春の訪れは厳しい寒さが終わる合図。うれしい反面、冬が去っていくのは少し名残惜しい気もします。冬の寒さに趣を感じるのは、四季がある日本ならではの楽しみです。
コートを着込んでマフラーに顔をうずめつつ、雪のなかに繰り出せば、寒さのなかに「冬だけのあたたかさ」を感じる瞬間がきっとあるはず。
今回は雪景色が美しい、自然豊かな札幌のオシャレエリア円山を紹介します。
北国の動物たちの姿や古民家カフェ、パンケーキ専門店など、思いきり冬を感じる旅をしてみませんか?
画像: 札幌のオシャレエリア”円山”をご案内!

「札幌市円山動物園」で動物たちに癒される

画像: 「札幌市円山動物園」で動物たちに癒される

観光スポットとして有名な天然記念物の原始林のすぐ隣。円山動物園では、エゾヒグマやレッサーパンダをはじめ、動物たちの愛くるしい様子を眺めることができます。オオカミとしては最大級の体つきをしているシンリンオオカミや、北海道にしか生息しないエゾシカなども飼育されています。もふもふした動物のかわいさに癒されに行きましょう。

札幌市円山動物園
入園料大人:600円/小人:無料 ほか
開園時間(冬期)9:30〜16:00/(夏期)9:30〜16:30
webhttp://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html

円山の人気カフェ「森彦」

画像: 円山の人気カフェ「森彦」

動物園を散策したあとは、冷えた体をあたためるカフェタイム。築70年ほどの古民家を再利用したカフェ「森彦」は、自家焙煎の豆と手縫いのネルで淹れたこだわりのコーヒーが魅力です。内装や、一つひとつのインテリアににじむ歴史の息遣いを感じながら、ゆったりとしたひと時を過ごしましょう。

価格森の雫(680円)、ガトーフロマージュ(420円)
営業時間10:00〜21:00
webhttp://www.morihico.com/

絶品スイーツを堪能「円山ぱんけーき」

画像: 絶品スイーツを堪能「円山ぱんけーき」

地元の人々がこよなく愛するパンケーキ専門店「円山ぱんけーき」では、半生ふわとろのパンケーキを味わえます。モダンでおしゃれな店内で小腹を満たし、ほっこりひと休みしていきましょう。

円山ぱんけーき
価格天使のぱんけーき(1,400円)
営業時間11:00〜18:30
公式Facebookhttps://www.facebook.com/maruyamapancake/

ひとことコメント

旅は出会いの連続。場所や人、あるいは新しい自分の一面を見つけることもできるかもしれません。旅の数だけ出会いはあり、冬には冬にしか見ることができない何かが待っているはず。そんな冬の出会いを求めて、雪化粧に彩られた札幌・円山を訪れてみませんか。

JALで行く北海道旅行・ツアー

■北海道・札幌の関連記事

※2019年8月15日に一部内容を更新しました。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.