北海道の人気グルメ、ジンギスカン。昭和初期から一般的に食べられるようになったジンギスカンは歴史も長く、お店によって製法やこだわり、食べ方もさまざまです。旅先でゆっくり堪能するのはもちろん、空港内でサクッと食べるもよし、旅の思い出とともに自宅で楽しむもよし。この記事では、北の玄関口「新千歳空港」や空港周辺で食べられるジンギスカンの名店や、空港で購入できるジンギスカン弁当、お土産にぴったりなジンギスカンを、新千歳空港のJALスタッフとOnTrip JAL編集部のセレクトでご紹介します。

新千歳空港のJALスタッフが教える!
ジンギスカン情報

どこにも負けない“鮮度”は、お肉屋さんだからこそ。
「千歳ラム工房 やまじん総本店」

画像: どこにも負けない“鮮度”は、お肉屋さんだからこそ。 「千歳ラム工房 やまじん総本店」

創業71年の「千歳ラム工房 やまじん総本店」。その歴史の始まりは精肉店だったということもあり、いうなればジンギスカン専門のお肉屋さんなのです。

画像: 「厚切り生ラムステーキ」

「厚切り生ラムステーキ」

人気メニューには、ほかではなかなか味わえないレアで食べられるラムステーキも。お肉の「抜群の鮮度」を誇れるのも、精肉店がルーツにあるこのお店ならでは。壺漬け熟成ジンギスカンや、大根おろし入りの特製ダレで食べるラムロースなど、バリエーション豊かな食べ方を楽しめるのも魅力です。

JALスタッフからのおすすめコメント!
「とにかくコスパ最高! 人気なので予約していくのがおすすめです」(グランドスタッフ・I.H)
「タレに漬け込んだラム肉が美味しいです」(整備士・S.H)
「千歳でジンギスカンを食べるならいつもここです! 新鮮でジューシーなお肉が、本当に美味しい!」(間接部門・Y.S)

千歳ラム工房 やまじん総本店

住所北海道千歳市清水町3-16-3
電話0123-29-5529
営業時間17:30〜23:00

観光客、地元住民、どちらも大満足のジンギスカン。
「さっぽろジンギスカン千歳」

画像: 観光客、地元住民、どちらも大満足のジンギスカン。 「さっぽろジンギスカン千歳」

お肉の臭みをほとんど感じずにラムの美味しさを味わえると、観光客、地元住民、どちらにも大評判なのが「さっぽろジンギスカン 千歳」。

画像: 「ジンギスカン」

「ジンギスカン」

鍋にタマネギとラードをのせて焼くジューシーなジンギスカンを、飽きのこないあっさりとしたタレで食べられることも人気の理由です。お好みの野菜を単品で追加することも可能。ジンギスカンを食べ慣れていない方でも大満足まちがいなしのお店です。

JALスタッフからのおすすめコメント!
「注文したら肉を目の前で捌いてくれます。店長の気分でいろんなお肉が突然網に置かれるのもおもしろいです」(グランドスタッフ・Y.K)
「塩で食べるジンギスカンは、ジンギスカン本来の味が堪能できて最高です!」(オペレーション・W.S)

さっぽろジンギスカン千歳

住所北海道千歳市東雲町1-7
電話0123-22-8130
営業時間17:00〜お肉がなくなり次第閉店

新千歳空港内で食べられる、唯一のジンギスカン専門店。
「松尾ジンギスカン 新千歳空港店・新千歳空港フードコート店」

画像: 松尾ジンギスカン 新千歳空港店

松尾ジンギスカン 新千歳空港店

空港内で、専用鍋で焼きながらジンギスカンを食べられるお店は「松尾ジンギスカン 新千歳空港店」だけ。北海道に到着してすぐの方も、これから帰路に就くという方も立ち寄りやすいでしょう。味はもちろん、食べ方まで本格的に楽しみたいなら迷わずこちらをおすすめします。

画像: 「特上ラムジンギスカンセット」150g 2,380円/200g 3,000円(ともに税込)

「特上ラムジンギスカンセット」150g 2,380円/200g 3,000円(ともに税込)

「特上ラムジンギスカンセット」は、リンゴと玉ねぎに十数種類の香辛料を加えた秘伝のタレに漬け込まれた、やわらかいラム肉の旨みを最大限に味わえる人気メニューです。

画像: 松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

そして、じつは松尾ジンギスカンのお店は空港内にもうひとつあります。「出発時刻が迫っていてゆっくり食事をする時間がない! それでもちゃんと温かくて美味しいジンギスカンを食べて心おきなく旅を終わらせたい」という方におすすめなのが、「松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店」です。

画像: 「特上ラム定食」1,800円(税込)

「特上ラム定食」1,800円(税込)

人気メニューの「特上ラム定食」は、ご飯、味噌汁、漬物のセットに焼き上がった状態の特上ジンギスカンを提供してくれるので、時間がなくても大満足できることまちがいなしです。

JALスタッフからのおすすめコメント!
「北海道のジンギスカンの王道です」(整備士・S.H)

松尾ジンギスカン 新千歳空港店・新千歳空港フードコート店

場所ともに国内線ターミナル3F
webhttps://www.matsuo1956.jp/shop/chitose_food/

北海道の“家庭の味”を持ち帰るなら、この調味料。
ベル食品の「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」

画像: 360ml入り372円(税込)/販売元:ベル食品

360ml入り372円(税込)/販売元:ベル食品

北海道で購入できるジンギスカンのタレで、これの右に出るものなし。1956年の発売以来、北海道民に愛され、彼らの食卓を彩りつづける「ベルのタレ」です。

本醸造醤油に、タマネギ、ショウガ、ニンニクなどの香辛野菜やスパイスがブレンドされ、羊肉の美味しさを最大限に引き出します。豚肉や野菜炒めなどにも使用すれば、いつもの料理がランクアップしそう。

JALスタッフからのおすすめコメント!
「北海道ジンギスカンのすべて。道民のDNAに刻まれています」(グランドハンドリング・H.D)
「炊き立てのご飯にベルのたれと刻みネギ、白ゴマをかけて食べるとそれだけでご馳走です」(間接部門・Y.H)

【販売店】スカイショップ 小笠原

場所国内線ターミナルビル2F
webhttps://www.bellfoods.co.jp/

編集部厳選!
新千歳空港周辺の絶品ジンギスカン

ほかにはない“通”の楽しみ方を!
「炭焼じんぎすかん マルコ」

炭火と鉄鍋で焼くスタイルの、本格的なジンギスカン専門店「炭火焼じんぎすかん マルコ」。味付きジンギスカンとはまた違い、お肉のやわらかさや羊肉本来の旨みを存分に堪能する “通”の楽しみ方ができるお店です。

「一押しマトン」

ほかのお店ではなかなか味わえないマトン(親羊)も取り扱っており、ジンギスカンファンにはたまらない要素がたくさん。自家製のさっぱりとしたタレにラーメンをつけて食べる「〆ラーメン」もファンが多いメニュー。

炭焼じんぎすかんマルコ

住所北海道千歳市清水町3-4
電話050-5872-0447
web17:00〜21:00

ジンギスカンランチを楽しむならここ!
「まるやまジンギスカン」

2021年末にオープンしたばかりの「まるやまジンギスカン」。新千歳空港周辺では珍しい、ランチ営業も行っているお店です。

「ジンギスカン定食」

定番メニューのジンギスカン定食やジンギスカン丼は、クセがなくやわらかいお肉と炒め野菜だけではなく、たっぷりのスープも満足度が高いと好評です。ピラフや生姜焼きなど、じつはジンギスカン以外のメニューも人気なので要チェック。

まるやまジンギスカン

住所北海道千歳市幸町5-1-2
電話0123-26-5866
営業時間17:00〜21:30

関連記事

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.