自然と歴史が織りなす絶景、備中松山城。西日本一の名瀑、神庭の滝。全長360mの廻廊ともみじの対比が鮮やかな、吉備津神社など。秋の澄んだ空気に映える絶景を巡る、歴史と紅葉の旅に「いざ、出陣!」

愛媛松山の2泊3日のモデルコース日程

10:00 備中松山城

天守が現存する山城としては日本一標高の高い場所にある「備中松山城」。秋には大手門付近の木々が紅葉し、景色が朱色に染まる圧巻のパノラマを楽しめる。また例年、秋から冬にかけての時期には、雲海が現れる日も多数。大松山展望台から眺める備中松山城はまさに「天空の山城」の名にふさわしい荘厳さだ。(所要時間約2時間)

備中松山城
住所岡山県高梁市内山下1
アクセス岡山自動車道賀陽ICより車で約30分、下車徒歩約20分

車で約50分

12:50 吹屋ふるさと村

赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みを楽しめる「吹屋ふるさと村」。吹屋の特異な点は、個々の屋敷が豪華さを纏うのではなく、旦那衆が相談の上で石州(今の島根県)から宮大工の棟梁たちを招いて、町全体が統一されたコンセプトの下に建てられたこと。当時としては驚くべき先進的な思想をベースに築かれた、美しい町並みをゆっくりと見学しよう。(所要時間約1時間)

吹屋ふるさと村
住所岡山県高梁市成羽町吹屋
アクセス岡山自動車道賀陽ICより車で約50分

車で約50分

14:40 満奇洞

歌人の与謝野晶子が訪れた際に「奇に満ちた洞」と詠んだことから、「満奇洞」の名で知られる。全長約450mの洞内には、水が何億年もかけて刻んだカーテンやつらら石、洞穴サンゴなど、見事な造形が点在。さらに奥には、地底湖も広がっている。ライトアップによる幻想的な雰囲気も魅力。「八つ墓村」のロケ地としても有名だ。(所要時間約1時間)

満奇洞
住所岡山県新見市豊永赤馬2276-2
アクセス中国自動車道北房ICより車で約20分

宿にチェックイン

立ち寄りスポット

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.