四国遍路、藍染め、阿波おどりなどをはじめとする伝統文化や、西洋美術史を代表する名画約1000点を陶板で原寸大に再現、展示した陶板名画美術館「大塚国際美術館」のほか、県南の美しい大自然や、食の宝庫徳島のグルメを満喫する1泊2日の欲張りプランです。

徳島県の1泊2日のモデルコース日程

9:00 四国八十八ケ所霊場 第1番札所 霊山寺

「一番さん」の名で親しまれる四国八十八ケ所霊場巡りの出発点。本堂には無数の灯籠、大迫力の龍の天井画、境内には、縁結び観音があります。また、売店では、遍路装束をはじめ、納札や納経帳、金剛杖など遍路用品の一式が揃うほか、山門前にある門前一番街では、お茶席コーナーで食べられる焼きたてのお餅「あわくった」もおすすめです。(所要時間約30分)

画像: 9:00 四国八十八ケ所霊場 第1番札所 霊山寺
四国八十八ケ所霊場 第1番札所 霊山寺
住所徳島県鳴門市大麻町板東東塚鼻126
Tel088-689-1111
アクセスJR高徳線「板東駅」下車→約800m
徳島バス「霊山寺前」下車すぐ
徳島自動車道「板野IC」→車で約5分
高速バス停留所「鳴門西」→徒歩約20分

車で約30分

10:00 藍住町歴史館 藍の館

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムにも採用された日本の伝統色「ジャパンブルー・藍色」。徳島県はその藍色を染めだす染料「すくも(阿波藍)」の一大産地です。藍住町にある「藍住町歴史館藍の館」では、阿波藍について学べるほか、藍染体験もでき、オリジナルのハンカチやストールなどを作ることができます。また、肌着やシャツなど持ち込みによる藍染体験も可能です。藍には、防臭、抗菌作用があるといわれており、お肌にも優しいのが特徴。この機会に、藍染体験をしてみませんか。(所要時間約1時間)

藍住町歴史館 藍の館
住所徳島県藍住町徳命字前須西172
Tel088-692-6317
営業時間9:00~17:00
休日火曜日(祝祭日の場合は営業)
12月28日~1月4日
料金〔入館料〕
大人300円、学生200円、小人150円
〔藍染め体験〕
ハンカチ500円、ストール1500円ほか(持ち込みによる体験も可能要予約)
アクセスJR高徳線「勝瑞駅」下車→車で10分
徳島自動車道「藍住IC」→約1km(5分)

車で約30分

11:30 JF北灘さかな市

北灘漁協が運営する「JF北灘さかな市」は、鳴門市北灘沖で水揚げされた地魚や漁師がつくった干物を直売しているほか、敷地内にある「漁協食堂うずしお」では、天然鳴門鯛やすだちぶり(冬季限定)のお刺身など、鳴門の旬の魚料理が堪能できます。(所要時間約1時間)

JF北灘さかな市
住所徳島県鳴門市北灘町宿毛谷相ヶ谷23
Tel088-683-8137
営業時間JF北灘さかな市
9:00~17:00
漁協食堂うずしお
10:00~21:00(ラストオーダー20:00)
休日無休
料金すだちぶり刺身定食 1000円
アクセスJR鳴門線「鳴門駅」下車→車で20分
高松自動車道「鳴門IC」→車で15分

車で約30分

13:00 大塚国際美術館

古代から現代に至る西洋美術史を代表する名画約1000点を、陶板で原寸大に再現、展示した陶板名画美術館。日本最大級の常設展示スペースを誇る館内には、レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」、ゴッホ「ヒマワリ」、ピカソ「ゲルニカ」など、美術書などで一度は見たことがあるような名作が揃う。鑑賞をサポートする定時ガイドや音声ガイドなども充実しており、日本に居ながらにして世界の美術を体感することができます。(所要時間約2時間)

大塚国際美術館
住所徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
Tel088-687-3737
営業時間9:30~17:00
(入館券の販売は16:00まで)
休日月曜日(祝日の場合は翌日)
2018年1月15日(月)~19日(金)、2月13日(火)~19日(月)は連続休館
2018年3月20日(火)は臨時休館
8月無休
料金一般 3240円
大学生 2160円
小中高生 540円(20名以上の団体は10%割引)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」→鳴門海峡方面(左折)へ車で約3分
その他・ 備考ミュージアムショップ(B3F)
レストラン(1F)
カフェ(B3F、B2F)

車で約30分

15:30 ハレルヤスイーツキッチン

和菓子職人自慢の和生菓子や徳島銘菓「金長まんじゅう」、パティシエの技術による新しいおいしさの洋菓子などを取り揃えています。また、出来立てのお菓子を食べていただける「Blue Note Café」、お菓子づくりの体験や工場見学など楽しさいっぱいのお菓子屋です。(所要時間約1時間)

ハレルヤスイーツキッチン
住所徳島県板野郡松茂町広島字北川向四ノ越30
Tel088-699-7611
営業時間9:00~17:00
休日無休
料金体験コーナー
1回1人800円
工場見学は無料
アクセスJR徳島駅→車で約20分
高松自動車道「鳴門IC」→車で15分
その他・ 備考体験コーナー
毎週水・土・日11:00~11:50、15:30~16:20(対象小学生以上)
※前日の正午までに予約必要

宿にチェックイン

19:00 徳島ラーメン

新横浜ラーメン博物館で「20世紀最後のご当地ラーメン」と紹介されて全国的な知名度が上がった、徳島の中華そば「徳島ラーメン」は、甘辛く仕上げた豚骨醤油をベースにしたスープの「茶系」のほか豚骨スープの「白系」、澄んだスープの「黄系」と、バラエティ豊かな味が揃うご当地ラーメンです。チャーシューではなく、豚バラ肉をトッピングし、煮卵でなく、生卵を落として食べるのが徳島流。市内中心部には、有名店が多数点在しています。詳しくは、徳島県観光情報サイト 「阿波ナビ」(徳島ラーメン)をご覧ください。 (所要時間約30分)

画像: 19:00 徳島ラーメン
徳島ラーメン
Tel088-652-8777
(徳島県観光協会)

歩いて約10分

20:00 阿波おどり会館

阿波おどりを一年中楽しめる「阿波おどり会館」は、阿波おどりの実演や阿波おどりミュージアムなど、阿波おどりを心ゆくまで堪能できる人気の観光施設です。プロの踊りを楽しんだ後は、あなたも舞台に立って一緒に踊りの輪に加わってみてはいかがでしょうか。また、併設する徳島のお土産が揃う徳島県立物産観光交流プラザ「あるでよ徳島」では、工芸品や地酒など徳島の特産品が揃うほか、5階にある眉山ロープウェイ山麓駅からは、眉山山頂まで約6分の空中散歩をお楽しみいただけます。(所要時間約1時間)

阿波おどり会館
住所徳島県徳島市新町橋2-20
Tel088-611-1611
営業時間〔1F 徳島県立物産観光交流プラザ〕
9:00~21:00(12月21日~12月27日、1月2日~1月10日は9:00~18:00)
〔2F 阿波おどりホール〕
専属連 11:00~11:40、14:00~14:40、15:00~15:40、16:00~16:40
有名連 20:00~20:50
〔3F 阿波おどりミュージアム〕
9:00~17:00
〔5F 眉山ロープウェイ山麓駅〕
9:00~17:30
※夜間運転
4~10月(土) ~21:00
阿波おどり期間中(8月12日~15日) ~22:00
休日6月、10月、2月の第2水曜(祝日の場合は翌日)
12月28日~1月1日 (ロープウェイは年中無休)
料金阿波おどりホール
専属連による阿波おどり
大人 800円、小・中学生 400円
有名連による阿波おどり
大人 1000円、小・中学生 500円
阿波おどりミュージアム
大人 300円、小・中学生 無料
眉山ロープウェイ 片道 610円、往復 1020円(小学生以下 片道300円、往復510円)
アクセスJR徳島駅→徒歩10分
徳島自動車道「徳島IC」→車で約15分

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.