名画約1000点を陶板で原寸大に再現した陶板名画美術館「大塚国際美術館」や、鳴門の渦潮や阿波おどりが有名な徳島県。「関西の台所」といわれるほど、豊富なグルメも盛りだくさん。五感で「徳島」の魅力を感じる1泊2日の小旅行に出かけよう。

徳島県1泊2日のモデルコース日程

10:00 わんさんぼん(服部製糖所)

わんさんぼんの工房併設店舗では竹糖(サトウキビの在来品種)から作られた和三盆の干菓子体験が可能。つなぎや食品添加物は不使用の上品な甘みを持つ阿波和三盆はお茶請けとしても、お土産にしてもおすすめです。噛まずに口の中で溶かすようにしてお召し上がりください。また、服部製糖所の和三盆糖もお求めいただけます。(所要時間約1時間)

わんさんぼん(服部製糖所)
住所徳島県阿波市吉野町西条字東姥御前271-2
Tel090-4500-7117
営業時間9:00~17:00
休日月曜午前、金曜
料金干菓子づくり体験 2,000円
アクセス土成IC→車で約10分

車で約30分

11:30 たらいうどん

阿波市の郷土料理で、山仕事に従事していた人のふるまい料理がルーツといわれている。インパクト抜群の大きなたらいが特徴でコシの強いうどんは食べごたえが抜群です。川のせせらぎと一緒にどうぞ召し上がれ。(所要時間約1時間)

たらいうどん
Tel0883-35-4211((一社)阿波市観光協会)
その他・備考詳しくは、徳島県観光情報サイト「阿波ナビ」(たらいうどん)をご覧ください。
https://www.awanavi.jp/life/4/11/66/

車で約30分

13:00 阿波の土柱

「阿波のカッパドキア」と称される阿波の土柱。世界三大奇勝のひとつで、約120万年のはるか長い時の流れが刻んだ大地の芸術は国の天然記念物にも指定されている。地形変動と風雨によってできた土柱はまさに自然が作りあげた奇跡の景観。遊歩道を歩きながらいろいろな角度から楽しめるので、下から見上げて迫力を感じるもよし、上から見下ろしてスリルを感じるもよしの絶景スポットです。ライトアップした土柱は、デートスポットとしてもおすすめ。(所要時間約1時間)

阿波の土柱
住所徳島県阿波市阿波町桜ノ岡
Tel0883-35-4211((一社)阿波市観光協会)
営業時間※夜間ライトアップあり(5~8月は日没から22時まで、9~4月は日没から21時まで)
休日無休
アクセス脇町IC→車で約15分
その他・備考※有料で観光ボランティアガイドの予約可(3日前までに要連絡)

車で約10分

14:10 ドルチェ

こころとからだが喜ぶ作りたてジェラート。ショーケースにはこだわりの阿波市の野菜やフルーツを使ったジェラートがたくさんあり、目にも 楽しく、迷うこと間違いなしです。お天気のいい日は緑の眩しいオープンテラスで、また店内では窓辺に広がる雄大な山を眺めることができます。広くリラックスできる緑いっぱいの空間はお子さま連れの方にもおすすめです。(所要時間約1時間)

ドルチェ
住所徳島県阿波市阿波町大道北190-1
Tel0883-35-3912
営業時間10:00~19:00(4~9月)
10:00~18:30(10~3月)
休日火曜日(祝日の場合は翌日)
料金シングル300円~
アクセス阿波PA→車で約20分

車で約1時間

16:10 徳島とくとくターミナル

島と各地を結ぶ高速バスが行き交うバスターミナル。物産館には新鮮な農産物や魚介などといった旬の食材や、銘菓、工芸品など徳島土産が揃っており、県内各地の観光情報も入手できます。(所要時間約20分)

画像: 16:10 徳島とくとくターミナル
徳島とくとくターミナル
住所徳島県板野郡松茂町中喜来字前原東四番越14-1
Tel088-621-2336(徳島県観光政策課)
営業時間8:00~19:00(店舗により異なる)
休日無休
アクセス徳島IC→車で約5分

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.