る漫画家、矢口高雄さんのフィールドワークを紹介すると共にアトリエも再現したまんが工房。漫画の歴史や県内外の著名な漫画家の原画を展示しています。

横手市増田まんが美術館
住所秋田県横手市増田町増田字新町285
電話0182-45-5569
営業時間9:00~18:00(入館は17:30まで)
休日毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)
料金常設展は無料(特別企画展は有料)
アクセス奥羽本線 十文字駅からバスで10分

宿にチェックイン

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.