グランド・サークル。心が動く5つの旅
  • 海外

20

グランド・サークル。心が動く5つの旅

2018.06.07

記事をクリップ

SNSで共有する

  • クリップ一覧
閉じる

日本の25倍以上の面積を誇る広大な国土に、スケールの大きな絶景が点在するアメリカ。なかでも、ユタ州とアリゾナ州の境界に位置する「レイクパウエル」を中心とする半径約230㎞の地域は、「グランド・サークル」と呼ばれる絶景の宝庫です。今回は、10の国立公園と16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園が点在する「グランド・サークル」のなかでも、心を揺さぶられるような感動を味わえる5つの旅先をご紹介します。

大地のアートに心躍る「アンテロープ・キャニオン」

数多くの絶景が点在する「グランド・サークル」のなかでも、アリゾナ州の「アンテロープ・キャニオン」ほど神秘的で美しい景観に出合える場所は、ほかにないかもしれません。先住民族ナバホ族の居住区域内に広がる渓谷は、褐色の砂岩が鉄砲水や風に侵食されることでできあがったもの。ナバホの言葉で「ツェー・ビガニリニ(水が岩を流れる場所)」と呼ばれる「アッパー・アンテロープ・キャニオン」と「ハスデトワジ(螺旋の岩石アーチ)」と呼ばれる「ロウワー・アンテロープ・キャニオン」の2つのエリアで構成されていますが、観光客にとって訪れやすいのは前者。悠久の自然の営みが作り出した複雑で優美な造形は、まさに大地のアートと呼ぶにふさわしい美しさ。特に、頭上の隙間から太陽が差し込む時間帯に渓谷を歩けば、光と岩肌が織りなす神秘的な景観に息を呑むはずです。「アンテロープ・キャニオン」へ行くには近郊のページの街からガイドツアーに参加するのが一般的。鉄砲水の危険があるときなどはツアーが中止になるので、事前に情報をチェックすることをお忘れなく。

エネルギー渦巻く聖地「セドナ」へ

ベル・ロック&コート・ハウス

ベル・ロック&コート・ハウス

「グランド・サークル」のなかでも、大地のエネルギーが集中するパワースポットとしてその名を知られているのが、アリゾナ州中北部に位置する「セドナ」です。レッドロック(赤い岩山)と深い谷、美しい森に囲まれたこの場所は、古くからネイティブ・アメリカンの人々に聖地として守られてきました。スピリチュアルな癒しの地として有名な「セドナ」のなかでも、特に強いエネルギーが渦巻く場所とされるのが「4大ボルテックス」です。セドナの町の中心部にある「エアポート・メサ」や、その名のとおり大聖堂のような重厚な岩山が印象的な「カセドラル・ロック」、トレッキングルートとしても人気の「ベル・ロック&コート・ハウス」、先住民のヤバパイアパッチ族の人々が“人類発祥の地”と考える聖地「ボイントン・キャニオン」など、それぞれ個性があるので、ぜひお気に入りのボルテックスを探してみてください。また、「セドナ」は大地のエネルギーに刺激を受けたアーティストが数多く暮らす町としても知られています。ギャラリーやクラフトショップなども充実しているので、のんびりステイして心身ともにパワーチャージするのもおすすめです。

名作の舞台に感動!「モニュメント・バレー」。

「モニュメント・バレー」はスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」(1968年)やスティーブン・スピルバーグ監督の「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」(1989年)、ロバート・ゼメキス監督の「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994年)など、各時代を象徴する傑作の撮影が行われたことで知られています。ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる「モニュメント・バレー」は、古くからナバホ族の聖地として守られてきた場所。“メサ”と呼ばれるテーブル形の台地や風雨に侵食された岩山が織りなす独特の景観は、まさに大地のモニュメント(記念碑)が林立しているかのよう。褐色の大地に伸びる真っ直ぐなドライブウェイに車を走らせていると、まるで名作の世界に入り込んだような感動を味わえるはず。「モニュメント・バレー」は、映画好きならぜひとも訪れておきたい美しい場所です。

地球の大きさを体感する「グランド・キャニオン」。

「グランド・サークル」のなかでも、圧倒的なスケールを誇る絶景といえば、なんといっても「グランド・キャニオン」です。視界一面に広がる褐色の大地と、渓谷の間を縫ように蛇行するコロラド川の雄大な流れ。東西約446キロメートル、最大幅30キロメートル、深さ最大1,800メートルという規模を誇る世界遺産の大峡谷にはさまざまな年代の地層が露出していますが、もっとも古いものは約20億年前の地層ともいわれています。その景観を前にすれば、誰もが人智を超えた大地のダイナミズムを感じるのではないでしょうか。「グランド・キャニオン」は、コロラド川を隔てて「ノース・リム」と「サウス・リム」の2つのエリアに大別されていますが、展望台などが数多く点在するのが「サウス・リム」。ビジターセンター近くに位置するサンライズの名所「マーサ・ポイント」や渓谷が茜色に染まる美しい夕景を望む「ヤバパイ・ポイント」は、「サウス・リム」を訪れたらぜひ足を運びたい名所です。また、セスナ機に乗って空中から大峡谷を眺めたり、断崖に作られたガラス張り展望橋「スカイウォーク」で絶景散策を楽しんだり……。さまざまなアクティビティが充実することも「グランド・キャニオン」の大きな魅力です。

太古の営みに思いを馳せる「メサ・ヴェルデ」。

「メサ・ヴェルデ国立公園」の岩窟住居群

「メサ・ヴェルデ国立公園」の岩窟住居群

大自然が生み出した数々の絶景が点在する「グランド・サークル」ですが、ひときわ強い個性を放つのが「メサ・ヴェルデ国立公園」です。コロラド州南西部に位置し、1978年に世界文化遺産にも登録されるこの一帯は、1世紀頃からプエブロインディアンのアナサジ族が住んだと考えられる場所。12世紀頃になると断崖をくり抜くように設置された「岩窟住居」が築かれるようになり、現在もその遺跡が国立公園内に残されています。遺跡の数は岩窟住居や石造りの塔などをあわせると、なんと4,000以上というから驚きです。最大の見所となるのが、岩窟住居が並ぶ「クリフ・パレス」。断崖に守られるように整然と並ぶ岩窟住居は保存状態も良好で、この地で営まれた太古の人々の暮らしを今に伝えるかのような迫力です。レンジャーとともに遺跡を巡るガイドツアーに参加すれば、歴史ロマン溢れる遺跡体験が体験できるはず。また、国立公園内には砂漠を一望する高台のビュースポットやハイキングトレイルもあるので、美しい自然景観も楽しめます。

注目のイベント

2018年7月4日

アメリカ独立記念日

グランド・キャニオンへの起点となるラスベガスをはじめ、全米各地で花火などの大規模なイベントが開催される。

ひとことコメント

今回ご紹介したエリア以外にも「グランド・サークル」には、まだまだ見どころがいっぱい!2,000以上の砂岩のアーチが点在する「アーチーズ国立公園」やアメリカで2番目の大きさを誇る巨大人造湖「レイクパウエル」などもおすすめです。旅のスケジュールに余裕があれば、ぜひ足をのばしてみてください!

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

気持ちをシェアしよう!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

アメリカ 記事一覧

ClipRanking

アメリカ・カナダ・中南米

映画とドラマで巡るバンクーバー。主人公気分で楽しむ街散策

家族でお洒落なLA旅行。子連れでも安心な旬スポットを現地ライターが案内

美しき光を求めて、カナダへ

アメリカはじまりの地を歩く ボストン・フリーダムトレイルへ

アメリカ、憧れの名門ゴルフコースへ

Recommend

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ