アメリカの東海岸に位置するビッグシティ・ニューヨーク。常に世界が注目するこの街では、日々多彩なイベントが開催されています。なかでも、毎年開催される全米オープンテニスは、ニューヨークの夏を彩る風物詩のひとつ。今回は、全米オープンテニスを中心にニューヨークの夏の旅の魅力をご紹介します!

熱狂と興奮の2週間!全米オープンテニスの魅力とは

1月の「全豪オープン」、5月の「全仏オープン」、6月の「ウィンブルドン選手権」とともに、テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつに数えられるのが、毎年8月末から2週間にわたって開催される「全米オープン」。4大大会の1年の締めくくりでもあるこの大会は、テニス大会として世界最大の観客動員数と賞金総額を誇る大会。数々のスポーツイベントが行われるアメリカでも、アイコン的なビッグイベントとして大人気です。この時期のニューヨークでは、テレビや新聞などのメディアが連日テニスの結果を大きく報道。街行くニューヨーカーたちの間でも「全米オープンテニス」の話題でもちきりです。昨年はノバク・ジョコビッチ(男子シングルス)、とフラビア・ペンネッタ(女子シングルス)はもちろん、日本人選手の活躍にも注目が集まりました。

2016年8月29日~9月11日に開催される「全米オープンテニス」ですが、世界のトッププレイヤーたちが集うこの大会には、試合以外にも見どころがいっぱい!たとえば大会が開催されるスタジアムのスケールも、注目したいポイントです。

ニューヨークのクイーンズにある「フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク」内の「USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター」には、センター内に世界最大級のテニス専用競技場「アーサー・アッシュ・スタジアム」(約2万人収容)と「ルイ・アームストロング・スタジアム」(約1万人収容)をはじめ、いくつものコートが点在。そのスケールの大きさは「テニス場=小さい」という感覚を心地よく覆してくれるはず。ぜひ現地に足を運んで、その圧倒的な迫力に驚いてください。また、大会期間中には音楽コンサートをはじめ、さまざまなエンターテインメントプログラムも開催されるので要チェックです。

全米オープンテニスを楽しく観戦するコツ

全米屈指のスポーツイベントとして注目される「全米オープンテニス」。その熱狂を現地で味わうために、気をつけておきたいいくつかのポイントがあります。例えばチケットは、事前の購入が必須。チケットはオンラインで購入でき、価格はスタジアムや日程、座席によって細かく設定されています。手軽に現地の雰囲気を楽しむなら、トップ選手の試合が集中するトーナメント終盤よりも、1週目の方がより安価に観戦を楽しめます。また、日本から催行される観戦チケット付きのツアーに参加するのも「全米オープンテニス」を確実に楽しむおすすめの方法です。

全米オープンテニスだけじゃない!夏のニューヨーク旅の魅力

「全米オープンテニス」に沸く夏のニューヨークですが、もちろん楽しみはスポーツ観戦だけではありません。この時期のニューヨークは多種多様なイベントが開催されるお祭り都市! セントラルパークでシェイクスピアの演劇を鑑賞したり、ミッドタウンで「ブラジリアンデー・フェスティバル」を楽しんだり、ブライアント・パークで「サマー・フィルム・フェスティバル」に参加したり、夏季にだけニューヨーク・ハーバーに現れる「ガバナーズ・アイランド」でのんびり過ごしたり……。夏の時期だからこそ楽しめるニューヨークの魅力を、全身で体感してください!。

画像: 全米オープンテニスだけじゃない!夏のニューヨーク旅の魅力

ひとことコメント

スポーツ観戦が盛んなアメリカでも、「全米オープンテニス」は別格の存在感を放つ大会。ゴルフの「マスターズ」やメジャーリーグベースボール(MLB)の「ワールドシリーズ」、プロアメリカンフットボール(NFL)の「スーパーボウル」と並ぶビッグイベントなので、この時期のニューヨークは熱気に溢れています。ぜひその雰囲気を楽しんでください。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.