2021年10月、沖縄県国頭郡恩納村に、編曲家・作曲家として活躍される中村正人さんの私邸を開放した、スモールラグジュアリーリゾート「GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸」がオープン。中村さんの創作活動にも大きな影響を与えた場所ということで、訪れた人も宿泊を通して、中村さんのインスピレーションの源に触れることができるはず。 1日1組だけが宿泊できるそのプレミアムな空間とこだわりをご紹介します。

中村さんの創作活動に影響を与えた場所が、1日1組限定のリゾートに

画像1: 中村さんの創作活動に影響を与えた場所が、1日1組限定のリゾートに

那覇空港から車で約1時間、沖縄本島のほぼ中央西海岸に位置する、沖縄屈指のリゾートエリア・恩納村の高台に佇む「GLAMDAY VILLA OKINAWA中村邸(グランディヴィラ オキナワ ナカムラテイ)(以下、中村邸) 」。木々に囲まれた坂道を上ると、沖縄らしい赤い瓦屋根の建物が見えてきます。ここは編曲家であり作曲家としても知られる中村さんによって、スタジオも兼ねた私邸として2013年頃に建てられました。

画像2: 中村さんの創作活動に影響を与えた場所が、1日1組限定のリゾートに

中村さんは私邸で過ごした時間を「一日中見ていても決して飽きることのない景色や風の匂い、雨でさえも、私の創作活動に大いに影響を与えてくれた」と話しています。そして、自身の経験を多くの方と共有したいとの想いから、大切な私邸を開放するに至ったそう。

ホテルやリゾート地の開発・運営を行う「カトープレジャーグループ」とコラボレーションし、私邸の雰囲気はそのままに、ゲストが快適かつ不自由なく宿泊できるホテルクオリティーのサービスを備えた施設としてオープンが実現。夜間以外は施設内の離れた場所にバトラーが待機しているので、プライベートを確保しつつ、困りごとなどにはすぐに対応してもらえるので安心です。

中村さんが世界各国から集めた調度品で彩られるリビング

画像1: 中村さんが世界各国から集めた調度品で彩られるリビング

それではさっそくリビングへ。中村邸の家具や調度品のほとんどは、中村さんがバリやニューヨークなど世界中で収集したものがそのまま使用されています。世界各国のテイストがミックスされていながら、見事に調和し落ち着く空間に。インテリアから、中村さんの独創的な世界観の一部に触れることができます。

画像2: 中村さんが世界各国から集めた調度品で彩られるリビング

また、なんといってもリビングからの眺望は圧巻の一言。大きな窓を開けると、眼前に東シナ海が広がり、心地良い風が吹き抜けます。

画像3: 中村さんが世界各国から集めた調度品で彩られるリビング

ソファに座りながら、水平線へとゆっくり沈む夕日を眺めたり、リビングから続くオープンエアテラスに出て満天に輝く星を見上げたりと、沖縄の自然に包まれる時間を過ごすことができます。リビングにある螺旋階段を上ると小さなスペースもあるので、ごろんと寝そべりながら空を眺めるのもおすすめ。この場所だからこその特別な体験を通して、「あの名曲はこの景色を眺めながら生まれたのかな?」なんて、想像が膨らんできます。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.