こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は岐阜編。岐阜市、そして南東部である中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市に2泊3日で伺いました。県庁所在地で柳ケ瀬など往年の繁華街、長良川、歴史的には斎藤道三・織田信長の居城の岐阜城などを有す岐阜市、文豪の島崎藤村ゆかりで宿場町として栄えた馬籠宿などのある中津川市、三十三霊場で霊験あらたかな瑞浪市、明智光秀のふるさとで日本大正村など歴史的にも見どころ満載の恵那市、良質の陶磁器原料が採れるゆえの美濃焼の産地でもある土岐市。それぞれにさまざまな良さが。もちろんグルメも美味満載です。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

画像3: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

岐阜駅至近で昭和22年創業の老舗パン

JR岐阜駅南口から徒歩約2分。栄町通りにある、創業が昭和22年という老舗のパンやさん。年季の入った木造の一戸建てに古き良き懐かしさも感じます。店内へ入れば、ずらりと並ぶ総菜パンや菓子パンなど。レシピ的には100以上あるそうですが、そのうち約70種類が次々に焼かれて並んでいきます。

ご主人の髙木芳継さんは3代め。ちょうど、あんぱんが焼きあがったので、お持ちいただいてパチリ♪「だいたい11時~11時30分ごろにパンの種類がピークになりますね」と髙木さん。種類が多くてとっても目移りしますが、一番人気は「あんぱんちゃん」だそう。大きいのに130円とお得なのも人気の所以で、ふんわりとした香ばしい生地の中には北海道産小豆使用の甘めの餡が。

他にも「焼きそばくん」。焼きそばを作って合わせた惣菜パンで、やや濃いめの味つけが後を引きます。ふと見ると「たこやきくん」「おこのみやきくん」なども!これもまた評判なんだとか。「イギリス食パン」「フランスパン」なども。ネーミングは、総菜パンが「くん」、菓子パンが「ちゃん」みたい。ファンも多い、岐阜を代表するパン屋さんです。

サカエパン
住所岐阜県岐阜市加納栄町通り1-9
電話058-271-0290
営業時間6:50~19:00
定休日不定休
価格あんぱんちゃん 130円
やきそばくん 170円
たこやきくん 170円
おこのみやきくん 200円
いずれも税込

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

古き街並みの川原町で、鮎ふんだんのラーメン

泉屋物産店は創業明治20年の老舗。岐阜長良川伝統の味を追求し、岐阜県産の天日干し 鮎のひらきを始め、鮎塩焼き、子持鮎熟れ寿しなどの鮎製品を製造・販売なさっています。その5代めである泉善七さんが立ち上げたのが「川原町泉屋」です。

江戸時代、長良川の船運の湊として栄え、材木和紙の問屋町として発展した河原町には、今も格子戸のある古い家並みが続いています。また長良川といえば鵜飼でも有名。その時期には鮎漁も盛んです。「でも、川原町には鮎料理を提供する飲食店が無かったのです」と泉さん。そこで店舗を構えたというわけ。天然鮎コースなどの鮎料理、そして鮎塩焼きや鮎ぞうすい、鮎熟れ寿しなどの一品料理を提供。

今回は「鮎らーめん」をいただきました。天然鮎の魚醤も用いたラーメンは、鮎の上質な風味がただよいます。麺も中細のストレートタイプで、粋な雰囲気にぴったり。さらに自家製の天日干し鮎のひらきを、紀州備長炭などを用いて焼き上げてトッピング。まさに鮎の旨みがふんだんに活きたラーメンが、ここにありました。他にも手作りの「鮎ピザ」などもあり、魅惑の鮎ワールドが広がります。

川原町泉屋 (かわらまちいずみや)
住所岐阜県岐阜市元浜町20
電話058-263-6788
営業時間11:30~14:00L.O
夜は予約で17:00~19:30L.O
(鵜飼開催期間中11:30~14:00L.O。17:00~19:30L.O)
定休日水曜日(7・8月は無休)
価格鮎らーめん 1320円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

創業元和6年の老舗うなぎ店、岐阜「二文字屋」

JR岐阜駅南東に徒歩約8分。一見すると住宅が並ぶ地に、元和6年(1620年)創業のうなぎ専門店「二文字屋(にもんじや)」があります。創業者は岐阜城下より移り住んだ上野長七郎氏。店先の池では錦鯉が何匹も泳いでいたりと、情緒ただよう雰囲気です。しかし、なぜこの地に? 実は店舗の前面道路が旧来の中山道だったと聞き、納得。

この一帯は中山道六十九次の53番めの加納宿という宿場町だったそう。外観も店内も堂々たる風格を有する中に、時代の経過とともに今は畳敷きの部屋もテーブルと椅子になったりと、なんとも時空を越えた双方の良さが相俟っています。

現在のご主人は13代め。とても珍しいのは料理によって3種類のうなぎの焼き方がある点。サクっとした食感のうな丼を基本とし、ひつまぶしは焼きを強めに、うな重は逆にふわふわとろとろに仕上げているそう。

今回いただいたのは長焼きの「鶴長」という一品。なんと二段重ねになっています。上段には丼と同じく、サクっとした食感のうなぎの蒲焼き。下段にはふっくらとしたご飯。なるほど、分けることにより、両者の食感と旨みが最大限に引き出せるというわけですね。ちなみに3種類の食感の違いを味わいたい方は「うなぎ三昧」なるメニューも。

二文字屋 (にもんじや)
住所岐阜県岐阜市加納本町2-17
電話058-271-7843
営業時間11:30~14:00、17:00~20:00 ともにうなぎ無くなり次第終了
定休日月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
価格鶴長 3950円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.