こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は名古屋編。愛知県の名古屋市へ2泊3日で行ってきました。日本の三大都市圏のひとつである中京圏の中枢の名古屋市は、江戸時代には尾張徳川家のお膝元として繁栄しました。現在も様々な有名企業の本社があるほか、観光地としても名古屋城や徳川園、名古屋市市政資料館のような歴史的建造物も多い地。グルメに至っては“名古屋めし”と称されるほど、ご当地色豊かなグルメが目白押しです。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 愛知・名古屋でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 愛知・名古屋でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

名古屋名物エビフライがさらに巨大でワクワク

「キッチン欧味」。ご主人の大野稔さんが、息子の悠さんらとともに店を切り盛りしています。新栄で喫茶店を開業し、こちらへ移転して洋食レストランに。名物は全国放送のテレビ番組で「名古屋のエビフライが凄い事になっている」というコーナーでも紹介されたほどの「ジャンボエビフライ定食」です。ジュージューと音を立てて登場した鉄板タイプで、一枚一枚、直火で熱しているそう。約25㎝の大きな天然エビに、茹で卵やピクルス、玉ねぎなどがベースの濃厚なタルタルソース。「定食」はライス+赤だしの「和風」、パン+スープの「洋風」が選べますが、今回は「和風」で。お米は「幻の米」とも称される岐阜のハツシモを使用。エビフライの洋とライス+赤だしの和という組み合わせもGOOD♪ ちなみに約30㎝の天然エビを使用した「ジャンボ&ジャンボエビフライ定食」も。他にも、チーズをのせたジューシーなハンバーグの「ゴールドバーグ定食」、ジャンボエビフライとハンバーグの「ジャバーグ定食」、ジャンボエビフライとみそトンカツ、手羽先、うなオムレツといった名古屋名物を満喫の「名古屋三昧定食」など、気になるメニューが目白押しです。

キッチン欧味(おうみ)
住所愛知県名古屋市千種区千種1-9-23
電話052-734-0345
営業11:00~15:00 17:00~22:00(日祝~21:00)
定休日月曜日(祝日の場合は営業、翌平日休み)
料金ジャンボエビフライ定食 2200円、ホットコーヒー 400円(ランチタイムは食事と一緒で200円引きの200円)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

八事マダムにも大人気。クラシカルな王道のスイーツ

1982年、フランス料理「レストラン・シェ・コーべ」より独立。名古屋では老舗の本格的フランス菓子店。パティシェの手作りにこだわって、クラシカルな王道のフランス菓子を追い求め、一つ一つのお菓子を丁寧に仕上げています。場所は高級住宅地も多い八事駅が最寄り駅で、本店以外に大丸松坂屋名古屋店、大丸松坂屋豊田店にも出店。ショーケースには旬のフルーツや新鮮な食材を使用した生菓子が季節限定と通年の組み合わせで約20種類。素材と向き合って、時間をかけてじっくりと焼き上げた焼菓子も評判です。イートインの喫茶スペースもあり、ストレートティーなどと共にケーキがいただけます。ピンク色のマカロンが可愛い「イスパハン・フレーズ」は、今の時期のみの限定スイーツ。フランスはヴァローナのビターチョコのムースでコーティングした「アルモニー」は、中にピスタチオのババロアと木苺のムースがあり、コクがありつつも酸味が効いた仕上がり。また「焼き菓子」は企業の贈答品やノベルティグッズとして重宝されています。お子様のバースディケからアニバーサリーまで、形や大きさ、予算など要望に沿ったオーダーケーキも人気です。

PATISSERIE Chez KOBE (パティスリー シェ コーベ)
住所名古屋市瑞穂区弥富町緑ヶ岡2
電話052-834-2345
営業10:00〜21:00(ティールームはL.O.20:30)
定休日無休
料金ストレートティー 540円、イスパハン・フレーズ 626円、アルモニー 540円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

分厚い“名古屋式”の蒲焼きで、ひつまぶし

創業昭和42年。魚屋さんだった祖父の水野甫(はじめ)さんと父の新一さんがうなぎ店を始めたので「うなぎの新甫(しんぽ)」。現在は3代めの水野啓さんがのれんを守ります。1階テーブル席、2階お座敷で、合計100名程度。駐車場も17台と、堂々としたうなぎ屋さん。毎朝仕入れて、井戸水で1~2日活かして身を引き締めさせて提供なさっているそう。いわゆる“ひつまぶし”である「まぶし丼」は全国各地の養殖うなぎを使用し、新鮮な状態で提供するために当日直前に鰻をさばき調理し、串に刺して、一気に焼き上げ風味を閉じ込めます。“腹開き”で、蒸さないスタイル。包丁は名古屋裂包丁というのがあるそう。一番の特徴は、大ぶりな切り方なのと、うなぎ自体の分厚さ! タレは「名古屋式」と言われる、熟成させて搾った「たまり」と「高級みりん」を合わせ、こだわりの砂糖などを混ぜ丸一日かけて煮詰めて、更に寝かしたものを使用しています。季節に合わせ、配合や調理時間を調整し開店以来継ぎ足していて、とろみと優しい甘味が。うなぎはそのままでも美味ですが、つぎに海苔を乗せて、そして薬味を加えて、和ダシを注いでお茶漬け風にと、味の変化も楽しいです。

うなぎの新甫 (しんぽ)
住所愛知県名古屋市千種区高見2丁目10-12
電話052-761-8715
営業11:00~15:00(14:30L.O) 16:30~21:00(20:30L.O)
定休日日曜祝日
料金まぶし丼(きも吸付き) 4250円、うな重(きも吸い付き) 4300円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

お土産に最適なセントレア「逸品館」で「とろける抹茶クッキー」

いかがでしたでしょうか?名古屋グルメ2泊3日の旅。“名古屋めし”の宝庫ゆえ、さまざまなご当地料理などが堪能できた魅惑の3日間でした。関東からも関西からも近く、近年は中部国際空港(セントレア)もどんどん進化し、さらに便利&気軽になった名古屋を満喫できました。
さて、番外編です!お土産的なものは名古屋には数限りなくありますが、今回は中部国際空港(セントレア)の「逸品館」からお届けです。まさに屋号どおり、東海各地の逸品が勢揃いしているお土産やさん。3階出発ロビーにあります。アイテム数も数千とか?それに空港限定商品もあったり、近隣の常滑地区のワイナリーのワインもあったり。その中から、とっておきの商品。それが「萌シェ」(モシェ)の「とろけるクッキー 抹茶」です。「萌シェ」は名古屋昭和区塩付通にある創業100余年のお菓子屋さん。「とろけるクッキー 抹茶」は新食感の口どけのよいチョコレートクッキーです。 一口食べると、お口の中でチョコレートがふわりと溶けていきます。新しい食感と味わいが楽しめます。ホワイトチョコレートに、愛知県産西尾抹茶をふんだんに練りこんだ、とろけるような食感のクッキーです。

銘品館
住所中部国際空港セントレア 3階出発ロビー
電話0569-38-7126 (受付時間 9:00~18:00)
営業6:30~21:00
定休日無休
料金「萌シェ」の「とろけるクッキー抹茶」 540円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

※2019年6月21日に一部内容を更新いたしました。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.