みなさんこんにちは、ボーイング777副操縦士の真崎です。今回は長崎で生まれて、高校時代までを過ごした私がご紹介します。
さっそくですが「長崎」のイメージは何ですか?
画像1: 長崎をさるく

ボーイング777副操縦士 真崎

やはりこれでしょうか!

ちゃんぽん、美味しいですよね。私も帰省した際には必ず食べるものの一つです。

カステラ、出島などを思い浮かべた方もいらっしゃったでしょうか。

長崎市出身の有名人だと、「北の国」の美しい情景を歌ったあの男性歌手や、少女時代に「時をかけた」あの女優、大河ドラマで「坂本龍馬」を演じた男性歌手などがいます。誰だかわかりますか?

長崎は修学旅行で行ったことがあったり、歴史の授業で出てきたり、多くのみなさんにとって馴染みが深いと思いますが、実際は意外とその全貌は知られていないのではないでしょうか。

近年の長崎は世界文化遺産への登録などで新たな名所が注目され、昔からの異国情緒あふれる観光地のイメージにさらなる魅力が加わっています。

そのようなわけで、さまざまな媒体でご紹介しているのですが、なかなかすべてをご紹介するのは難しいようですね。

世界文化遺産への登録で注目されている軍艦島、大浦天主堂。

2月に開催されるランタンフェスティバル、10月に開催される長崎くんち。

平和への思いを新たにすることができるさまざまな被爆遺構。

近海でとれる鯵や鯖などの海の幸。

列挙しきれないほどの名所に溢れています。

そして、私のおすすめは夜景です。長崎の夜景は世界三大夜景の一つに数えられています。

画像3: 長崎をさるく

私はこの眺めが大好きです。山に囲まれた長崎ならではの立体的な夜景は独特の美しさです。

ところで、題名にあった「さるく」という言葉が気になっている方がいらっしゃると思います。

さるくとはぶらぶら歩くという意味の長崎の方言で、長崎観光の合言葉になりつつあります。

インターネットで検索していただくと「長崎さるく」のサイトが出てきますので、ご覧になってみてください。きっと「長崎をさるく旅」に出たくなると思います。OnTrip JALにも長崎の記事がほかにも掲載されているので、ぜひご覧になってください。戦国時代の昔から異国情緒に溢れていた街長崎は、みなさんをゼッタイに飽きさせません。

私のいとこは長崎に住んでいた高校時代、ラガーマンでした。

今年のラグビー日本代表の活躍を応援したいですね。

長崎の魅力は伝わりましたでしょうか?

みなさんもぜひ長崎に行って観光を楽しみつつ、ラグビー日本代表を応援しましょう!
ファイトー、イッパーツ!

画像4: 長崎をさるく

※旅コラムは、2019年6月3日時点の内容です。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.