「倉敷美観地区」や「児島ジーンズストリート」での散策や、「直島」や「犬島」でのアートめぐり、「牛窓」で眺める瀬戸内の多島美……など。岡山の旅の魅力をぎゅっと凝縮した2泊3日のドライブトリップへ!

瀬戸内2泊3日のモデルコース日程

8:30 宇野港

2日目のスタートは、本州と四国、瀬戸内海の島々をつなぐフェリーが多数行き来する「宇野港」。瀬戸内国際芸術祭会場のひとつとなった「宇野港アートサイト」では、現在も多数のアート作品を展示しています。また、宇野港の歴史を感じられる「メモリアルパーク」や10数名の作家さんの展示ブースや制作風景を見学できる「駅東創庫」も。フェリーを待ちながら、のんびりとアートにふれられる美しい港です。(所要時間約50分)

宇野港
住所岡山県玉野市築港1丁目地内
アクセス瀬戸中央自動車道水島ICより車で約35分

船で約20分

9:42 直島

「宇野港」からフェリーに乗り込み「直島」へ。ここは、瀬戸内海の海上交通の要衝を占め、海運業や製塩業の島として栄えた場所。大正6年に三菱鉱業、現在の三菱マテリアル直島製錬所が設立されて以来、飛躍的な発展を遂げてきた瀬戸内海の離島です。平成元年には、福武書店、現ベネッセホールディングスが直島文化村構想の一環として直島国際キャンプ場をオープン。その3年後にはベネッセハウスを開設するなど、“アートの島”としても多くの旅人に愛されています。(所要時間約5時間)

草間彌生「赤かぼちゃ」2006年 直島・宮浦港緑地 写真:青地 大輔

直島
住所香川県香川郡直島町
アクセス宇野港より船で約20分

船で、そして車で約30分

15:25 瀬戸内温泉 たまの湯

「直島」を思う存分巡ったら、再び「宇野港」へ。港のすぐ側にある「瀬戸内温泉 たまの湯」は、瀬戸内海を行き交うフェリーの姿や、直島など瀬戸内の島々を一望することができる温泉施設です。館内では、塩サウナ、ロウリュウサウナ、棚田の湯など多彩な施設での入浴を楽しめます。建物は庄屋造りの雰囲気で、素朴で穏やかな時間が流れる非日常的な空間が広がっています。(所要時間約1時間30分)

瀬戸内温泉 たまの湯
住所岡山県玉野市築港1-1-11
Tel0863-31-1526
営業時間10:00~23:00(22:00受付終了)
休日第3火曜日
アクセス宇野港より車で約5分

宿にチェックイン

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.