北海道の釧路が発祥といわれる「ザンギ」は、昔から市民に愛されているソウルフード。釧路へ来たなら、ぜひ堪能していただきたいグルメのひとつです。そこで本記事では、釧路に数あるザンギのお店や商品の中から、地元ライターのおすすめをご紹介。ぜひ、釧路でのグルメ探訪の参考にしてください。

そもそも、「ザンギ」ってなに?

そもそも、ザンギって鶏のから揚げと何が違うの? さっそくそんな疑問が聞こえてきそうですが、農林水産省が食文化について紹介している「うちの郷土料理 次世代に伝えたい大切な味」の中では、このように記載されています。

「ザンギ」は一般的な鶏の唐揚と比べ味付けが濃いのが特徴。揚げる前に鶏肉を醤油ベースの甘辛いタレに漬けこんでつくられる。(中略)「ザンギ」は、昭和30年ごろに釧路市の末広歓楽街に店を構えていた鶏料理店が、鶏一羽をぶつ切りにして唐揚げにしたのがはじまりといわれている。名前の由来は、店主が中国料理の鶏の唐揚げ「炸鶏(ザーチー/ザーギー)」に運が付くようにと、文字の間に「ン」を加えて「ザ『ン』ギ」と呼ばれるようになったという説がある。

子どもの頃から、運動会や親戚一同が集まるハレの日、あるいは晩ごはんのおかず、お弁当など。釧路市民は当たり前のように食べているだけに、「運が付くように」といった説すら知らない人が多いかもしれません。今回は、釧路地方のローカルメディア「フィールドノート」編集長の清水たつやが、あらためてザンギの魅力に迫ります。

ザンギ発祥のレジェンドな名店「鳥松(とりまつ)」

画像1: ザンギ発祥のレジェンドな名店「鳥松(とりまつ)」
画像2: ザンギ発祥のレジェンドな名店「鳥松(とりまつ)」

釧路の繁華街「末広」で、お土産を片手にぶら下げている光景を見かけたら、こちらのザンギかもしれません。釧路市民なら、だれもが知っているザンギ発祥のお店、それが「鳥松」です。

鳥松は前知識がないとお店の人が不愛想に感じるかもしれませんが、そんなお店の人との交流こそが魅力であり、フランチャイズのお店ではできない体験でもあります。

画像3: ザンギ発祥のレジェンドな名店「鳥松(とりまつ)」

2代目の高倉さんが、慣れた手つきで鶏肉を揚げていく様子を目の前で見ながら、衣がカリっと中身はジューシーな揚げたてザンギを冷たいビールで流し込む。最高のルーティンをぜひ、体験してください。

おすすめは「骨まわりの肉が一番うまい」と高倉さんも語る「骨付きザンギ」。スパイシーな特製ソースに付けながら、アツアツをいただきましょう。

画像4: ザンギ発祥のレジェンドな名店「鳥松(とりまつ)」

鳥松

住所北海道釧路市栄町3-1
電話0154-22-9761
営業時間17:00~24:30(L.O.24:00)
定休日日曜

シンプルだから奥深い。正統派ザンギ専門店「鳥善(とりよし)」

画像1: シンプルだから奥深い。正統派ザンギ専門店「鳥善(とりよし)」
画像2: シンプルだから奥深い。正統派ザンギ専門店「鳥善(とりよし)」

ザンギの生みの親といわれる「鳥松」の創業者、桑原清さんの味に心を打たれて弟子入りし、自らお店を開いたのが「鳥善」の内間木さん。

画像3: シンプルだから奥深い。正統派ザンギ専門店「鳥善(とりよし)」

メニューは骨付き、骨なしザンギ、から揚げの3種のみとシンプルで、少し甘めの特製ソースにコショウを入れるのが鳥善流です。

道内産の鶏肉を高温のラードで一気に揚げるスタイルは、元祖ザンギ専門店。変わらない味にファンも多く、冷めてもおいしいと評判のザンギです。また、内間木さんの気配りや熱い人柄にも信頼をよせる常連は、今日も大盛りのザンギをテイクアウトしていきます。

画像4: シンプルだから奥深い。正統派ザンギ専門店「鳥善(とりよし)」

ザンギ専門店 鳥善

住所北海道釧路市栄町2-15 サンプラザビル1F
電話0154-22-8472
営業時間17:00~22:00
定休日不定休

知る人ぞ知る名店。ザンタレといえば「南蛮酊(なんばんてい)」

画像1: 知る人ぞ知る名店。ザンタレといえば「南蛮酊(なんばんてい)」
画像2: 知る人ぞ知る名店。ザンタレといえば「南蛮酊(なんばんてい)」

オーナーの藤野さんを含め、女性店員さんが中心となって切り盛りする活気ある店内。カリっと2度揚げしたザンギに、甘酸っぱいタレをたっぷり染み込ませた「ザンタレ」を生み出したことで知られている「南蛮酊」。もともと繁華街の末広で営業していましたが、釧路町に移ってからもクチコミでそのおいしさが広がり、ザンギを語る上で外せない人気店に。

画像3: 知る人ぞ知る名店。ザンタレといえば「南蛮酊(なんばんてい)」

とにかくボリューム満点のザンタレが有名で、1人前は約700グラムもあるそう。ザンタレのほかに、ピリ辛の「カラタレ」もあり、サイズもノーマルとハーフから選べます。
特製のタレに付けながら食べることで、しつこくなく飽きのこない味として、ごはんやビールのお供にぴったりです。ランチ時の会社員やファミリーにも人気のお店。

画像4: 知る人ぞ知る名店。ザンタレといえば「南蛮酊(なんばんてい)」

南蛮酊

住所北海道釧路郡釧路町遠矢1-39
電話0154-40-3117
営業時間平日 11:00~19:00(L.O.18:30)
土・日・祝 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日月曜、火曜

「炭焼鮮家 たま鳥」の女性に人気のこだわりザンギ

画像1: 「炭焼鮮家 たま鳥」の女性に人気のこだわりザンギ
画像2: 「炭焼鮮家 たま鳥」の女性に人気のこだわりザンギ

「たま鳥」のザンギは、ニンニク不使用が特徴の創業当初からの変わらぬ味を楽しめます。代表の田村さんのお母さんから引き継いだ、優しい家庭の味のザンギです。

画像3: 「炭焼鮮家 たま鳥」の女性に人気のこだわりザンギ

なかでも「白たまザンタレ」は、釧路のザンギ王決定戦で2015年のキングに輝いた経歴もある1品。刻みキャベツのシャキシャキ食感と、特製フレンチドレッシングのまろやかな酸味によるさっぱりとした味わいで、女性に大人気です。

画像4: 「炭焼鮮家 たま鳥」の女性に人気のこだわりザンギ

また、イカ墨を練り込んだ「黒たまザンギ」もあり、こちらはハニーマスタードテイストでビールやハイボールにも合う人気メニューです。鶏卵専門店直営なので卵料理にも定評があり、看板メニューの玉子焼きと一緒にザンギをテイクアウトするお客さんも多いのが特徴。

炭焼鮮家 たま鳥

住所北海道釧路市住之江町12-35
電話0154-32-3818
営業時間11:30~14:00(L.O.13:30)
17:30~24:00
web水曜(ランチは水曜、日曜、祝日定休)

ザンギ弁当の王道テイクアウト。「ヤムヤム」

画像1: ザンギ弁当の王道テイクアウト。「ヤムヤム」
画像2: ザンギ弁当の王道テイクアウト。「ヤムヤム」

釧路のみならず帯広や札幌にまで店舗がある、地元で定番のお弁当屋さん。“お弁当の蓋が閉まらないザンギ弁当”で有名な「ヤムヤム」は、このボリュームで税込み630円と圧倒的にリーズナブル!(店舗によって金額は異なります)

また、ハーフサイズもあり、肉汁を楽しめるモモ肉と、あっさり食べられるムネ肉から部位を選べるのも魅力です。

画像3: ザンギ弁当の王道テイクアウト。「ヤムヤム」

そして、こだわりとして特Aランクの道内産のお米を使用。「食を通じて街を元気に」といったお店のコンセプトそのままに、ザンギで釧路を元気にしているお店です。

1号店となる海運店には、「麺笑 八武屋」というラーメン店も併設されており、ヤムヤムのメニューも一緒に楽しめるグルメスポットになっています。

BENTO FACTORY ヤムヤム

住所北海道釧路市海運1-1-11
電話0154-21-5513
営業時間10:00~19:30
定休日日曜、祝日

カレーチキンが老若男女に愛される「ジョイパックチキン」

画像1: カレーチキンが老若男女に愛される「ジョイパックチキン」
画像2: カレーチキンが老若男女に愛される「ジョイパックチキン」

1980年に釧路市で創業した「ジョイパックチキン」。2018年に一度閉店したものの、地元住民の熱い要望により翌年に移転し復活するという、地域の社会現象にまで発展した地元愛あふれるファストフード店。

画像3: カレーチキンが老若男女に愛される「ジョイパックチキン」

当時、近くに進出してきた大手フライドチキン専門店に対抗するために考案されたのが、マイルドかつ絶妙にスパイシーなカレーチキン。部活帰りの中学生たちからクチコミで評判が広がりました。さらに、その中学生が大人になり、またその子どもと一緒に食べるという、世代をこえて愛されるソウルフードです。

画像4: カレーチキンが老若男女に愛される「ジョイパックチキン」

門外不出のスパイスレシピは限られたスタッフにしか教えられず、その変わらない味は今でも引き継がれています。

ジョイパックチキン 芦野本店

住所北海道釧路市芦野5-1-6
電話0154-35-9744
営業時間10:00~19:00(L.O.18:45)
定休日年中無休(元日のみ休み)

家庭のザンギの味を楽しめる「おにぎり屋ばんばん」

画像1: 家庭のザンギの味を楽しめる「おにぎり屋ばんばん」

JR釧路駅の中にある「おにぎり屋ばんばん」は、手作りならではの家庭の味を大切にした、おにぎりや惣菜、お弁当が人気のお店。

画像2: 家庭のザンギの味を楽しめる「おにぎり屋ばんばん」

化学調味料を使用していない道内産若どりのムネ肉を使用したザンギは、家庭で親しまれているお母さんの味そのもの。その間違いのないおいしさが客室乗務員たちからも信頼され、クチコミで評判に。

画像3: 家庭のザンギの味を楽しめる「おにぎり屋ばんばん」

個人的にザンギマヨネーズのおにぎりもおすすめですが、リーズナブルかつ、優しい味わいのザンギ弁当に根強いファンが多いとのこと。朝7時からオープンするので通勤・通学途中に立ち寄ったり、旅の出発前に購入したりと、さまざまな人に愛され続ける手作りザンギです。

おにぎり屋ばんばん

住所北海道釧路市北大通14
電話0154-22-0770
営業時間7:00~16:30(2021年11月16日より)
web年中無休(元日のみ休み)

みんな大好き居酒屋ザンギ。「居酒屋あけぼの」

画像1: みんな大好き居酒屋ザンギ。「居酒屋あけぼの」
画像2: みんな大好き居酒屋ザンギ。「居酒屋あけぼの」

焼き物・揚げ物・魚介にお肉といった種類豊富なメニューと、昭和レトロな居心地のいい雰囲気の「居酒屋あけぼの」。

画像3: みんな大好き居酒屋ザンギ。「居酒屋あけぼの」

こちらの塩麹ザンギは、累計2万食を突破した1品。外はカリッと中はジューシーな肉汁、そしてこだわりの塩ダレが口いっぱいに広がり、間違いなくお米がほしくなるメニュー。昼はランチ営業もやっており、ザンギ定食も人気です。

画像4: みんな大好き居酒屋ザンギ。「居酒屋あけぼの」

また、ここのお店は姉妹店のSoup curry & cafe CRABONのスープカレーを店内で食べることができるので、北海道グルメを一度に満喫できてしまいます。お弁当のザンギを塩麹ザンギに変更したり、スープカレーにザンギをトッピングしたりと、お好きな形でザンギを楽しんでください。

居酒屋あけぼの

住所北海道釧路市末広町2-12
電話0154-65-5114
営業時間11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日年中無休(元日のみ休み)

ザクザクの衣とクセになる自家製ダレ。「居酒屋いながき」

画像1: ザクザクの衣とクセになる自家製ダレ。「居酒屋いながき」
画像2: ザクザクの衣とクセになる自家製ダレ。「居酒屋いながき」

地元住民のなかでもクチコミでよく聞かれるのが、こちらのお店。味良し、ボリューム良し、料理一筋のご主人の応対やコスパも良しと、良いこと尽くしの居酒屋です。

画像3: ザクザクの衣とクセになる自家製ダレ。「居酒屋いながき」

こちらのザンタレは、白ごまの効いた甘酸っぱい自家製ダレが自慢。ザクザクの衣と千切りキャベツにタレがよく染み込み、その食感と鶏肉の旨みがクセになるおいしさです。ごはんでもビールでも、止まらなくなること間違いなし。飲み放題付きのおすすめコースが特に人気で、ザンギをお供に仲間同士で語らうときにぴったりなお店です。

居酒屋いながき

住所北海道釧路市川上町4-1-1 フォグタウンビル 1F
電話0154-31-3733
営業時間18:00~23:00
定休日日曜

鶏肉だけじゃない! 「炉ばた居酒屋 はたごや」の派生ザンギ

画像1: 鶏肉だけじゃない! 「炉ばた居酒屋 はたごや」の派生ザンギ
画像2: 鶏肉だけじゃない! 「炉ばた居酒屋 はたごや」の派生ザンギ

釧路の老舗郷土料理店、駒形家グループの「はたご家」は近年、北海道の地元食材を使った「くじらザンギ」「たこザンギ」など、鶏以外のザンギメニューも人気です。

画像3: 鶏肉だけじゃない! 「炉ばた居酒屋 はたごや」の派生ザンギ

商業捕鯨が認められている釧路では、くじら料理を食べる文化があり、食べ慣れているたこといった海の幸もザンギに。たこザンギはプリプリのアツアツを、くじらザンギは風味豊かな味わいをぜひお試しください。

画像4: 鶏肉だけじゃない! 「炉ばた居酒屋 はたごや」の派生ザンギ

この他にも、期間限定で牡蠣ザンギ、たらザンギ、鹿ザンギといった、地場産食材を使用した創作ザンギも提供している名店です。

炉ばた居酒屋 はたご家

住所北海道釧路市栄町4-2 末広フードセンター 2F
電話0154-22-1717
営業時間17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日不定休

お土産にいかが? ザンギのおせんべい「ほがじゃ(ザンギ味)」

画像: お土産にいかが? ザンギのおせんべい「ほがじゃ(ザンギ味)」

北海道のお土産に、日持ちするザンギ商品はいかがでしょうか? 道東の小清水町産のじゃがいもでんぷんをベースに、イカなど海の幸も練り込まれたおせんべい。ほたて、えび、こんぶ、といった定番の味にも引けを取らず、お土産売り場に並ぶと飛ぶように売れるのが、このザンギ味です。

札幌の名店「中国料理 布袋」とのコラボで、実際に食べてみると少々ピリ辛で確かにザンギ味。マヨネーズをうすく塗れば、ビールのお供にもぴったりのおつまみ的な1品です。

 

取扱店舗釧路空港たんばや など

家でも本格ザンギを!「日本製粉 北海道限定 ザンギミックス」

画像1: 家でも本格ザンギを!「日本製粉 北海道限定 ザンギミックス」

最後に、家庭の味をご紹介。実は、から揚げ粉と一緒に家庭用のザンギミックスまで売っているのが北海道(もちろん道産小麦)。そのくらい、北海道の日常にはザンギ文化が溶け込んでいるんです。ザンギミックスを使って、手羽先のザンギを揚げてみるとこんな感じに。

画像2: 家でも本格ザンギを!「日本製粉 北海道限定 ザンギミックス」

ザクザクの衣の食感と、ジュワッと口に広がる肉汁がたまりません。家でも手軽に本格的なザンギを楽しみたい方には、こちらもおすすめです。

いかがでしたか。ザンギをめぐる、北海道・釧路のグルメ探訪。といっても今回ご紹介したものは、ほんの一部。釧路には、この街ならではの地元店がまだまだあり、居酒屋・専門店の味から各家庭の変わらない味まで、さまざまなザンギの楽しみ方が広がっています。釧路に来た際には、ぜひザンギの文化や多様性に触れて楽しんでください。

写真・文:清水たつや(フィールドノート)

関連リンク

画像: ja.kushiro-lakeakan.com
ja.kushiro-lakeakan.com

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.