ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコースをご紹介。
オープンエアーの水陸両用車(通称:ダック)でホノルル市内陸上ツアーと水上ツアーに参加してきました。ツアー発着地のイリカイホテル前にて、12:00ピックアップ。ダックは想像以上に貫禄があり、座席の位置が高いので、市内観光には最適です。
画像1: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

JALPAKハワイ Chie

画像2: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

まずは、キャプテンのRickyさん(左)と日本語ガイドのEddieさん(右)から安全に関しての注意説明。そしてダックくちばしデザインの笛を貰えます!笛をガーガー鳴らしながらワイキキ中心部へ向け出発です。

画像3: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

・陸上ツアー(カラカウアを通り抜け、カピオラニ公園を周り、アラワイ運河沿いを走ります。)

ゆっくりとした速度でワイキキのカラカウア通りを走行し、キャプテンとガイドさんの軽快なトークでワイキキの主要観光名所を次々と案内してくれます。歴史の話や、ハワイ語の語源、ちょっとした豆知識など話も盛りだくさんです。ワイキキには意外とたくさんの歴史的銅像が建っていることにも気付かされます。

画像4: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

プルメリアの花も目の前で見ることができます。これはダックならではですね!カピオラニ公園にさしかかると、目の前に見えてくるのがダイヤモンドヘッド。今の時期は緑がだいぶ濃くなってきています(夏場は緑が枯れ、茶色に見えます)。ダイヤモンドヘッドを背に、ホノルル動物園裏を走行します。とてもラッキーなことに、シマウマとお家で休憩中のキリンの姿を見ることができました。(下記写真で黄色い○の部分、ちょっと見づらいですね...)これも座席が高い位置にあるダックならではのラッキーチャンスです!

画像5: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

アラワイ運河沿いを通り、いよいよ海に向かって行きます。

・海上ツアー(アラワイボートハーバーから海上を走行します。)

イリカイホテル横を通り抜け、アラワイボートハーバーに向かいます。ハーバーの浅瀬から海に入っていくのですが、「ザ・ザ・ザ・ザブーン」という感じでしょうか。想像していたほどの衝撃はなく、思ったよりもスムーズです。そして気が付けば海に浮いています。

画像6: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

ハーバーに停泊しているヨットを横目に、どんどん沖に向かっていきます。この日は波が若干高く、サーファー達の華麗な波さばきを間近で見ることができました。

画像7: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~
画像8: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

なんと言っても、海風とサンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びながら、海から一望できるワイキキの町並みと、ダイヤモンドヘッドの景色は最高でした。海に出てから約20分程でしょうか、そろそろ帰路に就きます。

陸上ツアーの時にも感じたのですが、ハワイの人はとてもフレンドリーです。「アロハー」と言って手を振ると、必ずと言ってよい程、手を振り返してくれます。たまたまダックの隣に停まったトラック運転手、通りすがりのボートの人々、サーフィン中の人でさえ手を振り返してくれます。ちょっとした現地の人々との触れ合いが、旅を一層スペシャルなものにしてくれるのだと深く感じます!

さて、今度は海から陸へと上がります。ダックのエンジン50%とプロペラ50%の力で、一気に上がっていきます。「グワァン・グワァン・ガ・ガ・ガァー」「よっこらしょっ」という感じでしょうか。

画像9: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

こうして、あっという間の約1時間30分のツアーは、出発地点のイリカイホテル前で終了です。陸上ツアー、海上ツアーどちらも堪能でき、大人、子供ともに楽しめるお得なツアーです。ぜひご家族でご参加されてはいかかでしょうか。

画像10: 現地スタッフが体験!~ダックツアー・ダイヤモンドヘッド・カハラコース~

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.