チェスキー・クルムロフ歴史地区
  • 海外

119

チェスキー・クルムロフ歴史地区

2016.01.19

1992年に世界遺産(文化遺産)に登録されたチェスキー・クロムロフ歴史地区。チェコ共和国南部に位置し、クルムロフ城や聖ヴィトゥス教会などの歴史的建造物が点在する美しい町並みの魅力をご紹介します。

チェスキー・クルムロフ歴史地区
登録年:1992年
世界遺産の種類:文化合遺産
登録基準:
●チェスキー・クルムロフ歴史地区

アクセス/首都プラハから直行バスで約3時間、鉄道の場合は4~5時間

「眠れる森の美女」と称される 美しき世界遺産 チェスキー・クルムロフ歴史地区へ

「眠れる森の美女」と称される 美しき世界遺産 チェスキー・クルムロフ歴史地区へ

深い緑の森とヴルタヴァ川に包み込まれるように、オレンジ色の屋根と白壁の建造物が立ち並ぶ「チェスキー・クルムロフ歴史地区」。ヨーロッパを代表する美しい町として知られるこの世界遺産は、その美しさからボヘミアの「眠れる森の美女」と呼ばれてきました。

 

ヴルタヴァ川沿いの貿易の要所として発展した「チェスキー・クルムロフ歴史地区」。この町のランドマークでもある「クルムロフ城」が、南ボヘミアで勢力を誇ったヴィートコヴィッツ家によって建造されたのは13世紀のこと。その後「クルムロフ城」は、ロジェンベルク家やエッゲンベルク家、シュワルツェンベルク家など、歴代の有力者によって治められてきました。そして、主の変遷や時代の流れとともに、増改築が繰り返され、創建当初のゴシックに加え、ルネサンスやバロック、ロココなど多彩な様式を備えた独自の美しさを持つようになりました。

 

さらに、20世紀になると産業革命が起こり、ヨーロッパの他の都市はその景観を大きく変えていきます。しかし、深い森に包まれたチェスキー・クルムロフの町は、周囲の厳しい自然環境から、変化の波に取り残されていきます。そのおかげで、クルムロフ城や旧市街からなる「チェスキー・クルムロフ歴史地区」は、今なお中世ヨーロッパの空気感を持つ美しい場所として、世界中の人々に愛されているのです。

好奇心の赴くままに 小さな町を歩く…… チェスキー・クルムロフ歴史地区散策のススメ

好奇心の赴くままに 小さな町を歩く…… チェスキー・クルムロフ歴史地区散策のススメ

「眠れる森の美女」と呼ばれる世界遺産をめぐるなら、まずは石畳の町並みを歩いてみるのがおすすめです。「チェスキー・クルムロフ歴史地区」の主な見どころといえば、なんといっても「クルムロフ城」。プラハ城に次いで、チェコ第2の規模を誇るこのお城には、13世紀後半に建造され、16世紀にルネサンス様式に改修されたピンクの塔「フラデークの塔」や、18世紀に完成したバロック様式のオペラ劇場など、見どころは多彩。城全体がひとつの博物館のようなので、じっくりとその美しさを楽しんでください。また、「フラデークの塔」や城と庭園をつなぐ石造りの「ブラーシュティ橋」は、「チェスキー・クルムロフ歴史地区」を一望できるビュースポットなので見逃せません。

お城を眺めたあとは、ルネサンス期の華やかな雰囲気が残る旧市街へ。「スヴォルノスティ広場」を中心に放射線状に発展した旧市街には、15世紀に建造された「聖ヴィート教会」などの見どころが点在。カラフルな建物を眺めながら石畳の道を歩いていると、まるで中世の町に迷い込んだような感覚になれるはず。「チェスキー・クルムロフ歴史地区」は、1日で十分見て回れる小さな町なので、好奇心の赴くままに散策を楽しみましょう。

美しき歴史遺産をめぐる 世界遺産ホッピングへ

美しき歴史遺産をめぐる 世界遺産ホッピングへ

「チェスキー・クルムロフ歴史地区」を訪れたのなら、ぜひ時間を取って他の世界遺産にも足を延ばしてみてください。たとえば、「チェスキー・クルムロフ歴史地区」観光の起点となるチェコの首都・プラハは、11世紀~18世紀までの多彩な建築群が点在する場所。1992年には「プラハ城」や「カレル橋」、「旧市街広場」などを含む広大なエリアが「プラハ歴史地区」として、世界遺産(文化遺産)に登録されています。

また、「チェスキー・クルムロフ歴史地区」と同じ南ボヘミア州には、1998年に世界遺産(文化遺産)に登録された「ホラショヴィツェの歴史的集落」も。ここは、古くからボヘミア各地に点在した村落の典型的な姿が、今なお垣間見られる場所。「チェスキー・クルムロフ歴史地区」とは異なる、素朴な風景が魅力です。「チェスキー・クルムロフ歴史地区」からは車で30分~40分ほどでアクセスできるので、ぜひ訪れてみてください。また、「チェスキー・クルムロフ歴史地区」は、ドイツやオーストリアとの国境に近い町なので、チェコ・ドイツ・オーストリアの世界遺産を周遊する旅を計画してみるのも面白いかもしれません。

ひとことコメント

例年、11月~3月にかけて厳しい冬を迎えるチェコ。この時期のチェコ旅行は、静かな環境の中、美しい雪景色の町並みを楽しめるツウ好みのシーズン。ただし、お城やミュージアムなどの観光施設は、この時期には閉まってしまうことも多いので要注意です! 3月後半~5月頃の春の時期は、まだ肌寒い日もあるものの、比較的観光しやすい時期。7月~8月のバカンスシーズンに比べると人影も少ないので、ゆっくり観光を楽しめるはずです!
旅ライター/吉原徹

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ