画像1: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅

日本トランスオーシャン航空 販売推進部 安谷屋花枝

皆さまこんにちは!沖縄にある日本トランスオーシャン航空から安谷屋です。沖縄も今年は寒波が押し寄せ肌寒い日が続いております。

今回は沖縄本島中部にあり、那覇空港から車で1時間ほどの距離にある沖縄市についてご紹介します。沖縄市と言えば、エイサーのまちとして知られており、毎年開催される「沖縄全島エイサーまつり」では県内外から30万人の観客を動員します。そのほかにも音楽やスポーツなど季節によってさまざまなイベントがあり年間を通して楽しんでいただける魅力的なまちです。

まず初めにご紹介するのは、昨年11月にオープンした1日100食限定の人気パフェ専門店「JET SWEETS」です。店内は洞窟のようにサイズの異なる空間が並んでおり異世界を感じるこだわりのインテリアデザイン。お店の窓からは近くの海が見下ろすことができ、干潮時には水が引いた海岸で遊ぶ子どもの姿に癒されながらカフェタイムを過ごすこともできます。

画像2: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅

パフェは沖縄県産のマンゴー、紅芋、クリームブリュレの3種類がありました。サイズは少し大きめですが甘さ控えめで、美味しくいただくことができました。

画像4: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅

【お問合せ先】JETSWEETS パフェ専門店

住所沖縄市泡瀬3丁目47-1
インスタグラムhttps://www.instagram.com/jet_sweets_/

次に、沖縄市をホームタウンとするサッカークラブ「FC琉球」。現在J2リーグに所属しており、年間21試合あるホーム戦は(*2021シーズンの試合数)沖縄市にあるタピック県総ひやごんスタジアムにて行われます。FC琉球サポーターの応援ソングに包まれる会場で、トップレベルの選手たちの試合を観戦する雰囲気を味わってみませんか?
2021シーズン開幕戦は2月28日(日)、沖縄市のホームスタジアムにてジュビロ磐田との対戦です。

画像5: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅
画像6: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅

*感染症対策のため無観客試合や動員人数制限を行う場合がございます。

【お問合せ先】FC琉球

スタジアムタピック県総ひやごんスタジアム
住所沖縄市比屋根5-3-1
クラブURLhttp://fcryukyu.com/

最後に、東南植物楽園にて開催中の「ひかりの散歩道 南国イルミネーション」のご紹介です。熱帯・亜熱帯植物が茂る園内のさまざまなエリアにイルミネーションが施され、南国らしい植物の鑑賞とともに鮮やかな輝きをお楽しみいただくことができます。2021年5月9日(日)まで開催予定となっておりますのでぜひ足を運んでみてください。

画像7: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅
画像8: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅
画像9: 沖縄市で地元感を楽しむサッカー観戦、イルミネーション鑑賞の旅

【お問合せ先】東南植物楽園

住所沖縄県沖縄市知花2146
電話098-939-2555

以上が沖縄本島中部にある沖縄市のおすすめスポット3か所のご紹介となります。

沖縄は定番スポットのほかにもまだまだ魅力的な場所がたくさんあります。ぜひ皆さまそれぞれのお気に入りを見つけてみませんか?

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.