こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は名古屋編。愛知県の名古屋市へ2泊3日で行ってきました。日本の三大都市圏のひとつである中京圏の中枢の名古屋市は、江戸時代には尾張徳川家のお膝元として繁栄しました。現在も様々な有名企業の本社があるほか、観光地としても名古屋城や徳川園、名古屋市市政資料館のような歴史的建造物も多い地。グルメに至っては“名古屋めし”と称されるほど、ご当地色豊かなグルメが目白押しです。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 愛知・名古屋でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 愛知・名古屋でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

手でちぎるゆえに海老が馴染む「かき揚丼」

昭和48年創業。創業者の水谷警氏は、東京・新橋の天ぷら店「光村」で修業を積んで、名古屋にて独立しました。当初は現在の場所よりも一本入ったところで7坪の小さなお店だったそう。20数年前にこちらへ移転。1階はカウンター席とテーブル席、2階はテーブル席とお座敷といった大型店舗へと進化を遂げました。現在は次男の水谷浩三さんが厨房に立ち、天ぷらを揚げつつ陣頭指揮を取っています。また、長男の之俊さんも日本料理の修業を積んで戻り、他の料理を担当なさっているとか。一番人気は、海老と三つ葉、一本のししとうで構成された「かき揚丼」。銅の鍋を用いて揚げていて、出来立て熱々がいただけるのも嬉しい限り。やさしく胡麻油の香りがふわりとただよいます。いただけば、ぷるぷるとした食感が楽しい海老に驚きます。包丁を使用せずに手でちぎる手法で、味のしみ方が抜群。軽くサクサクっとした食感なのは、薄力粉と全卵、水を合わせた衣を、サラダ油7割と胡麻油3割でブレンドした油を使用して揚げているため。ちょうどよい塩梅のタレもGOOD。お米も“あきたこまち”を使用。自家製お新香も良い箸休めになっています。桑名産のしじみを大量に使った赤出汁も人気です。

天ぷらかき揚げ 光村 (みつむら)
住所愛知県名古屋市北区清水3-19-18
電話052-911-3512
営業11:00~13:30L.O 17:00~21:00
定休日水曜日
料金かき揚丼 1300円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

販売は10~6月のみ。くちどけ重視の「わらび餅」

徳川家康が城下町を整備し、開府してから400余年。歴史ある名古屋には本当に様々な和菓子店があります。その中で昭和39年創業と、他店に比べればまだ歴史は浅いですが、大評判の1軒が、こちら「芳光」(よしみつ)。創業者は島岡孝光氏。京都の「塩芳軒」で約10年修業を積んだのち、名古屋で和菓子店を始めました。現在は娘婿さんの樒雄さんが2代目。樒雄さんも岐阜の和菓子店「虎屋本店」の二男ということで、まさに和菓子業界のサラブレッドです。名物は、有名すぎるほど有名な「わらび餅」(10月~6月までの限定販売)。本店はもちろん、JR名古屋タカシマヤなど名古屋の百貨店でも販売なさっています。「芳光」の生菓子は手作りで、店舗2階の工房で毎朝6時から作り始めるそう。丸くて美しいフォルムの「わらび餅」は北海道十勝産の小豆を使用。「くちどけ」を重視した柔らかくプルンとした仕上がりで、ほんのり甘め。まわりにまぶしたきな粉の香りも良いですね。他には「山つと」も人気です。こちらは通年商品で、いわゆる、栗入り最中。こしあんタイプで、あっさりとした口あたりで、程よい栗の存在感も素敵です。

御菓子所 芳光(よしみつ)
住所愛知県名古屋市東区新出来1-9-1
電話052-931-4432
営業9:00~18:00
定休日日曜日 (正月3が日は休業)
料金わらび餅 295円、山つと 195円 商品は基本的にテイクアウトのみ

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

極上モチブタロースとんかつ&とろみの活きる味噌ソース

名古屋名物には、全国区の知名度を誇るグルメがたくさんあります。「味噌かつ」も、しかり。通常のとんかつに、特製の味噌ダレ(味噌ソース)がかかっていて、各店でそれぞれに“味噌”の特徴もあり、食べ比べるのも面白いです。大曽根駅と矢田駅の中間付近に位置する「矢田かつ」は、昭和40年創業のとんかつ屋さんです。初代の方が高齢で辞めるという話を聞き、子どもの頃から味わっていた、常連の田辺貴之さんが継いだのが約10年前。今も開店前から行列ができる人気ぶり。イチオシの「味噌とんかつ定食」は、極上モチブタロースを使用し、そこに豆味噌ベースのとろみの活きる味噌ソースがかかっています。「味噌は生き物なので難しいです」と田辺さんがおっしゃるとおり、常に先代の味を提供し続ける努力が、ここにあります。衣はパン屋さんに特注の専用パン粉を使用しているそうで、きめ細やかな粉の良さが伝わってきます。それをラードで香ばしく揚げた一品。ランチタイムには「上とんかつランチ」も評判。こちらは、味噌ソースととんかつソースの2種類が付いてくるというお値打ち品。他にも純粋黒豚(国産)の「六白黒豚」を使用したとんかつなども評判です。

矢田かつ(やだかつ)
住所愛知県名古屋市東区矢田2-5-18
電話052-711-7797
営業11:30~14:00 17:30~21:00(20:30L.O) 昼夜とも、なくなり次第終了
定休日月曜日
料金味噌とんかつ定食 並1200円・上1500円、上とんかつランチ 1150円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

※2019年6月21日に一部内容を更新いたしました。

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.