画像1: 森林(もり)と清流(みず)のまち 
~北海道遠軽町~

日本航空 北見支店 西田知人

こんにちは、日本航空 北見支店 西田です。

みなさま、北海道遠軽町についてご存じでしょうか。今回はオホーツク管内のほぼ中央、内陸側に位置している遠軽町をご案内いたします。平成17年10月に生田原町、遠軽町、丸瀬布町、白滝村の4町村が合併してできた現在の遠軽町は、東西47km、南北46kmにわたる緑豊かなまちです。
広大な土地が広がる遠軽町では、農業が盛んで、特にアスパラ「にょっきーず」とじゃがいも「白滝じゃが」は、その美味しさが高い評価を受けています。
また、2019年12月にオープンした「道の駅遠軽 森のオホーツク」や、森と清流に囲まれた自然豊かなキャンプ場「丸瀬布森林公園いこいの森」、日本最大級を誇る「太陽の丘えんがる公園 虹のひろば」のコスモス園など、見どころがたくさんあります。

たくさんの魅力的なスポットがある遠軽町ですが、そのなかでも特におすすめのスポットをご紹介いたします。

画像2: 森林(もり)と清流(みず)のまち 
~北海道遠軽町~

道の駅遠軽 森のオホーツク

道の駅遠軽「森のオホーツク」は、北海道で初めてスキー場と一体化した道の駅で、年間50万人を超えるお客さまでにぎわうそうです。
一年を通して楽しめる道の駅を目指されており、広大なスキー場やツリートレッキング、総延長1,135mで国内NO.1の傾斜となるスリリングなアクティビティ「ジップライン」も完成しました。猛スピードで空を駆け抜ける、極上のスリルを味わってみませんか。

【お問合せ先】道の駅遠軽 森のオホーツク

住所遠軽町野上150番地1
Tel0158-42-4536
URLhttps://engaru-mori-no-okhotsk.jp
開館時間・営業時間9:00~18:00
ただし、トイレは24時間使用可能
定休日年中無休
画像1: 道の駅遠軽 森のオホーツク
画像2: 道の駅遠軽 森のオホーツク
画像3: 道の駅遠軽 森のオホーツク

丸瀬布森林公園いこいの森

公園の目玉は、何といっても園内に敷設された約2kmの鉄路を走る「森林鉄道蒸気機関車雨宮21号」。木材運搬用として活躍したこの蒸気機関車は、一般の蒸気機関車と比べて小ぶりのようですが、何トンもある木材を運搬していただけあって迫力は十分です。公園に訪れた子どもたちを乗せ、煙を上げながら元気に走っている姿がとても印象的でした。

【お問合せ先】丸瀬布森林公園いこいの森

住所遠軽町丸瀬布上武利80番地
Tel0158-47-2213
URLhttp://www.engaru-kankou.jp/view/ikoi.html
開館時間・営業時間9:00~17:00
定休日開園期間 4月下旬~10月第3日曜日まで
ただし、GWや夏休みシーズン以外の閑散期は、土日祝のみ開園
画像1: 丸瀬布森林公園いこいの森
画像2: 丸瀬布森林公園いこいの森

太陽の丘えんがる公園

約65haの広大な面積を有する都市公園で、その一角にある「虹のひろば」には、日本最大級を誇る10ha・1,000万本のコスモス畑のほか、売店、休憩施設、トイレを備えた管理棟、約300台駐車可能な駐車場が備えられています。
コスモスの見頃は8月中旬から9月下旬で、コスモスの絨毯が大地を華麗に彩ります。ぜひ圧巻のコスモス畑を見に、お越しになりませんか。

【お問合せ先】太陽の丘えんがる公園

住所遠軽町丸大70番地1
Tel0158-42-0488
URLhttps://cosmos-love.com
開館時間・営業時間9:00~17:00
定休日開園期間中は無休(冬期休業)
画像1: 太陽の丘えんがる公園
画像2: 太陽の丘えんがる公園
画像3: 太陽の丘えんがる公園

ちゃちゃワールド

おとぎ話に出てくるお城のような建物に足を踏み入れると、そこにはメルヘンの世界が広がっています。「からくりおもちゃ」や「あやつりおもちゃ」、
「くるみ割り人形」など、世界約40カ国、1万点もの木のおもちゃが展示されています。見るばかりではなく、木の玉のプールや滑り台があるあそびのひろばなど、手にとって遊べる場所もいっぱいあります。
また、館内の一角にある、巨匠「藤城清治氏」の光と影のファンタジー「影絵美術館」では、世界最大級の影絵が展示されておりそのスケールと影絵の魅力に惹き付けられます。

【お問合せ先】ちゃちゃワールド

住所遠軽町生田原143番地4
Tel0158-49-4022
URLhttp://cha2world.com
開館時間・営業時間10:00~17:00
定休日(4~10月)無休
(11~3月)月曜日(祝日の場合は翌日休館)
画像1: ちゃちゃワールド
画像2: ちゃちゃワールド

白滝ジオパーク交流センター

ジオパークとは、地球の活動によってもたらされる、その地域特有の自然や歴史・文化など学びながら"大地のめぐみ"を体感できる場所のこと。
ここでは、黒曜石や北海道の大地の成り立ちを学ぶことができます。また、併設する遠軽町埋蔵文化財センターでは、黒曜石石器展示のほか、石器づくりなどの体験学習を行うことができます。

【お問合せ先】白滝ジオパーク交流センター

住所遠軽町白滝138番地1
Tel0158-48-2020
URLhttp://geopark.engaru.jp/
開館時間・営業時間9:00~17:00
定休日(5~10月)無休
(11~4月)土・日・祝 休館
画像1: 白滝ジオパーク交流センター
画像2: 白滝ジオパーク交流センター

花の周遊200キロ「オホーツク花回遊」

【お問合せ先】オホーツク花回遊事務局

Tel0158-42-8360
URLhttp://hanakaiyu.com/

みなさま、いかがでしたでしょうか。
緑豊かでたくさんの魅力スポットがある遠軽町に、ぜひJALの翼でお越しください。

遠軽町へのアクセス

札幌からJR石北本線で、約3時間40分。JR遠軽駅は、全国でも数少ないスイッチバックする駅としても有名です。
女満別空港から自動車で約1時間30分、紋別空港から自動車で約40分。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.