こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は岐阜編。岐阜市、そして南東部である中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市に2泊3日で伺いました。県庁所在地で柳ケ瀬など往年の繁華街、長良川、歴史的には斎藤道三・織田信長の居城の岐阜城などを有す岐阜市、文豪の島崎藤村ゆかりで宿場町として栄えた馬籠宿などのある中津川市、三十三霊場で霊験あらたかな瑞浪市、明智光秀のふるさとで日本大正村など歴史的にも見どころ満載の恵那市、良質の陶磁器原料が採れるゆえの美濃焼の産地でもある土岐市。それぞれにさまざまな良さが。もちろんグルメも美味満載です。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

画像3: 岐阜のおすすめグルメ10選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

中津川名物“五平餅”専門店「おふくろ」

JR中津川駅から徒歩約2分にある「おふくろ」は岐阜はおろか日本でも稀有な五平餅の専門店。五平餅は歴史が古く、江戸時代にはすでにあったそう。古すぎて発祥がどことか、なぜこの漢字なのかもわからないそう。しかも“わらじ型”を連想なさる方が多いと思われますが、実は地域により異なり、中津川では“団子型”なのです。

創業は昭和44年(1969年)。母が始めて現在は2代目の娘が旦那さんと店を切り盛りなさっています。評判なのは「注文が入ってから焼き始める」から美味しいということ。ごはんを練って丸めて串に3個刺し、下焼きした後にタレにつけます。けっこう濃厚なタレです。

そして焦げ目がつくまでこんがりと焼いたら完成。なので10~20分かかりますが、出来立てを味わえるので格別です。その美味しさにびっくり。醤油ベースでゴマやクルミ、ピーナッツなどをたっぷりと使用し、丁寧に摺りこんで作成したタレは、まるで味噌と思わんばかりのコクとねっとりとしたまろやかさと甘さが広がります。

ごはんゆえの団子もお米の硬めながらもふっくらとした良さもあり、思わず5本、一気に食べ終えてしまうほど。だいこんの酢漬けも良い箸休めに。

おふくろ
住所岐阜県中津川市太田町2-4-12
電話0573-65-5014
営業時間11:00~17:00(16:30L.O) 早じまいあり
定休日火曜日、水曜日
価格五平餅 一皿(5本) 635円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

本格ステーキ「神戸館」で中津川名物「とりトマ丼」

「神戸館」は、中津川の商工会議所1階にあります。市役所も至近とはいえ、ちょっと奥まった、なぜこの場所に?と思えば、1982年の創業当時は川沿いの通りに位置していたそう。その後、こちらへ移転。現在は2代目の林栄治さんが切り盛りなさっています。

ロース肉、ヒレ肉とも一本買いの本物ステーキを提供。「自家製」にこだわっていて、仕入れた食材を店内で仕込み、調理し、自家製のソースで提供しています。トンカツ、唐揚げから、シホンケーキ、ホットケーキなどのデザートまで自家製です。

今回いただいたのは中津川のご当地グルメである「とりトマ丼」。自然豊かな場所で育った名産の鶏肉とトマトがタッグを組んで生まれた名物なのですが、市内約30店舗で提供されています。店舗によって味も見せ方も違うそう。登場したそれは、まさに丁寧に作られた味わいです。

中津川若鶏のカツは鶏そのものの旨みもそうですが、サクっと香ばしく揚げられ、美味!そこに濃厚トマトソースがかかっているわけですが、甘さの中に、アジメコショウも用いてピリッとしたアクセントも。さらにモッツアレラチーズまで。まさにイタリアン的な一品です。しかも“丼”なので自家製お新香と日替わり小鉢まで♪

神戸館 (こうべかん)
住所岐阜県中津川市かやの木町1-20
電話0573-65-2577
営業時間8:30~17:00(食事は11:00~14:00)
定休日日曜日
価格とりトマ丼 1000円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

恵那「西尾製麺所」で手作り讃岐うどん

明智光秀のふるさとで日本大正村など歴史的にも見どころ満載の恵那市は、恵那峡などもあり、風光明媚な自然豊かな地です。そんな恵那市の明智鉄道明智線岩村駅から徒歩約10分。山あいの国道257号線沿いに「讃岐うどん専門店」と大きく描かれた看板。そこを奥へと曲がっていくと店舗があります。隠れ家的雰囲気といった言葉がぴったりの場所。

ご主人の西尾利幸さんは地元の方で、讃岐うどんに魅せられ、店舗を構えたそう。まず、うどん自体のこだわりが良いですね~。北海道産小麦粉を使用した手作りのうどんは、コシのある仕上がりです。

今回いただいたのは「かき揚げうどん唐揚げセット」。麺自体ももちろん美味しいですが、白だしベースのツユも爽やかな中に深みがあって、ふわっと節類の良い香りもただよいます。かき揚げは、サックサクな食感が楽しめ、途中ではんなりとしたツユに付けて味わってもGOOD。

そして、とりの唐揚げなのですが、これがボリューム大!!食べ応えもあり、おなかいっぱい。ちなみに食べきれない方はテイクアウトもできるそう。恵那の山あいで味わう讃岐うどん、侮れません!!

西尾製麺所 (にしおせいめんじょ)
住所岐阜県恵那市岩村町2386-2
電話0573-43-4131
営業時間11:00~15:00 17:00~20:00
定休日火曜日
価格かき揚げうどん唐揚げセット 1100円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.