こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編。2泊3日で、宮城県の石巻市と気仙沼市、南三陸町を巡りました。2011年3月11日に発生した東日本大震災から、ちょうど10年。僕も炊き出しや取材&撮影に伺わせて頂いたりと、あれから石巻6回め、気仙沼3回め、南三陸3回めの訪問です。津波で甚大な被害を受けた地ですが、復興が進み、明日に向かって希望が満ち溢れています。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

気仙沼のご当地グルメ「気仙沼ホルモン」を「お福」で

気仙沼のご当地グルメの「気仙沼ホルモン」。3つの特徴があって、まずは、ボイルせずに生の豚の小腸や大腸・ガツ、ハツや白モツなどを用いる。次に、味噌ニンニクだれにて一緒に漬け込む。そして千切りキャベツにウスターソースをかけて、焼いたホルモンと一緒に食べる。
もともと気仙沼市には明治時代から昭和50年代まで食肉加工場があったため、ホルモン焼きが広まったという説も。多い時には市内に約30もの提供店があったとか。

中でも有名な「お福」に伺いました。JR気仙沼線の松岩駅至近にありましたが、震災後に現在の地に移転し、再開。ランチの「ホルモン焼き定食(大盛)」をオーダーしたら、炭の入った四角いロースターと定食が運ばれてきました。そして自分で焼いて行くわけです。生の豚モツをその上に乗せれば、次第に煙とともにジューワッと音を立てながら香りが立ち込めてきます。
いただけば、さまざまな部位があるため、柔らかかったり、コリコリしていたりと、食感の違いも楽しめます。そして味噌とニンニクを合わせたたれが濃厚で、あと引く味わい。ウスターソースをかけたキャベツの千切りなどが良い箸休めにもなります。もう大満足♪他にも季節限定ですが「キムチうどん」もありました!

お福 (おふく)

住所宮城県気仙沼市松崎中瀬291-3
電話0226-24-2862
営業時間11:30~14:00(13:30L.O)、17:30~22:00(21:30L.O)
定休日無休
価格ランチのホルモン定食(大盛) 780円(税込)、キムチうどん 800円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

複合店舗施設「南三陸ハマーレ歌津」で「うたつがね」の天丼

「南三陸ハマーレ歌津」。震災後の復興商店街「伊里前福幸商店街」のあった地に、2017年4月にオープンした、飲食店やお土産店、衣料品店、酒店などが並ぶ複合店舗施設です。
「うたつがね」も、その一軒。ご主人の小野寺敬さんは地元の出身で、2012年から毎年のように続く「歌津夏祭り」の実行委員長も務める方。その流れで、仙台の居酒屋などで腕を揮っていたこともあり、当地で飲食店をなさることになったそう。「津波で流された歌津の郵便ポストが沖縄・西表島に漂着したんです。それがきっかけで夏祭りには沖縄のバンド『BEGIN』も出演してくれました」と小野寺さん。自らも音楽が好きで、店内には国内海外さまざまなアーティストの写真が貼ってあったり、ギターや沖縄三線が飾られていたり。

メニューは天丼やカツ丼、とんかつ定食、マグロ丼など。その中から「うたつがね特製天丼」をいただきました。海老2本に野菜たっぷりの天ぷら!揚げたてをすぐに味わえるので、熱々でサクサクで美味。ほんのり甘めのタレもいいですね~。あと、ごはんがふっくら♪すると「お米も父親が作ってるんです。自家米です」なるほど!店内ではお母さまと毎朝一緒に作る自家製「がんづき」「やきもち(あんこも手作り)」も販売なさっていて、ゆくゆくは移動販売車で回りたいそうです。

食飲笑 うたつがね

住所宮城県本吉郡南三陸町歌津字伊里前96-1 南三陸ハマーレ歌津U-4
電話0226-28-9107
営業時間11:00~14:00
定休日水曜日
価格うたつがね特製天丼 900円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

一流割烹の腕を活かす南三陸町の蕎麦「すがわら」

南三陸町の「すがわら」。もともとはご自宅で店をなさっていましたが、3年前に現在の志津川字本浜町に移転。威風堂々とした一戸建てに、駐車場も。店内からは南三陸町の海岸が見え、眺めも素敵な蕎麦店です。
ご主人の菅原良成さんは、大阪で10年、東京で5年、一流割烹で修業を積んだ実力派。そんな彼が蕎麦の道を選んだのは、もともとお母さまの実家が蕎麦をなさっていたのもあり、震災の時に自宅を改装して店舗にして、それからお客さんを迎え入れたところとても喜ばれ、「地元に貢献できたかな?」と思ったことから。

「野田鴨つけざる」をいただきました。登場してびっくり。蕎麦がボリュームたっぷり約160g!そして、つけ汁には角田市の鴨農家、佐藤さんから直送の鴨がふんだんに入っています。するりとのど越しの良い蕎麦もさることながら、鴨の柔らかくて旨みたっぷりの味わいに、またびっくり。厚削りや薄削りのカツオ節や宗太節、サバ節、コンビ、煮干しなどが溶けこんだ、出汁感の強いツユもGOOD。もちろん冷たい「天ざる」や温かい「天婦羅そば」など各種蕎麦も評判。他にも宮城県産宮城野ポーク(いわゆる上ロース)使用の「すがわらのかつ丼」などもとても気になります!

すがわら

住所宮城県本吉郡南三陸町志津川字本浜町200-9
電話0226-48-5571
営業時間11:00~14:00、17:00~19:30L.O
定休日月曜の夜、火曜日
価格野田鴨つけざる 1,850円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

食感2時間の出来立てマドレーヌを南三陸「Ryo」で

いかがでしたでしょうか?2泊3日宮城(石巻、気仙沼、南三陸)グルメの旅。
通常のグルメ旅とは違い、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた地ゆえに、行く先々でさまざまなドラマがありました。でも、あれから10年で復興は進み、みなさん明日へ向かって希望とともに進んでいます。

さて、今回も番外編です。かつての町の中心地に震災後8.3mほどかさ上げされた高台の造成地、国道45号線と国道398号線が交差する志津川地区に仮設を経て本設として2017年にオープンした「南三陸さんさん商店街」。全28店舗の中から「オーイング菓子工房Ryo」をご紹介です。
オーナーはパティシエの長嶋涼太さん。洋菓子の専門学校を卒業したあと仙台や石巻で腕を揮い、仮設店舗やネット販売ののちにオープン。店内には数十種類のスイーツが並びますが、イチオシは「お山のマドレーヌ」。しかも店舗では焼き立てが購入できるのです!「修業時代に一番失敗して怒られたのがマドレーヌだったので」と照れ笑いしながら思い入れを語って下さったそれは、もちろん保存料不使用で、卵、砂糖、薄力粉、マーガリンの4種類で焼き上げ、まわりがサクサク、中がしっとりの今まで味わった事のないマドレーヌ。その食感は焼き上がり後2時間というレアモノです!

オーイング菓子工房 Ryo (りょう)

住所宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町51番地 南三陸さんさん商店街B-7
電話0226-25-9948
営業時間11:00~18:30(日~17:30)
定休日月曜日
価格お山のマドレーヌ 176円(税込)
Webサイトhttp://www.odette-shop.com/
「南三陸deお買い物」から通販も可能

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.