Kis-My-Ft2の玉森裕太さん主演のドラマ『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系列)。その制作に、JALは全面協力しています。主人公の仕事に向き合うプロフェッショナルな姿だけでなく、パイロットと女性管制官の気になるラブストーリーが描かれる本作は、放送開始直後から話題沸騰。本記事ではパイロット役を演じる玉森さんに、これまでの旅行の思い出や、ドラマ撮影の裏話を伺いました。

旅先でしか体験できないことをとことん楽しみたい

画像: 旅先でしか体験できないことをとことん楽しみたい

人気グループ「Kis-My-Ft2」のメンバーとして多忙な日々を過ごす玉森さんですが、休みができると弾丸でも旅に出るというほどの旅行好き。

玉森さん「旅にはいつでも行きたいと思っています。大きな休みがあれば行きたくなりますね。今はブラジルにとても興味があって、リオで生のサンバを見たいんです。旅では、行った先でしか楽しめないものだったり、経験できないものだったり、そういうものをとても大事にしたいと思っているんです。いつかサンバ隊の人たちと踊りたいというのは、今の夢ですね」

楽しそうに笑みを浮かべながら話す玉森さん。「リオ行きが叶ったら、キラキラの衣装を着て踊っている様子を動画に撮って皆さんにお見せします!」と、次の旅に向けてワクワクが隠し切れない様子でした。

玉森さん「サンバの情報もそうですけど、旅行に行くときはその場所についてとことん下調べします。もしかしたら生きているうちに一度しか行けない可能性もあるかもしれないじゃないですか。その土地でしか食べられないおいしい郷土料理や、そこでしか見られない絶景スポットなど、きちんとリサーチして情報を詰め込みます」

現地での時間を存分に満喫するために、事前にきちんと旅行計画を立てるというのが玉森さんの旅のスタイル。2〜3日前から荷造りを始めるほど、旅の準備には余念がないようです。バッグに詰め込むものとして多いのは洋服。どこでもおしゃれには気をつけたいという思いから、たくさん用意して持っていくそうです。

機内での過ごし方について聞いてみると、玉森さんなりのこだわりも。

玉森さん「機内ではネックピローを着けていつでも寝られるようにしています。あとは、周りの音が気になってしまうとなかなか寝付けないので、ノイズキャンセル機能が付いているイヤホンやヘッドホンを持っていくようにしていますね。飛行機内での睡眠はとても大事です(笑)」

初めて飛行機に乗ったときは外の景色に夢中だった

画像: 初めて飛行機に乗ったときは外の景色に夢中だった

玉森さん「お正月にはお休みを1週間ほど取って、海外に行くことが多いですね。スケジュールの関係で弾丸にはなってしまったのですが、フランスやアメリカに行ったのはとても思い出深いです。ちなみに、最初の海外旅行はニューヨークでした」

そんな玉森さんが初めて飛行機に乗ったのは、まだジャニーズJr.として活動していた中学生のとき。

玉森さん「先輩のコンサートのバックで踊らせてもらうために大阪に行ったときでした。初めての飛行機だったので、嬉しくてずっと窓から空を見ていましたね。先輩たちは慣れているので寝ていたのですが、僕はずっと窓の外の景色に釘付けでした(笑)。そのとき、今は同じグループの宮田(俊哉)が隣に座っていたんですけど、離陸して高度が上がるときって体が後ろに自然と倒れるじゃないですか。それを『自動リクライニングだ!』って言って一緒にはしゃいでました(笑)。今思い出すと初々しいですね」

リアリティを追求することで、航空業界の素晴らしさを伝えたい

画像1: リアリティを追求することで、航空業界の素晴らしさを伝えたい

2022年7月22日にスタートする『NICE FLIGHT!』で玉森さんが演じるのは、パイロット役。旅行で飛行機をよく利用する玉森さんですが、撮影を通して、空の旅に関してさまざまな気づきがあったそう。

玉森さん「今までは、飛行機に乗ったら予定通りに目的地に連れて行ってくれるのが当たり前だと思っていました。でも撮影でJALの方々の仕事の裏側に触れて、一つの飛行機を飛ばすということに多くの方が携わっていて、緻密な計算と作業があってこそ安全に飛べているのだということに驚きました。そして何より、多くの方々の命を背負って、目的地まで無事に送り届けるという責任の重大さですね。空の旅の安全を守ってくれている航空業界の皆さんに対して、これまで以上にありがたみを感じています」

目に見える丁寧な対応や気配りだけでなく、なかなか見ることのできない裏方の人たちの力によって快適なフライトを実現できていることを知れたのは、旅行好きな玉森さんにとって、とても貴重な経験になったようです。

そして、パイロットは多くの方にとって憧れの職業ということもあり、演じることにプレッシャーを感じていると話します。

玉森さん「パイロットについて勉強をしたり、現役のパイロットの方にお話を聞いたりしていると、とても責任感の強さが必要なお仕事だと感じています。覚えないといけないことも多いですし、尊敬しますね。撮影では実際に飛行機をお借りしてコックピットで操作しているんですが、ひとつ手順を間違えるだけで何が起こるか分からないので、緊張感があります。でも、楽しいと思うこともたくさんあって。コックピットには数え切れないくらいのスイッチがあるんですが、その一つひとつについて知っていくのが楽しいんです。コックピットにはロマンが詰まっているな、と」

コックピットでの操作だけでなく、管制塔とのやり取りや英語で専門用語を話すときなど、細かい言動はとても気を遣い、リアリティを追求しているのだそう。

最後に新ドラマ『NICE FLIGHT!』に対する意気込みについて聞きました。

画像2: リアリティを追求することで、航空業界の素晴らしさを伝えたい

玉森さん「空港で働いている方たちのリアルだったり、どうやって飛行機が飛んでいるのかだったり。この業界で働いている方たちの素晴らしさを、ドラマを通してお伝えしたいと思っています。そしていつか、『このドラマを観て、航空業界に入ったんです!』という話を聞けたら幸せですね」

ドラマ『NICE FLIGHT!』

玉森裕太さんが初のパイロット役、主人公・倉田粋(すい)を演じる2022年7月期新ドラマ。働く大人の〈仕事と恋〉の物語。空と空港を舞台に、航空業界の様子や人間模様が描かれます。
今回はJALが全面協力して、実際の羽田空港や飛行機での撮影が実施され、リアルな様子も楽しむことができます。
テレビ朝日系列にて、【毎週金曜】23:15〜放送(一部地域除く)。

玉森裕太(たまもり・ゆうた)

1990年3月17日生まれ、東京都出身。ジャニーズ事務所所属の人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」のメンバー。グループ活動のみならず、映画やドラマでも活躍中。

画像: 『NICE FLIGHT!』主演。玉森裕太さんの「空の旅」

PEOPLE(インタビュー連載)

OnTrip JAL 編集部スタッフが、いま話を聞きたいあの人にインタビュー。旅行にまつわるストーリーをお届けします。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.