画像1: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

「JALふるさと応援隊」熊本県 﨑田 村山

皆さま、こんにちは!
「JALふるさと応援隊」熊本県、客室乗務員の﨑田と村山です。
今回は私たちの愛するゆかりの街、熊本市内を徒歩や市電でふらりと散策するのにおすすめのスポットを紹介します。

はじめにご紹介するのは、平成28年に発生した熊本地震の被害から令和3年3月に復旧作業が完了した震災復興のシンボルである「熊本城天守閣」です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため内部の公開を一時中止していましたが、令和3年10月1日より再開しています。今回の訪問で、私(﨑田)には小学生の頃、夏休みの自由研究のテーマを「熊本城」にした思い出が蘇りました。その当時に見学した木造建築の記憶とは違い、現在は地震や災害に備えうる最新技術を駆使して復旧とリニューアルがなされています。天守閣内では、地下1階から6階の展望フロアに至るまでさまざまな時代別の展示や大天守最上階からの景色が楽しめます。熊本城公式アプリをダウンロードすると天守閣常設展示の解説文や映像を、音声、字幕両方で楽しむことができます。築城から400年の歴史に想いを馳せながら見学してみてはいかがでしょうか?

【お問合せ先】熊本城運営センター

住所熊本市中央区花畑町9番6号3F
電話番号096-223-5011
公開時間9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日2021年度は12月29日~31日(変更可能性あり)

次にご紹介するのは、熊本県立美術館細川コレクション常設展示室(別棟展示室)です。こちらの展示室では、およそ3カ月に1度展示のテーマ替えを行いながら、永青文庫*の名品30〜60点ほどが展示されています。今回訪れた際の展示では熊本初代藩主・細川家伝来の甲冑、調度、能面などの工芸品を見ることができました。
細川家伝来の甲冑は軽さを重視した実践的なつくりが見どころで、そのほかの調度品も美しいものばかりです。また、当時の能面もさまざま展示があります。そのなかでも鬼やこの世のものではない(生きていない)者の能面は白目の部分が金彩色に表現されていて、その奇怪な表情に思わず見入ってしまいました!今回の展示「よくわかる工芸のみかた」は令和3年12月24日まで開催されています。

*永青文庫…東京文京区にある旧熊本藩主細川家伝来の美術品や歴史資料などを収蔵している美術館

画像3: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像4: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像5: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

【お問合せ先】熊本県立美術館本館

住所熊本市中央区二の丸2番
電話番号096-352-2111
開館時間9:30~17:15(入館は16:45まで)
休館日月曜日(祝日・休日の場合は開館し、翌平日が休館)、年末年始(12月25日~1月4日)
※展示替えなどにより休館することもあるため、詳細はお問い合わせください。

お腹が空いてきたら、京町にある、伝統とこだわりのうなぎの徳永の新店舗、「京町茶寮 徳永」でのランチはいかがでしょうか?こちらの店舗は広々としていて、お天気が良い日、窓際のお席からは雄大な阿蘇の眺めも楽しめます。うなぎ屋のイメージを覆す多彩な料理とパティシエが作るスイーツ、こだわりの日本茶や紅茶のラインナップ。14時からは、熊本市内の人気イギリス菓子店「トミーズショートブレッド」監修のアフタヌーンティーで優雅な時間を過ごせます。熊本城散策と美術館訪問のあとのちょっと足が疲れた際の休憩もかねて、心もお腹も満たされに、ぜひお立ち寄りください。

画像6: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像7: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

【お問合せ先】京町茶寮 徳永

住所860‐0074 熊本市西区出町1-3
電話番号096-288-4344
営業時間11:00~22:00(ラストオーダー21:30) ※コロナ禍により変更あり

次に、はきもの一筋の職人技、創業100余年の「武蔵屋」さんをご紹介します。
店内には多数の下駄や草履がところ狭しと並び、子ども用の草履から部屋履きとして日常使いできるものまで豊富な品揃えです。竹の皮の抗菌作用で、室内用は季節を問わず、履き心地も快適です。家事に忙しく歩き回っていても疲れを感じないので、私(村山)も愛用者の1人で、友人にプレゼントしたこともあります。鼻緒の柄もさまざま用意されていて、シンプルで落ち着いたものから、花柄、幾何学柄など沢山のなかから選ぶことも楽しめます。歴史あるお店で、物腰の柔らかいお店の方と一緒に、熊本土産として喜ばれる唯一無二の一品をお探ししませんか?

画像8: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像9: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

【お問合せ先】武蔵屋

住所860‐0035 熊本市中央区呉服町1-1
電話番号096-352-6497
営業時間09:30~17:00 ※変更あり
定休日日曜 祝日

続いて築120年の町屋をリノベーションした珈琲豆屋「珈琲回廊」でほっと一息いかがでしょうか?外観からはコーヒーがいただけるカフェとは予想できない佇まいの素敵なお店です。注文を受けてから焙煎しているため、店内には心地よくかぐわしい珈琲豆の香りが立ちこめ、奥の喫茶スペースでは町屋の中庭を眺めながらのおしゃれな空間でのコーヒータイムを体験できます。また、持ち帰りの珈琲を購入すると、その豆を挽いてもらう間、コーヒーの一杯サービスという粋なおもてなしも。桶に入れて並べられたコーヒー豆も和との調和で素敵です。

画像11: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像12: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

【お問合せ先】珈琲回廊

住所860‐0027 熊本市中央区西唐人町20
電話番号096-325-1533
営業時間10:00~19:00

最後に珈琲回廊の斜め前に位置する和菓子屋、「虎之助」をご紹介します。
藩主加藤清正の幼名「虎之助」から取って名付けたこのお店では、重厚感ある店構えの中に、まるで芸術作品のようにひとつひとつ美しくライトアップされた、特別感を感じられる現代風のフルーツを使った和菓子をご覧いただけます。売り切れ次第終了の貴重な和菓子を手に入れに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

画像13: 熊本市内の「ぶらり街歩き」
画像14: 熊本市内の「ぶらり街歩き」

【お問合せ先】虎之助

住所熊本市中央区呉服町1-46
電話番号096-288-1009
営業時間11:00~売り切れるまで

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.