熊本県の人気の観光地といえば、雄大な自然が広がる阿蘇地域、新鮮な魚介類が豊富な天草地域などが挙げられますが、シンボル的なものといえば、「熊本城」を挙げる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。
画像1: 今しか見ることのできない熊本城

日本航空 熊本支店

画像: (2019年8月撮影)

(2019年8月撮影)

日本三名城の一つで、土木の神様といわれた加藤清正が築城した熊本城は、お城ファンや歴史ファンの方々、海外からの観光客も含め、国内外から多くの方々が訪れております。
人気の観光地であった熊本城ですが、平成28年に発生した熊本地震では、熊本城も被災し、多大な被害を受けました。被害の影響により、お城の周辺も含め、立入規制区域が設定され、城内に入ることはもちろんのこと、間近で見ることもできず、離れたところから眺める状態が続きました。
しかし、工事関係者のご尽力により、震災から約3年半となる、令和元年10月5日から熊本城天守閣の大天守外観復旧を記念して、「熊本城特別公開第1弾」が開始され、多くの方々に訪れていただいております。
(※特別公開の概要については、下記を御参照ください。)

(2019年7月撮影)

未だ熊本城の内部には立ち入ることができませんが、雄大にたたずむ熊本城を間近で見ることができます。

特別公開第1弾
公開日:原則、日曜日・祝日限定(4月26日は休園)
公開時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
券売所:二の丸券売所(営業時間 8:45~16:25)
 城彩苑わくわく座券売所(営業時間 8:45~16:00)
入園料:高校生以上:500円(400円)
 小・中学生:200円(160円)
 未就学児:無料( )の料金は30人以上の団体料金
問い合わせ先: Tel 096(352)5900(熊本城総合事務所)

特別公開第2弾!

熊本城の公開について最新情報をお知らせします。2020年4月29日から「特別見学通路」の完成に伴い、特別公開第2弾が開始されます!

画像: 全体イメージ(熊本城総合事務所提供)

全体イメージ(熊本城総合事務所提供)

特別公開第2弾のポイントは、新しく出来た「特別見学通路」に沿って、地上約6mの高さから、天守閣や二様の石垣、重要文化財櫓群などをはじめとした熊本城の姿を、これまでと違う視点で観覧することが可能となることです。

さらに、これまで日曜・祝日のみに公開が限定されていましたが、第2弾では平日・土曜も観覧が可能となります。(公開時間、発券所、入園料は第1弾と同様です)
今しか見ることのできない熊本城を、ぜひ、御覧ください。

画像: (熊本城総合事務所提供)

(熊本城総合事務所提供)

画像2: 今しか見ることのできない熊本城

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.