加賀温泉郷のひとつで明治時代に誕生した温泉街・片山津温泉。1日に7度色を変えるといわれている柴山潟のほとりに広がり、湖畔からは日本三名山のひとつに数えられる霊峰・白山を望むことができます。加賀の豊かな自然と歴史に触れながら静かに過ごせる片山津温泉の見どころをご紹介します。
画像1: 自然と文化と名湯と。北陸の魅力がギュッとつまった片山津温泉をめぐる

自然豊かな湖のほとりに広がる温泉街・片山津温泉

石川県南西部の加賀市に位置し、小松空港から車でわずか15分。穏やかな水面を湛えた柴山潟の湖畔に、大小の温泉宿が立ち並ぶ片山津温泉はあります。

山代温泉、山中温泉、粟津温泉とともに「加賀温泉郷」のひとつに数えられるこの温泉地は、明治10年に最初の温泉旅館が開業して以来、北陸を代表する温泉街として栄えてきました。柴山潟とその周辺では自然の中でアクティビティを楽しんだり、レトロな温泉街を散歩したり、もちろん加賀の伝統文化やグルメも堪能できたりと、北陸の魅力がギュッと詰まった温泉街です。

【街を散策】美景と名湯を楽しみながらレトロな湯の町をぶらり

画像1: 【街を散策】美景と名湯を楽しみながらレトロな湯の町をぶらり

片山津温泉を訪れたら、まず楽しみたいのが湯の町散策のひととき。1日に7度色彩を変えることから「彩湖」とも称されてきた柴山潟には、全長716mの湖畔遊歩道や1周約7kmのサイクリングロードが整備されており、湖畔に広がる美しい風景をのんびり楽しむことができます。

湖畔散策を楽しむなら、日本海に沈む夕日が白山連峰を茜色に染める夕暮れ時や、山々の向こうから太陽が昇る早朝の時間帯が特におすすめです。太陽の位置によって刻々と変化する風景は、思わずため息が出るほどドラマティック。また、柴山潟には高さ70mもの水しぶきを上げる「大噴水」や、夜のライトアップが美しい「浮御堂」などの見どころも点在。カメラを片手に湖畔を歩けば、きっとお気に入りの風景を見つけられるはずです。

画像2: 【街を散策】美景と名湯を楽しみながらレトロな湯の町をぶらり

散策の合間に立ち寄りたいのが、柴山潟の湖畔に佇む「片山津温泉 総湯」です。「総湯」とは、温泉地の共有財産として大切に守られてきた共同浴場のこと。2012年にオープンした片山津温泉の新たな「総湯」は、柴山潟や白山連峰を望む抜群のロケーションで、世界的な建築家の谷口吉生が設計を手掛けたモダンな建築も印象的。

館内には湖の風景との一体感を楽しめる「潟の湯」と木々を望む「森の湯」という2種類の浴場があり、男女日替わりで楽しめます。毎日のように通う地元の人も多い「片山津温泉 総湯」ですが、もちろん観光客の利用も可能。美しい風景と肌にしっとり馴染む名湯の力を、ぜひ体感してください。

片山津温泉 総湯

住所石川県加賀市片山津温泉乙65番地2
電話0761-74-0550
営業時間6:00~22:00
定休⽇無休
料金入浴料大人460円

片山津温泉の街の中には、ほかにも湯の街らしさあふれる散策スポットが点在しています。たとえば温泉街の中心に広がる砂走公園には、片山津温泉の源泉がかけ流しにされる屋根付きの足湯「足の湯 えんがわ」(無料)や、ユニークな形の建物が特徴的な「片山津温泉配湯所」など。配湯所はここから各旅館に源泉を分配する重要な役割の施設(建物内は見学不可)です。

また、温泉街の小さな路地を歩けば、昭和レトロな雰囲気が漂うどこかノスタルジックな風景にも出合えます。好奇心の赴くままに温泉街を歩き、美しい風景と名湯を楽しむ。そんな旅の時間こそが、片山津温泉を旅する大きな魅力なのです。

片山津温泉

住所石川県加賀市片山津温泉
webhttp://www.katayamazu-spa.or.jp/

【文化と伝統に触れる】湖底土で染める晶子染め体験やパワースポットめぐり

画像1: 【文化と伝統に触れる】湖底土で染める晶子染め体験やパワースポットめぐり

片山津温泉の文化や歴史に触れたいなら、まずは温泉街の中心に位置する「芸妓検番『花館』」を訪れてみてください。大正9年に芸妓の練習場として建てられ、紅殻格子が目を引く美しい空間では、片山津温泉ならではの泥染め「晶子染め体験」を体験することができます。

画像2: 【文化と伝統に触れる】湖底土で染める晶子染め体験やパワースポットめぐり
画像3: 【文化と伝統に触れる】湖底土で染める晶子染め体験やパワースポットめぐり

「晶子染め」とは、片山津温泉の源泉と柴山潟の湖底土を使った泥染めのことで、淡い紫色に染まる色彩が、与謝野晶子が片山津で詠んだ「風起こり うす紫の波うごく 春の初めの片山津かな」という歌をイメージさせることから名付けられたそう。

シルクの生地を輪ゴムでしばって模様を付け、源泉や泥を使ってゆっくり染め上げる「晶子染め体験」は、初心者や子どもでも気軽に楽しめるプログラムで、所要時間は約1時間。片山津の温泉と柴山潟の土が生み出す、世界でひとつだけのオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか。

「芸妓検番『花館』」では、「晶子染め体験」のほかに、加賀伝統の「水引」を作る「水引体験プログラム」も用意されています。水引というと難しそうなイメージがありますが、経験豊富な先生があわじ結びや梅結びといった基本の結び方を丁寧に教えてくれるので大丈夫。1時間ほどの体験では、色とりどりの水引を使って、飾り紐や箸置き、ピアスなど、さまざまな作品作りを楽しめます。

芸妓検番「花館」

住所石川県加賀市片山津温泉モ2-2
電話0761-74-7778
営業時間10:00~12:00、13:00~16:00 ※予約優先
定休⽇要問い合わせ
料金晶子染め体験ハンカチ1,000円、バンダナ1,500円、スカーフ2,000円、水引体験1,500円

片山津温泉を訪れたら、知る人ぞ知るパワースポット「愛染寺」に足を運んでみるのもおすすめです。温泉街や柴山潟を一望する「愛染寺」は片山津温泉の守護寺であり、護摩堂の本尊に縁結びの仏として知られる愛染明王を祀るお寺。特に注目したいのが、漆塗りの赤いハートに願いを書き、絵馬にはめ込む「一心絵馬」。日本でも珍しいはめ込み式の絵馬は、良縁成就はもちろん、就職成就や家内円満など、さまざまな“縁”を結んでくれると評判です。

また、「愛染寺」の境内を歩けば、護摩堂を彩るステンドグラスの曼荼羅や加賀紙衣の作品など、さまざまな伝統工芸品やアート作品を目にすることもできます。凛とした空気に包まれたパワースポットを訪れ、縁結びを願い、伝統文化に触れる。そんな旅の時間が「愛染寺」にはあるのです。

愛染寺

住所石川県加賀市片山津温泉11-3-5
電話0761-74-0169
拝観時間6:30〜17:30(季節により変動あり)
定休⽇無休
料金拝観無料、一心絵馬1,000円

【大自然を満喫】柴山潟でカヤック体験。雪の不思議に触れる科学館も

片山津温泉のシンボルとして愛される柴山潟ですが、その美しさをより深く楽しむなら2022年夏にスタートする予定の「カヤック体験」もおすすめです。柴山潟は、砂丘によって日本海と隔てられたラグーンなので、波や流れが比較的穏やか。そのため、初心者がカヤックを楽しむのにうってつけのフィールドです。カヤックやパドルはもちろん、ウエアのレンタルも充実しているので、手ぶらでカヤックに挑戦することができます。

柴山潟の自然を熟知したガイドの案内のもと、カヤックでゆっくりと湖を進んでゆくと、周囲には白山連峰や片山津温泉の街並みが広がり、湖上にはさまざまな水鳥の姿も。水の上を滑るように進むカヤックの心地良さと美しい風景を実感する、優雅な湖上散策のひとときを楽しんでください。

柴山潟 カヤック体験

電話0761-74-1123(片山津温泉観光協会 )
画像1: 【大自然を満喫】柴山潟でカヤック体験。雪の不思議に触れる科学館も

カヤック体験のあとにぜひ訪れたいのが、柴山潟の湖畔にある「中谷宇吉郎 雪の科学館」。1900年に片山津温泉に生まれた中谷宇吉郎は、史上初めて人工雪の製作に成功した世界的な物理学者。同館では、中谷宇吉郎の功績や足跡に関する展示を行っています。

こちらでは展示だけでなく、雪や氷に関する実験の実演も見どころ。たとえば「ダイヤモンドダストと過冷却水の実験」では、冷凍庫の中でダイヤモンドダスト(氷晶)を再現。シャボン膜で捕まえたダイヤモンドダストが、美しい六角形の結晶となる様子は、息を呑むほど美しく、神秘的です。そのほかにも「チンダル像の実験」や「氷のペンダントをつくる実験」など体験型の展示が充実。雪や氷の不思議な魅力に思わず引き込まれてしまいます。

画像2: 【大自然を満喫】柴山潟でカヤック体験。雪の不思議に触れる科学館も

ちなみに柴山潟の風景と調和するように立つ建物は、建築家の磯崎新によって設計されたもの。中庭では、中谷宇吉郎の娘であり、芸術家として活動する中谷芙二子が手掛けた「霧の彫刻」作品が展示されています。

中谷宇吉郎 雪の科学館

住所石川県加賀市潮津町イ106番地
電話0761-75-3323
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休⽇水曜(祝日の場合は開館)
料金一般560円

【周辺エリア】野鳥観察や北前船の歴史と文化に触れる

柴山潟を含む加賀市の日本海沿岸部は、越前加賀海岸国定公園に指定されるエリア。片山津温泉から一歩足をのばせば、さらなる名所や見どころに出合うことができます。

たとえば車で20分ほどの「片野鴨池」は、日本有数のガンやカモの越冬地として知られる場所。例年11月上旬~2月末頃には、国の天然記念物に指定されるマガンやヒシクイのほか、トモエガモ、コハクチョウなど数千羽の水鳥が集まります。

鴨池に隣接する「加賀市鴨池観察館」では、双眼鏡や望遠鏡を使って水鳥の姿を観察できるほか、レンジャーによる水鳥の解説や自然観察プログラムも。湿地と水鳥を保護する国際条約「ラムサール条約」の登録地でもある「片野鴨池」で生き生きと過ごす水鳥たちの姿は、越前加賀海岸国定公園の自然の豊かさを物語っているかのようです。

加賀市鴨池観察館

住所石川県加賀市片野町子2-1
電話0761-72-2200
開館時間9:00~17:00
定休⽇無休
料金大人350円

片山津温泉から西へ車で15分ほど。日本海に面して広がる橋立地区は、江戸時代後半から明治時代にかけて北前船交易で栄え、“日本一の富豪村”と呼ばれたエリアです。北前船の船主集落として伝統的建造物群保存地区に指定され、美しい海岸線の風景と北前船の文化に触れられます。

画像1: 【周辺エリア】野鳥観察や北前船の歴史と文化に触れる
画像2: 【周辺エリア】野鳥観察や北前船の歴史と文化に触れる

赤瓦を冠し、板塀に囲まれた大きな屋敷が立ち並ぶ集落の街並みの中を歩けば、かつての繁栄の様子が目の前に広がります。北前船の文化を学びたいなら「北前船の里資料館」へ。船の模型や実際に船内で使われていた船箪笥や磁石など、多彩な展示を楽しみましょう。

また、日本海の大パノラマが広がるビューポイント「加佐ノ岬」など、海に囲まれた橋立地区ならではの見どころもあります。地元でガイド活動を行う「橋立さわやかガイド」の案内で歩けば、より理解が深まるでしょう。

北前船の里資料館

住所石川県加賀市橋立町イ乙1-1
電話0761-75-1250
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休⽇無休
料金一般350円

歴史好きならぜひ訪れたいのが、片山津温泉から車で20分ほどの「大聖寺 山ノ下寺院群」です。加賀藩の支藩である大聖寺藩の菩提寺である「実性院」や松尾芭蕉ゆかりの「全昌寺」など7寺院1神社で構成される寺院群では、観光ボランティアガイドとともに寺社めぐりを楽しめます。

また、大聖寺は九谷焼発祥の地としても知られ、寺院群の近くには「石川県九谷焼美術館」も。大聖寺藩の歴代藩主の墓所を訪れたり、寺社の周囲に広がる自然を眺めたり、加賀の伝統工芸に触れたり……。感性と好奇心を刺激しながら、ゆったりとまち歩きを楽しめます。

大聖寺 山ノ下寺院群

住所石川県加賀市大聖寺
営業時間各施設により異なる

【お土産】絶品グルメの宝庫。北陸の味覚を持ち帰る

冬の北陸の旅といえば、やっぱりグルメはかかせません。もちろん片山津温泉の周辺にも、北陸の味覚を持ち帰れるおすすめのお土産スポットが充実しています。そのひとつが、加賀市橋立地区の「やまは水産」です。同店は、橋立港を中心に買付を行う卸問屋。石川県を代表するブランドがにとして知られる「加能ガニ」をはじめ、カニ味噌がおいしいメスのズワイガニ「香箱ガニ」など、冬だからこそ楽しめる海の幸がずらり。地元の卸問屋ならではのお得な価格で購入することができます。

やまは水産

住所石川県加賀市田尻町浜山1-3
電話0761-75-1414
開館時間9:00~17:00
定休⽇水曜

日本酒好きならぜひ訪れたいのが「橋本酒造」です。1760年創業の老舗蔵元は、熟練の能登杜氏によるこだわりの酒造りで知られています。同蔵元を代表する「純米大吟醸 十代目」をはじめとする人気の日本酒を販売するほか、酒蔵資料館の見学や無料の利き酒も。きっとお気に入りの1本が見つかるはず。

また、酒蔵ならではの焼き印体験(一合枡500円、コースター100円など)をお楽しみいただけます。おいしい地酒とマイ枡などのオリジナル作品を、北陸の素敵な旅の思い出に持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

橋本酒造 大日盛酒蔵資料館

住所石川県加賀市動橋町イ163
電話0761-74-0602
開館時間9:00~17:00
定休⽇年末年始

片山津温泉めぐりには、温モビが快適・便利!

画像: 片山津温泉めぐりには、温モビが快適・便利!

片山津温泉を拠点に周辺の見どころをめぐるなら、二人乗りの超小型電気自動車「温モビ」を利用するのがおすすめです。軽快な乗り心地でCO2排出もゼロな「温モビ」は、人にも環境にも優しいユニークな超小型モビリティ。運転方法は一般的な乗用車と同じなので、初めての方でも安心。車体が小さいため小回りがきき、走行可能距離も十分でカーナビも付いているので、橋立地区や鴨池周辺の細い道や路地も快適に移動することができます。

さらに、「温モビ」3時間乗車券と施設入場券2枚、スイーツ券2枚がセットになった「ECO乗りクーポン」が2,000円と、レンタカーよりも料金がおトク。片山津温泉の旅をさらに楽しくするユニークな移動手段として注目です。

温モビ(片山津温泉インフォメーションセンター)

住所石川県加賀市片山津温泉乙38-3
電話0761-74-1133
開館時間9:00~18:00(受付は17:00まで)
定休⽇無休
料金1時間 1,600円、3時間 3,300円、ECO乗りクーポン 2,000円

「加賀温泉郷」のひとつとして知られ、時代とともに発展してきた片山津温泉。白山連峰や柴山潟が織りなす美しい自然を楽しんだり、しっとりとした温泉の温もりに癒やされたり、土地に息づく文化や歴史に触れたり……。訪れる人によって多彩な楽しみ方ができる片山津温泉は、実に懐の深い温泉地。季節を変えて何度も訪れたくなるようなその魅力に、あなたも触れてみませんか。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.