自然と触れ合い、心と体に潤いを与えてくれる「奥尻島」。奥尻の海の美しさは透明度25mともいわれオクシリブルーと呼ばれています。
「奥尻島」の郷土食を味わい「奥尻島」ならではの自然を感じる。ゆったりとした時間が流れる島時間を感じてみませんか。

奥尻島2泊3日のモデルコース日程

13:00 奥尻空港

空港から奥尻島まで飛行機で、約30分。わずかな時間ですが、空の旅をお楽しみください。

奥尻空港
住所北海道奥尻郡奥尻町米岡185-2

車で約30分

13:30 鍋釣岩(なべつる岩)

ドーナツ型で鍋の弦に形が似ていることが名前の由来の奥尻島のシンボル。自然に形成された岩で、夏場の夜間はライトアップされて昼間と違った姿を見ることができます。(所要時間約10分)

画像: 13:30 鍋釣岩(なべつる岩)
鍋釣岩(なべつる岩)
住所奥尻郡奥尻町字奥尻
Tel01397-2-3456(窓口:奥尻島観光協会)
アクセス奥尻空港から車で約30分

車で約50分

14:30 宮津弁天宮

1831年に島民が大漁祈願のためにお社を立てたのがはじまりで、ここに祀られている弁天様は弁財天とも呼ばれる福の神。お社は海に突き出た岬の急斜面を登った頂上にあり、対岸には北海道本島を見ることができる。(所要時間約30分)

画像: 14:30 宮津弁天宮
宮津弁天宮
住所奥尻郡奥尻町字宮津
Tel01397-2-2351(窓口:奥尻町商工観光係)
アクセス奥尻空港から車で約40分

車で約30分

15:30 球島山展望台

標高369.3mの球島山は島の中央部から北側一帯の大パノラマを望むことができる絶好のポイント。駐車場から頂上の展望台までは約90段の階段があるが、晴れた日には松前沖の大島・小島を遠望することができる。(所要時間約20分)

画像: 15:30 球島山展望台
球島山展望台
住所奥尻郡奥尻町球浦
Tel01397-2-3456(窓口:奥尻島観光協会)
アクセス奥尻空港から車で約50分

宿にチェックイン

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.