長崎が誇る長崎市とハウステンボスのふたつの夜景、日本一の島数からなる青い海の景色、2つの世界遺産。長崎には”映え”ポイントがたーくさん!ゆったり巡って思い出の写真を撮りましょう!

10:00 波佐見町やきもの公園(陶芸の館 くらわん館、世界の窯広場)

モダンなデザインや色使いで近年人気の波佐見焼。くらわん館には波佐見焼の歴史的資料を展示しているほか、町内35の窯元や商社、伝統工芸士のやきものが揃う。ここで好みのやきものを見つけて窯元を訪れるのも楽しい。事前予約制の陶芸体験(ろくろ・手びねり・絵付け体験)で世界にひとつ、自分だけの器を作ってみては?
小高い丘にある「世界の窯広場」には、世界を代表する珍しい窯が12基再現され、世界の窯の歴史と技術が見て学べる。道路沿いの長さ50メートルに渡るカラフルな陶器の壁はカメラを向けずにはいられないフォトジェニックなスポットだ。

波佐見町やきもの公園(陶芸の館 くらわん館、世界の窯広場)

住所長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
Tel0956-85ー2290(波佐見町観光協会)
営業時間9:00~17:00
休日12/31~1/2
料金無料(陶芸体験は有料、1週間前までに要予約)
アクセス波佐見・有田ICから車で5分

車で約7分

12:00 陶郷中尾山

陶磁器の町「波佐見」の中でも多くの窯元が集まる中尾山。江戸時代の陶磁器大量生産を可能にした世界最大級の登窯跡や煉瓦造りの煙突、路地裏など昔ながらの懐かしい風景が広がる。
かつての製陶所を再利用した交流拠点「文化の陶 四季舎」でやきもの窯を改造した窯で焼く手作りピザや波佐見焼で提供される郷土料理(要予約)でお腹を満たしたら、窯元めぐりなどのんびり散策したい。

陶郷中尾山

住所「文化の陶 四季舎」 長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷660
Tel0956-27-6051
営業時間10:00~15:00
休日毎週木曜日、お盆、年末年始
アクセス波佐見・有田ICから車で10分

車で約40分

15:10 千綿駅

大村湾に接し、国道沿いのなだらかなカーブに面した場所にあるレトロな駅舎の無人駅。目前に広がる美しい大村湾と時折走る列車が織りなす景色をカメラに収めようと、多くの写真愛好家が訪れる人気スポットだ。

千綿駅

住所長崎県東彼杵郡東彼杵町平似田郷750ー3
アクセス東そのぎICから車で7分

車で約10分

15:30 おおむら夢ファーム シュシュ

観光農園、食育体験施設、直売所、レストラン等を一体的に配置した施設。地元の農産物や加工品の直売所、焼きたてパン工房、洋菓子工房など、カラフルでつい買いすぎてしまいそう。
「手作りアイス工房」のアイスクリームとシャーベットはマストで食べたい。新鮮なジャージー牛乳や地元産の季節の果物や野菜をふんだんに使った優しい味わい。眼下に広がる大村湾を眺めながら旅の途中のひとやすみ。

おおむら夢ファーム シュシュ

住所長崎県大村市弥勒寺町486
Tel0957-55-5288
営業時間10:00~18:00
休日年末年始、1・2・6・7・11月の第3水曜日
アクセス東そのぎICから車で15分

車で約60分

夕暮れ~夜 稲佐山展望台

長崎市に宿泊したら外せないのが世界新三大夜景のひとつ、長崎市の夜景観賞だ。長崎港を囲むすり鉢状の夜景はなんともロマンチックで旅の気分を盛り上げる。展望台へは長崎ロープウェイが便利。シースルーのゴンドラに乗れば、往路は次第に広がる夜景に期待が高まり、復路は惜しむ景色を最後まで楽しむことができる。車を利用の場合は中腹駐車場から長崎稲佐山スロープカーが運行している。

稲佐山展望台

住所長崎県長崎市稲佐町
Tel公園・スロープカー 095-861-7742 ロープウェイ 095-861-3640
営業時間展望塔 8:00~22:00 ロープウェイ・スロープカー 9:00~22:00
料金長崎ロープウェイ 大人(往復) 1,250円、スロープカー 大人(往復) 500円
アクセス淵神社駅から長崎ロープウェイで5分(淵神社駅に無料駐車場あり。または、市内中心部ホテルなど6か所を回遊する無料バスも運行中。)

車で約60分

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.